人気ブログランキング |

自転車シリーズ(チェコスロヴァキア、1979年)

お久しぶりでございます。ゴールデンウィーク、旅行にでも行ってたんですか?と聞かれましたが、特にどこにも行ってません。近所の散歩くらい。何かを取り返すように溜まったDVD観たり、細々したことをやってたら、あっというまに時間が経って、今晩からジロ・デ・イタリアですよ、奥さん。ひーえー!

今年は史上初、北アイルランドのベルファストからスタートです。3日目がダブリンがゴールらしいので楽しみ。4日目からはイタリアに入って、南から北上し、トリエステがゴールです。

さて、ジロだから、ということで自転車の切手。

b0087556_21103574.jpg

チェコスロヴァキア、1979年の自転車の歴史シリーズです。

チェコスロヴァキアの切手、紙の質感がいいんですよね、これもザラ紙みたいな紙なの。1820年の自転車とやらには(写真右上のやつです)ペダルがないのだが、これで坂道を上るのは相当厳しいと思われる。下りもけっこう怖そうだけど。そもそもペダルないと歩いたほうが楽な気がするけどなー。
by rivarisaia | 2014-05-09 21:19 | 切手・郵趣 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/22583362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fontanka at 2014-05-09 23:14 x
5月とともに、自転車の季節開始。当家のhdレコーダーはもう満杯必至。
私はっていうと、WWEの愛するシールドを週5時間(とばしてみているけど)チェックするのでした。
日々、立派になったものだ(涙)&暫く続いてね。

自転車選手ですが、「知らない選手(若い)」が増えて、うーーん。
とか
紳士協定とか古いのかもとか、うーんの嵐です。
Commented by rivarisaia at 2014-05-11 14:39
私も知らない選手だらけですよ! グランツール以外のレースをちゃんと観てなかったせいで、今年のSkyとか、誰が誰やら。ジロが終わるころには把握できるでしょうか。。。

アイルランド、天候がころころ変わり過ぎだけど、ジロじゃないみたいでちょっと面白い。

ツアー・オブ・カリフォルニアも楽しそうですよねー。
Commented by fontanka at 2014-05-22 22:04 x
ロードレースをみる視点が、プロトン殺人事件パート2になっている私がいます。
Commented by rivarisaia at 2014-05-23 22:29
プロトン殺人事件パート2(笑) コロンビア勢はラテン系に含まれるのでしょうか。
Commented by fontanka at 2014-05-25 01:10 x
えーと、コロンビア勢は、まだ、ヨーロッパのレースに参加して歴史が浅いので、「紳士協定」文化になれていないので、非ラテン系とします。
まだ、「コロンビアチーム」で固まっていることが多いので、プロトンとしては「若い」といえましょう。

数年後の「プロトン殺人事件」では、コロンビア勢もラテン軍団に加わることと思います。

話はちがいますが、キンタナの不振(?)は、もしかして、この一年でハングリーでなくなってしまったからでしょうか?
などと思っちゃいました。
Commented by rivarisaia at 2014-05-27 02:55
コロンビア勢が成熟してラテン軍団に加わったとき、新たな時代が幕を開けるのではないかという気もいたします(戦々恐々)。

今年、バッソさんの調子も悪いし、でも若手イタリア人が活躍していたりして、世代交代の時なのかなーなどと思いながら見てますが、キンタナは調子がいいのか悪いのか私、よくわからない…。でもウランも調子いいのか悪いのかわからないと思ってたらマリアローザだしなー。
Commented by fontanka at 2014-05-30 21:13 x
あんな事を↑書いたあとで、まさかの展開!

プロトン殺人事件2で、雪山を使う予定だったんで、驚愕しています。
Commented by rivarisaia at 2014-06-02 23:44
私も心底びっくりしましたよ! 調子悪いんじゃなかったのか!みたいな。下りでズルしたような形になっちゃってたけど、その後の山岳TTでありえない速さだったので、よかったなーと思いました。

雪山は事件が起こりますよね。起こらないはずないですね、雪山...
<< ダウントン・アビー シーズン3 ゴジラ(1954年版) >>