人気ブログランキング |

今年の飴ベスト3

年末だし、今年をいろいろ振り返ってみよう。映画と本は振り返るもなにも、これから観たり読んだりするものがいくつもあるので、きょう振り返ってみるテーマは飴です。飴。

今年はなかなか美味しい飴に遭遇した1年でした。たかが飴ですが、高い飴はやっぱり高いだけの何かがある。ということでベスト3です。

●第3位
Le Sucre d'Orge des Religieuses de Moret
モレ修道院の大麦飴

b0087556_141256.png

Twitterでも「缶が可愛い!」と評判だった飴です。そう、私は缶がほしくて買いました。缶の大きさは直径4.4センチと小さくて、中には飴が10粒くらい入ってます。

この缶のクオリティはすばらしくて、缶をひっくり返すと、
b0087556_1451288.png

裏側にもこんな絵が。しかも中央部が少しへこんでいる形をしています(持ちやすい)。

Sucre d'Orge(シュクル・ドルジュ)はフランス最古の飴だそうです。少し柔らかい食感の麦芽糖飴で、味は金沢の俵屋のじろ飴に似ています。

●第2位
Pietro Romanengo fu Stefano, mint fondant
ピエトロ・ロマネンゴのミントフォンダン


b0087556_14185624.png

お察しの通り、これまた包み紙が可愛いから買いました……イタリアフェアで。

ピエトロ・ロマネンゴは、ジェノバにある1780年創業の砂糖菓子専門店です。とても綺麗な色のシュガーボンボンを売っていて、本当はそのボンボンを買うつもりだったんですけども、ミントフォンダンの包み紙が欲しくなり、ボンボンは諦めたのだった(試食はした。美味しかった……)。

中味の写真を撮り忘れたのですが、菱形をした真っ白の角砂糖、のような見た目です。そして口に入れるとぐにゃりとして、すこーし粘り気があって、溶けていくという変わった食感。かなりガツンとくるミント味です。

ピエトロ・ロマネンゴのサイトはコチラ

●第1位
Pastiglie Leone, Regal Torino candies
パスティリエ・レオーネのリーガル・トリノ・キャンディ


レオーネは以前、固いラムネみたいな飴を紹介しましたが、1857年創業の老舗砂糖菓子店。本店はイタリアのトリノです。前に紹介したラムネも大好きなんですけど、この飴も一見ふつうのフルーツキャンディのようでいて、全然違う。

b0087556_14251883.png

包み紙も綺麗ですねー。中はハードキャンディで、味は桃、梨、あんず、リンゴ…など。包み紙にイタリア語でフルーツ名が書いてあります。フルーツ以外ではリコリス味もあり。

少しざらっとした口当たりなんですけど、そんなに甘くなくて、すんごく美味しいです。隠し味にアーモンドの粉を使ってるらしいんですよ。そこがポイントなのだろうか。

ディーン・アンド・デルーカでも売ってるのでぜひどうぞ!
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/23915452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by blancas at 2014-12-30 21:01 x
ディーン・アンド・デルーカから通販でリーガル・トリノ・キャンディを購入、今晩届き早速一粒。甘さ控えめ、フルーツの香りあり、確かに美味しい!こう言った老舗の製品を口にすると、長く続く訳が良く判ります。ご紹介ありがとうございました。
Commented by rivarisaia at 2014-12-31 01:09
そう、甘さが控えめなんですよね。べったりした甘さではなくて、さらっとしていてしつこくないと言いますか。本当に、長く続く理由がわかりますね。
by rivarisaia | 2014-12-23 14:37 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや