ジャンル別 洋書ベスト500

東京もだいぶ涼しくなってきて、ようやく読書の秋がきたー(いやほんと、あまりに暑いと本の内容がまるで頭に入ってこないというのを思い知った夏…)。

さて、毎年「これ読ま」でお世話になってる渡辺さんが、この夏に洋書ガイドの本を出しました。「英語の本を読みたいけど、どれを読んだらいいのか…」という人にとって、たいへん参考になる本なのでおすすめです。

そして「英語の本は読まないんですけど…」という人にもおすすめできちゃったりもする。それはなぜか。理由は後述。

b0087556_23452888.jpg

ジャンル別 洋書ベスト500』渡辺由佳里著、コスモピア

渡辺さんの好みで選んだ500冊ではなく、いろんな読者を想定してバランスよく選んだ500冊になっている、というところがブックガイドとして幅広い層に役に立つにちがいない。

全体は大きく9つのジャンルにわかれていて、それぞれの本の紹介には、英語の難易度や適正年齢が記されています。詳しくは渡辺さんのブログを参照ください。子どもに読ませたいときとか、英語のレベルが知りたいときにいいですね。

個人的に、うわ、この本すごく便利!とのけぞったのは、各本の紹介のところに、邦訳が出ているものに関しては、その情報が掲載されてる点です。

これが、先に述べた「英語では読まないんですけど…」という人にもおすすめできる理由だ!

「へーこういう本が日本語で出てるんだ、じゃあ読もうかな」という、洋書ガイドなのになぜか和書ガイドみたいな使い方もたぶんできるはず!(笑)

洋書と和書では、表紙のデザインやタイトルがまったく違ってて同じ本だと気づかないこともよくあるんですけど、「え、こういうタイトルで邦訳出てるのね」という本もけっこうあって興味深いです。

合間に入るコラムでは、どんな文学賞があるのかをジャンルごとに紹介しているので、これも便利。わたしの場合、なにか読むものを探すときに、文学賞のサイトにいって最終候補作のリストをしげしげとながめたりします。受賞はならずとも最終候補に残ったものに意外と自分の好みの作品があったりするのよ。

渡辺さんは、本書のコラムのなかで「本を選ぶコツは『勘』」と書いていて、そうだよ、ほんとに自分の好きな本を選ぶというのは勘だよね…としみじみし、ハテ、そんなわたしはふだんどうやって読む本を選んでいるのか、と振り返ってみたりする機会にもなりました(それについてくわしくはまた今度)。

ところで、本書は500冊のブックガイドということになってるけど、「もっと読みたい人にはこんなのもおすすめ」とさりげなく、しかしどんどん追加で勧めてくるので、実質500冊以上紹介されてると言ってもいい。日頃あまり読まないラブロマンス系の本でも、おもしろそうなのが何冊かあったりして、今度読んでみようかな。
[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/21147203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rivarisaia | 2013-09-26 23:50 | | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る