しょうぼうじどうしゃじぷた

先日の東京消防庁活躍の日に、じぷたくんネタで我が家は非常に盛り上がったので、おすすめしておきたい名作絵本です。特に家人のお気に入り絵本。
b0087556_221769.jpg

しょうぼうじどうしゃじぷた』渡辺茂男作、山本忠敬絵、福音館書店

初出は1963年の『こどものとも』。1966年に単行本絵本が発行され、2004年の時点でなんと107刷というロングセラー絵本。

古いジープを改良したちびっこ消防車のじぷた。じぷたくんはやる気満々ではたらきものなのだが、いかんせん小さいので、あまり出番がない。いつも大活躍のハシゴ車ののっぽくん、高圧車のぱんぷくん、救急車のいちもくさんたちにはバカにされ、子どもたちにも人気がない。ところがある日…


すまない、じぷた。私も子どもの頃に気に入ってたのは、救急車の「いちもくさん」というネーミングだった。ちなみに家人は消防車のぐるぐるまるまってるホースが好きだったらしく、「ホースがたまらないよね、ホースが」などといまだに言っている。

でもね、じぷたくんもなかなかかわいいですよ。前のめりになって走る姿がイイ!
そしてひとつ質問ですが、じぷたくんは車の横に太いホースを搭載してますが、車の前にもぐるぐるまるまってるホースらしき物体が付いてますよね。これはホースでしょうか? 家人は「それはホースではなくワイヤーだ」と言うのですが、どっちでしょう?

それはさておき、先日活動した化学車もスーパーポンパーも、もしかするとじぷたくんのように、「ふだんは出動しないくせに、エラそうでスカしてる」「ださい名前!」などと言われてたかもしれないよねえ、と我が家では話しておりました。

でもね。

だれでもとくいなことと、にがてなことがあるからそれでいいんだよ。ほかのひととじぶんをくらべない、ということを教えてくれる、107刷も納得の絵本。しょうぼう好きの子どもは必読ね!
[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/15139583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rivarisaia | 2011-03-31 02:08 | | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る