人気ブログランキング |

今年もそろそろ映画祭の時期

毎年この時期になると同じこと書いてますが、今年もそろそろ映画祭の日程に頭を悩ます時期となりました。東京国際映画祭東京フィルメックスのプログラムはすでに発表になってます(フィルメックスの日程は一部だけ)。

日本・中国映画週間もあるんですけど、こっちはどうしようかなあ。だって去年、コチラにも書いたように、衝撃的なほど凄まじい破壊力の字幕問題が…。いや、私、あの後、ちゃんと公開された作品をみにいきまして、字幕って大切なんだな…としみじみと実感いたしましたよ。

今年は字幕どうなんだろう。

東京国際の香港映画はいまひとつなラインナップなんですが、それ以外にもみたい映画はいくつかありまして、問題は日程がとてつもなく重なりあっていることで、六本木と日比谷を15分で移動とか無理だから!という状態です。その他の所用との兼ね合いもあり、去年ほどはみられない可能性大。

『ラジニカーントのロボット』を上映するというのに、会場が六本木のデカいスクリーンじゃないのが不満。公開決まってるみたいだから、いいんですけどね…。お祭りで盛り上がってみたかったよ(と、もうチケット取れない気まんまんなのだった)。

いずれにしても、会場でお目にかかりましょう!(って誰に言ってるんだかよくわからないけど)。
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/16364824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rivarisaia | 2011-09-29 23:21 | 映画や本の雑記 | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや