家族の映画

TIFFの感想を書き終える前にフィルメックスが始まっちゃった……。東京国際映画祭で最後に観たのがこちら。
b0087556_15585503.png
家族の映画(Family Film/Rodinný film)』監督:オルモ・オメルズ

ちょっとヘンテコなチェコの映画です。

クリスマスのちょっと前。父親と母親が、犬を連れて一足お先に南の島に旅行に出発。冬休みになってから両親と合流する予定の子どもたち(姉と弟)は、しばらくは自分たちだけで生活することになります。

親がいないのをいいことに、友人を家に連れてきて自由に過ごす姉と弟なのですが、やがて弟が学校をサボっていることが発覚。大問題となり、叔父(父の弟)が保護者の代わりをつとめることになりました。

いっぽう、ヨットに乗って南の島をエンジョイしていた両親と犬ですが、突然の嵐に巻き込まれ、なんと行方不明になってしまうのでした。

果たして、家族は再会できるのか。そして、犬。犬はどうなったのか??

もうね、この家族、特に両親、はどうしようもなくて、観ている途中でこの人たちがどうなろうが知ったこっちゃない、と思った私ですが、犬、犬だけは!!

嵐に巻き込まれたあたりから、家族の話と並行して、犬のアドベンチャー物語がはじまるんですけども、私にしてみれば後半の主役は犬。あんな人たちだけれども、この犬にはあの家族が必要なのであれば、お願い、この犬と家族をふたたび会わせてあげてーーー。

ということで、この映画のタイトル『家族の映画』の「家族」には「犬」も入ります。

余談ですが、上映後の監督のQ&Aによると、演じた犬は3匹いたそうです。そのうち2匹がメインで、1匹が控え(犬の場合は長時間、集中力が続かないので撮影も大変だったらしい)。いくら似ている犬でも、毛の模様というか配色が微妙に異なっていたので、犬専用のメイクアップアーティストも参加したそうですよ。へええ。



[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/25121802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2015-12-16 15:09
タイトル : 「家族の映画」第28回東京国際映画祭
コンペティション作品。最優秀芸術貢献賞を受賞。これについては特に感慨も無い。失礼を承知だが、何らかの賞は受賞すると思っていた。自分のSNSで「家族の映画」や「スリー・オブ・アス」が賞を獲るだろう、と、(ホントマジで)受賞作発表前に書いていたからね。だから何だ、というご指摘はその通りで甘受致しますが。しかし私にとってはこの作品、さほど良かったとは思えない。違和感を感じたし、軽く不快感、或いは失望を覚えたと言ってもいい。違和感の正体は…私ならというか私達夫婦なら、高校生の息子を置いて長期旅行には行かないな...... more
Commented by kogarinta at 2015-12-16 15:08
こんにちは。
先ほど、「地雷と少年兵」にコメントした時に、「初めまして」とついうっかり枕詞的に書いてしまい、送信してから気づきました。初めましてではないですね。何度かTBをさせていただいたことがあります。
(ただ、コメントは初めましてかもしれません)
私もこの作品については、両親なんか知ったこっちゃないー!!と思いました~。
自由の意味を履き違えている登場人物多し、だと思いました。
Commented by rivarisaia at 2015-12-21 17:12
>kogarintaさん、
今回、TIFFで気になってたけど観られなかった作品を、kogarintaさんが観ていらっしゃるので、なるほど、と思いながら、感想熟読してました。いつも読み応えあって、更新、楽しみにしてます。今度そちらにもお邪魔してコメント残しますねー。

でもって、この作品ですけども、私、もはや犬さえ幸せならそれでいいよー!という投げやりな気持ちでいっぱいだったんですけども、人間ドラマのほうはとっちらかってましたよね。。。
by rivarisaia | 2015-11-25 16:31 | 映画/洋画 | Trackback(1) | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る