Krippen im Bayerischen Nationalmuseum:バイエルン国立博物館プレゼピオ・コレクション・カタログ

気づけばもう12月! 早っ!! そしていろいろなことが片付いてなくて(もたもたしているわたしのせいである)、大掃除を小分けにしてクリスマス前に終わらせる件もいまだ手つかずである(これももたもたしているわたしのせいである)。とりあえず年賀状だけ買ってみたけど、その前にクリスマスカードを書かねばならないことをたったいまおもいだすというていたらく。

昨日からアドベントだっていうのに、まだクリスマスの飾りも出してないからねー。

b0087556_23205454.jpg

Krippen im Bayerischen Nationalmuseum

さて、こちらはミュンヘンにあるバイエルン国立博物館のプレゼピオ・コレクションのカタログです。子どもの頃にお土産でもらったのですが、クリスマスが近づくとぺらぺらめくってながめたりしてたので、ページがはがれかかってたりします。

b0087556_23295669.jpg

プレゼピオとは「キリスト降誕の情景をお人形で再現したもの」ですが、プレゼピオという言葉はイタリア語で、ドイツ語ではどうやら「Krippen(直訳:飼い葉桶)」というらしい。

Max Schmederer氏(1854-1917)が、1880年から蒐集したプレゼピオ=クリッペン(ババリア、チロル、ナポリほか)を1892年に博物館に寄付したのがこのコレクションだそうです。

第2次世界大戦の際に、博物館が爆撃をうけてアレンジが壊れてしまったものの、フィギュア本体は破壊をまぬがれ、再びもとのように並びかえられた


とこのカタログには書いてあります。ということは常設で展示してあるのかしら。見応えがありそうなコレクションなのでぜひみてみたいわー。

博物館のコレクションのサイトにちょこっとだけ写真があるのでどうぞ。

そろそろうちもクリッペンを出すか……。
[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/21576638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fontanka at 2013-12-04 22:43 x
きゃぁ~!!!
この博物館行ったんだけど、時間切れで売店が(閉館時間には間があるのに)しまってたんです~

あ~もうすばらしかった
もう一度行きたい。でも、お客さんがすくなくて、雨だわ電気は消えている(人が入るとつく)
お客さんどうしで鉢合わせして、悲鳴が きゃー
お互い、ごめんなさいしてましたが

いやものすごくインパクトありましたよ、
Commented by rivarisaia at 2013-12-05 00:12
いいなーー! 
わたしも行きたい。人が少ないということはじっくり観られますね。プレゼピオだけじゃなくて、ほかのコレクションも美しいものばかりで興味津々ですよ。売店ではなにを売っているのかしら〜。
by rivarisaia | 2013-12-02 23:32 | | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る