アゲハようちえん:アオムシコバチに寄生された蛹とふつうの蛹

前回、寄生されてない可能性にも期待しつつと書きましたが、その願いもむなしく、やっぱりダメでした。

b0087556_18532937.jpg

黒い点々わかりますか? これだけ刺されてますからね。アゲハには気の毒なことをした。

気を取り直して、本日は、寄生されたサナギと寄生されてないサナギの比較です。見分け方ともいう。

まずは正面から見てみましょう。左が寄生蛹、右がふつうの蛹です。

b0087556_1854194.jpg


サナギのしっぽには横縞のようなものがありますが、そこに注目です。しっぽの部分がでれっと伸びているのわかるでしょうか。横からみるともっとはっきりします。

b0087556_18542688.jpg


寄生サナギはでれーんと伸びてるのに対し、ふつうのサナギはくいっとしっぽにハリがあります。これはナミアゲハの場合です。

ちなみにクロアゲハのサナギはふつうの状態でしっぽが「くいっ!」と曲がってます。
b0087556_1859216.jpg

こちらがクロアゲハのサナギ。クロアゲハ、今年も庭に来ないかな〜。

さて、寄生されたサナギは、日が経つにつれてどんどん締まりがなくなって、横縞の部分が変な色になり、でれーんと伸びてきます。また、ふつうのサナギはさわるとクイックイッ!としっぽを左右に振ったりすることがありますが(とはいえあまり触るのもよくないのですが)、寄生されたサナギは微動だにしません。

以上! 見分け方のまとめでした! 参考にしてくださいね!(ううう)
[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/18646990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ラキ男 at 2012-07-18 09:21 x
アゲハようちえん 残念です
私自身は虫が苦手なのですが、
春巻さんのアゲハようちえんを 実は毎年楽しみにしています
自分では苦手で手が出せないので、春巻さんのブログを見て
ほーなるほどーと楽しませてもらってます

でも以前出て来たチャドク蛾の記事にはおののきました
一番苦手な虫が蛾なので、見上げたらそこには・・・
というくだりはつまらないホラー以上に ひーでした
これからのアゲハようちえんも楽しみに待ってます♪
Commented by rivarisaia at 2012-07-19 21:32
コバチを育てる…つもりはないんですけど、何匹入ってるか数えるのを楽しみにするからいいんだ…(しくしくしく)

虫は苦手な人も多いので、いつも幼虫の写真をどこまでアップにしていいのか、それとももっと可愛らしく写真撮ったほうがいいのか、と悩むところです。かくいう私も、かつては幼虫を素手で触るのは無理だったんですけどね! 慣れとは恐ろしいものですよ。。。

そんな私もチャドクガはいまでもダメです! もう思い出すだけで鳥肌が…。

Commented by サラーム at 2013-06-08 00:00 x
はじめまして。アオムシコバチで検索かけて辿り着きました。とても勉強になりました。金柑の木にコバチにやられた蛹を目撃した一昨年から、私もアゲハようちえんを開園しています。かわいいですよね~。 香港映画等も同じような好みで楽しく拝見させて頂きました。また伺います♪
Commented by rivarisaia at 2013-06-08 14:27
こんにちは! 多少なりともお役に立てたようでなによりです! アゲハのようちゅうかわいいですよね〜。今年こそクロアゲハを育てたいのにぜんぜん見つけられません…。

それにしてもアオムシコバチ、どこからともなくやってくるので不思議でしょうがありません。冬はどうやって越冬してるんだろう…越冬さなぎと一緒に越冬してるのかしら…。

また遊びにきてくださいー。

by rivarisaia | 2012-07-17 19:04 | 生きもの | Trackback | Comments(4)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る