2014年これを読まずして年は越せないで賞 受賞作!

クリスマス以降ご無沙汰してましたが、今年も「これを読まずして年は越せないで賞」の決定ツイッター会議を行いました! またもや5時間半。みなさんおつかれさまでした。

どんな感じだったのか、詳細につきましては以下をどうぞ〜。冬休みにでもゆっくりご覧下さい。

渡辺さんのブログ記事:洋書ファンクラブ
Togetter まとめ 

ざっくりと、受賞作と最終候補作の紹介。

b0087556_12244966.png

1) 児童書:『Little Humans』Brandon Stanton
ニューヨークに暮らす様々な子どもたちのポートレート著者のサイトとあわせてどうぞ!

・そのほかの候補作
『Ophelia and the Marvelous Boy』Karen Foxlee
雪の女王をモチーフにした、博物館が舞台のちょっぴり怖いファンタジー

2)YA:『The Truth About Alice』Jennifer Mathieu
いじめがテーマなんだけれども、構成がとてもうまくて、中高生にぜひ読んでほしい本

・そのほかの候補作
『We Were Liars』E. Lockhart
プライベートアイランドでひと夏を過ごす裕福な一族。ある夏に起きた事件にまつわる物語

3)ノンフィクション:『The Sixth Extinction』Elizabeth Kolbert
今まさに起きようとしている、地球の歴史における6番目の大量絶滅。果たしてそれを回避することは可能なのか

・そのほかの候補作
『On Immunity』Eula Biss
免疫や予防接種について、医療関係者ではなくひとりの母親の視点で考える本

『What If』Randall Munroe
突拍子もないバカな質問に元NASAの研究者が真面目に(!?)というか、予想外の方向にぶっ飛びながら答えます! 日本語版も出るみたい

4)フィクション(文芸小説・短篇集):
『We Are All Completely Beside Ourselves』Karen Joy Fowler

とある家族の再生の物語。あらすじはこれ以上知らずに読むのが吉です!

・そのほかの候補作
『All the Light We Cannot See』Anthony Doerr
短編の名手ドーアの初の長編。第二次世界大戦中のフランスを舞台にした、目の見えない少女とドイツ人の少年の物語

『Word Exchange』Alena Graedon
人々がデバイスに頼り切って、頭を使わずに生活している近未来。ところがある日そのデバイスを経由して疫病が流行し…

5)フィクション(SF、ミステリ、ラブロマンスを含む大衆小説):
『The Storied Life of A. J. Fikry』Gabrielle Zavin

小さな島に一軒だけある本屋さん。その本屋の店主と彼を取り巻く人々の物語

・そのほかの候補作
『Ancillary Justice』Ann Leckie
銀河を支配する帝国Radch。その強大な軍事力を支えるのは大型の軍艦とその付属品である改造人間だった…

『Big Little Lies』Liane Moriarty
幼稚園のお母さんたちの対立を描きつつ、DVやシングルマザーといった社会問題を盛り込んでいて、なおかつページターナーなサスペンス

『The Martian』Andy Weir
火星にひとり取り残されてしまった主人公のサバイバルストーリー。『火星の人』というタイトルでハヤカワから邦訳も出てます。来年映画化します!

そして今年の大賞は……

大賞:『The Sixth Extinction』

次席が『Little Humans』(『Humans of New York』や著者サイト、ビデオなど全部ひっくるめて)です。

この冬休みの読書の参考にしてくださいねー。
今年は本当にブログに感想を書いてないので、来年は短くてもいいからさっくり記録するように努力します。

では、みなさま、良いお年を!
[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/23948935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rivarisaia | 2014-12-31 13:25 | | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る