The Story of Ireland

最近、どうも元気が出ない私です。水分足りてなくてエネルギー枯渇してるのかしらー。それとも塩分不足かしらー。熱中症には気をつけよう。

さて。

気を取り直して、本日は子ども向けの本の紹介です。子ども向け…といっても大人が読んでもなかなかいける。以前にアイルランド土産で知人からもらった歴史本です(この本、けっこう気に入ってる)。

b0087556_22424917.png

The Story of Ireland』Brendan O’Brien著、The Cartoon Saloon絵、
The O’Brien Press

タイトルはズバリ「アイルランドの物語」。石器時代から始まって、ケルトの話、初期のキリスト教、バイキングやノルマン人、イングランドの統治から近代へ……とアイルランドの歴史をたどる本です。最初のページは9000年前。そして最後のページは2000年代。

私はアイルランドの歴史については断片的なことしかわからなくて、本当に何も知らないに等しい状態なのですが、この本は96ページとけっこう薄いのに、大きな歴史の流れがわかりやすく説明されていてとても役に立ちます。

b0087556_22534865.png

それぞれの時代の重要なポイントや小ネタも満載で大変充実しているうえに、カラフルなイラストや図版がいっぱい載っているので、ページをめくるのがすごく楽しい。イラストと図版は重要〜。

で、このイラストは「The Cartoon Saloon」というところが担当しているのですが、どこかで見たような懐かしいテイストでかわいい……と思って調べてみたら、『ブレンダンとケルズの秘密』を制作したところでした! おお!

b0087556_22533835.png

ちなみに、見返しのイラストもかわいいでしょー。無駄に大きな画像にしてみました。

The Cartoon Saloon のサイトはコチラです。
[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/23006948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fontanka at 2014-07-23 19:21 x
おや可愛いです!
以前、ミュンヘンに行った時に、絵本「ルートヴィヒⅡ」を買いました。
歴史系(?)の絵本ってなかなか手に入らないですから。貴重ですよね。
Commented by rivarisaia at 2014-07-27 21:48
絵本「ルートヴィヒⅡ」は面白そうです!

歴史系の絵本って現地に行かないとよりどりみどりの選択肢の中から選べないですしねー。そして図版が多くて、文章がわかりやすいので(または読めなくても察することが可能)、よいですよねー。
by rivarisaia | 2014-07-22 22:59 | | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る