Theories of International Politics and Zombies(ゾンビ襲来: 国際政治理論で、その日に備える)

前回、吸血鬼の話でしたが、吸血鬼のライバルといえば最近はもっぱらゾンビですよねえ!

前にオースティンのマッシュアップ本『Pride and Prejudice and Zombies(高慢と偏見とゾンビ)』の話を書きましたが、あの頃からアメリカの出版界にはゾンビブーム到来というほどゾンビ本がいろいろ出てたけど、そろそろ落ち着いたのでしょうか。

『高慢と偏見とゾンビ』は楽しんだものの、その後のゾンビ物は数がありすぎてどれ読んだらいいのかわからない状態で多くをスルーしてきた私ですが、この本はかなりのおすすめ。

b0087556_012369.jpg

Theories of International Politics and Zombies』Daniel W. Drezner著、Princeton University Press

理論を比較する際のベースとしてゾンビを利用して、国際政治理論をわかりやすく簡潔に解説してくれる良書。すなわち、世界でゾンビのアウトブレイクが起きたとして、そのとき各政治イデオロギーはどのような判断を下すであろうか、といった内容をイデオロギーごとにわかりやすく説明してくれる。

たとえば、ゾンビ・アウトブレイクが起きた場合、ネオコンならどういった外交政策を取るだろうか、国際機関の対応はどのようなものになるのか、現実主義理論にのっとれば国家はこう動く、リベラルならこうなる、といった予想がされていて、なかなか興味深い。

ゾンビ・アウトブレイクを阻止すべく、国家間の提携や国際機関の関与が予想されるけど、そのいっぽうで、大企業が利益を守るために隠蔽工作をしたり、はたまた「元・人間」であるゾンビの「人権」を主張するNGOが大々的なキャンペーンを打ってでたりするために、ゾンビ撲滅が難航することも予想される。じゃあ逆に、ゾンビ-人類が共存する道もあるのかも?という検討も行われます。

ゾンビというと荒唐無稽だけど、最大級の国際的な危機やパンデミックとしての位置づけであり、似たような(しかしゾンビよりもマイルドな)シチュエーションは考えられるので、十分ありうるシミュレーションが展開されてます。

笑ったのは、まず理論を展開する際の共有すべき前提条件を決めるにあたり、走ることができる「Fast Zombies」と従来のゆっくりした動きの「Slow Zombies」について、じっくり考察されていること。結論としては動きが速かろうが遅かろうが、いずれはゾンビは国境を超えて世界に広がることには変わりないので、スピードは問題にしなくてよい、ということに。

本書は、国際政治を学ぶ学生向きでもあるので、参考文献リストも充実。本文はかなり短いのでさらっと読めますよ。さまざまな映画や本も登場するので、国際政治に興味なかった人も楽しめます。

吸血鬼ならなってもいいけど、ゾンビは嫌だなー。あの見た目と知性の無さがダメだ。しかし、ゾンビ・アウトブレイクで生き残る自信は皆無です。
[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/15781108
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 朝夕 at 2011-06-18 01:25 x
何だかおもしろそうな本だねえ。ゾンビノベルといえば、Mira GrantのFeedがおもしろそうなのですが、まだ読んでない。吸血鬼に比べるとっロマンがないよね。Twilight シリーズみたいにロマン過多でも困るけど。
Commented by rivarisaia at 2011-06-18 18:32
この本、やたらとKindleで下線を引いてしまいました。この先生に政治習いたい!(それなら少しは成績がよかったかも)

『Feed』おもしろそうですね。読んでみようかなあ。吸血鬼は同じ流血でも美があるけど、ゾンビはグロいしね。しかし、Twilightシリーズはちょっとダメでした。なんだろ、このラブロマンス...と引いちゃった。
by rivarisaia | 2011-06-18 00:15 | | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る