Popville:飛び出す町絵本

最近買った飛び出す絵本がかなり楽しい。これはプレゼントにもいいよ! 小さい子どもも喜びそう。

b0087556_15501347.jpg

Popville』Anouck Boisrobert、Louis Rigaud著、Roaring Brook

b0087556_15505349.jpg

飛び出す「町」絵本です。最初は1本の道と1軒の家しかないけど、

b0087556_15511027.jpg

ページをめくるたびに、道が増え、家が建ち、工場ができ…とどんどん町になっていきますよ。

1軒の家のまわりが町になるといえばバージニア・リー・バートンの絵本『ちいさいおうち』が有名で、私は大好きですが、あのお話ではだんだん最初のおうちがかわいそうになってくるけど、こちらはシンプルなデザインの建物がどんどんポップアップしていく様がかなり楽しい。

b0087556_15522494.jpg

最後のページは観音開き。電線も通って、電車も走ってる。色の使い方とか、建物の造形がきれいでおもしろいね。
[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/17590436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rivarisaia | 2012-01-11 15:54 | | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る