ベトナムのHATVALAさんのお茶

ゴールデンウィークが終わって、ジロが始まり、夏に向かって着々と進んでますが、みなさん、お元気ですか。今日はベトナムのお茶の紹介。

ホーチミンに出張に行った家人が、HATVALAというお茶屋さん(コーヒーも扱っているらしい)でお茶を買ってきました。ここは質のよいお茶を直接お茶農家から買い付けているというお店。お茶のパッケージも可愛い。

b0087556_01222900.png
左は紅茶、右は白茶。箱の側面に淹れ方(葉やお湯の量、抽出時間など)が丁寧に書いてあって、箱の後ろ側にはお茶の詳しい説明が載っています。

b0087556_01320589.png

白茶の葉はこのように、銀針という感じ。さわるとふわふわと柔らかいです。
b0087556_01333072.png
写真だと水色が薄くてお湯みたいだけど、香りが良くて美味しい。甘い後味です。写真撮ってないけど、紅茶もしっかりした味でとても美味しかった!




[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/26848037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 古島 at 2017-05-31 22:23 x
白茶というのは初めて聞きました。味見したいものです。
ベトナムは、妙に遠く感じます。タイは身近に感じるのに。両国とも、訪れた経験がないのですが。
Commented by rivarisaia at 2017-06-02 00:19
白茶は福建省が有名ですが、ベトナムでも白茶があるとは思わなかったのでお土産にもらってびっくりしました。おみせのおすすめだったそうです。私もベトナムは行ったことがないので一度訪れてみたいです。タイはずいぶん昔に行ったきりで、こちらもまた行きたい。
Commented by 古島 at 2017-06-21 22:31 x
今日は図書館に寄りましたので、白茶について調べてみました(と、いっても百科事典を開いただけですが)。なんと。揉まないのですね。発酵もさせない・・・・・・最古の製法が残ったのでしょうか。
そういえば、瀬戸口みづきという漫画家さんが、お茶に対する静岡県民の愛着をコミカルに描いていました。どこかでみかけたら読んでみてください。
Commented by rivarisaia at 2017-06-23 19:23
葉っぱがふわふわしていて、産毛が残っているのは揉まないからですね、きっと。若々しい感じの味がします。

瀬戸口みづきさんのマンガ、メモしておきますね!
by rivarisaia | 2017-05-11 01:42 | 中国茶&お茶 | Trackback | Comments(4)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る