The Marvels

『The Invention of Hugo Cabret(邦訳:ユゴーの不思議な発明)』や『Wonderstruck』のブライアン・セルズニックの新刊。

b0087556_20111588.png
The Marvels』Brian Selznick著、Scholastic Press

1766年、難破船でひとり生き残った少年ビリー・マーヴェル。前半400ページほどは、ロンドンの劇場で活躍することになる、ビリーと五世代にわたる彼の子孫の物語が、絵だけで展開します。

そして時は1990年に移り、学校を飛び出してロンドンに住む叔父のもとへやってきた少年ジョセフの物語が、今度は文章で綴られます。

さて、ビリーの一族の物語と、ジョセフの物語はどのようにつながっていくのか、徐々に謎が明らかになっていきます。

イラストだけの最初の400ページが本当にすばらしくて、正直に言うと、テキストパートに突入したとたんに、気持ちが置いてけぼりにされたのも事実です。テキストパートに不満を抱く人々の気持ちもわかる。私も90年代の主人公ジョセフにイライラしたし、途中で明かされた事実には「えー! そりゃないよ!」と文句も言いたくなりました。

だが、しかし。

最後、再びイラストのみで展開する現代のパートがあるのですが、そこを読んだ(見た)ときに、なんだかじんわりしてしまったんですよね。そこには、叶えることのできなかった夢があったから。

児童書として考えてみると、ブライアン・セルズニックはさりげなく難しいテーマをもってきたなーと感じました。最後まで読んだら、もう一回最初のページから読み返してみるといいかも。最初かったるく感じたテキストパートも2度目に読んだ時は印象が変わった。

著者のあとがきにもありますが、ロンドンの叔父さんの家は、実在の「Dennis Severs House」がモデルです。ここ、行きたい!

著者本人が作成した本のトレイラーもいい感じなので貼っておきますね。





[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/25301937
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-01-30 10:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rivarisaia at 2016-02-04 23:41
お久しぶりです! セルズニックさんの本は広辞苑並の分厚さがあって、毎度インパクト大なのですが、今回は小口部分が金色にピカピカ光っており、ゴージャスな雰囲気でした。ギフトによさそうです。

「アヌビスの門」知らなかったです。絶版なのですね、さっそく図書館で探して読んでみますね。ありがとうございます!
by rivarisaia | 2016-01-26 20:14 | | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る