ローン・レンジャー

インド映画の尺は長いと言われますけど、インド映画だけが長いわけじゃないのにね。最近だとハリウッド映画も長いし、中には無駄に長い印象の作品もあり(小声)、そういうのこそじっくり編集を……とお願いしたいところです。たとえばゴア監督に対して。

b0087556_213852.png

ローン・レンジャー(The Lone Ranger)』監督:ゴア・ヴァービンスキー

米国公開時テキサスの友人が「主人公たちが何処にいるのか、話が一体全体どこで展開しているのかわからなくなって混乱した…」とぼやいており、それをツイッターでつぶやいたところ、ユタ州の方から同じような話を聞き、どういうことなの?と首かしげながら観た私でしたが、

主人公たちが何処にいるのか、話が一体全体どこで展開しているのか、途中からサッパリわからなくなりました!!!


日本でたとえるなら、背景の山がどうみても富士山なのに、物語は京都で展開してる、ココはドコー!?みたいな感じでしょうか。いや……どう見てもユタの光景なんだけど、皆さんテキサスから動いてないよね? それとも遠くに移動した? みんなどこにいるのであろうか。

結局よくわからないけど、ローン・レンジャーなんだから、テキサスの話です。テキサスからは出てないです、たぶん。

ラストの30分はとっても楽しいのですが、そこにいたるまでがちょっと長い。そしてダラダラしすぎてる。アメリカで不評だったのは、先住民の虐殺シーンなど、娯楽作品にしては重すぎる場面のせいだという人もいましたが、それ以前に、単純に「長すぎる」んだと思う。私も真ん中あたりで一度飽きちゃったもんね(家で観たのでお茶休憩を取りましたが、劇場だったら苦痛だったと思う)。

ゴア・ヴァービンスキーは『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズも無駄に長いうえに今ひとつなんだけど(ファンの人ごめんね)、この手の映画で150分はちょっとなー。90~100分くらいにまとまってるのが理想です。特に今回、トントの過去も要らないよなあ、そういうのは続編でやれ、と思いました。『ランゴ』は107分だったんだから、ゴア監督、やれば短くできるじゃない!

くりかえすけど、最後の列車場面は気分がパアーッと高揚してほんと楽しいし、アーミー・ハマーも悪くないので、心底もったなーい。もしも続編つくれるようになったら、次こそ短めでお願いします。
[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/23039809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rivarisaia | 2014-07-27 21:43 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る