彼女が消えた浜辺

ソツなく淡々と進行して終了した今年のアカデミー賞でしたが、いくつかオスカー絡みで観たい映画があるんですけど、個人的にいちばん気になってるのはイラン映画の『別離』。監督のアスガー・ファルハディですが、前作も傑作でした。傑作すぎて前は感想書けなかったんだけど。

b0087556_19353440.jpg

彼女が消えた浜辺(Darbareye Elly/About Elly)』監督:アスガー・ファルハディ

家族連れでカスピ海沿岸のリゾート地に遊びにきた友人たち。主人公のセピデーは、子どもの保育園の先生エリをこの旅行に誘っていた。離婚したばかりの友人アーマドに紹介しようと考えたのだ。

ところが翌日、浜辺にいたエリが突然姿を消してしまう…


登場するのはイランの中流階級の人々。はじめのうちは、特に舞台がイランではなくても、たとえば欧米や日本でも成り立つような共通点も感じられるんですが、次第にイランの社会的な背景が重く重くのしかかってくるような展開になり、見終わってみると、イランでなければ成立しえないような張りつめた空気が充満していることに気づくのでした。

おそらく、自分たちは保守的ではなく、文化的にも精神的にも開けた価値観を持っていると考えていたであろう人々は、エリの失踪によって、根本的にはまったくそうではなかったことが露見する。

そもそもエリという女性は誰なのか、どこに消えてしまったのか、謎がひとつ判明するたびに、窮地に陥った人々は、保身に走ったり、嘘を上塗りするはめになり、楽しかったはずのバカンスは一転して身動きのとれない悪夢へと変わるのでした。

ミステリーというほどミステリーではないのに非常にサスペンスフルで、他の国でも通用しそうなのにイランらしいという絶妙なバランスの上に成り立ってる映画。凧揚げをしている時のエリの笑顔がとても心に残ります。『別離』楽しみだな〜。
[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/17910839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fontanka at 2012-03-05 19:00 x
中東の映画で印象に残っているのは「シリアの花嫁」とアニメの「ペルセポリス」です。

「シリアの花嫁」はこれから一体どうなるんだろう・・・と
Commented by rivarisaia at 2012-03-06 18:28
『シリアの花嫁』も印象に残る映画ですよね。『彼女が消えた浜辺』は、また違ったなんともいえない余韻が残る映画でしたよ…。
by rivarisaia | 2012-03-04 19:36 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る