人気ブログランキング |

The Silent Companions

b0087556_22165934.png
The Silent Companions: A ghost story』Laura Purcell著、Raven Books

ゴシックホラーっぽいサスペンスか心理スリラーかなと思いきや、スーパーナチュラル要素がかなり強めのステュアート朝&ヴィクトリア朝ホラー。

なんだかんだ言って人間の仕業でしょ?と思っていたら、本当に超常現象だったの?!という出来事がやたら起きるし、しかもけっこう血まみれだし、evil で大変救いがないんですけど、この話、嫌いじゃないです。

よくみたら、タイトルにも「ゴーストストーリー」と書いてあるじゃないかー。サスペンスじゃなかった。

では、あらすじ。

St. Joseph’s Hospital。火事で記憶と声を失ったひとりの女性が入院している。焼けおちた屋敷からは、不審な死体も発見されており、入院中の女性には、放火と殺人の疑いがかかっていた。彼女の記憶を探ろうと試みるシェパート医師は、紙とペンを渡し、思い出したことを書き留めるようすすめるのだった。

1865年。結婚したばかりで夫に先立たれたエルシーは、身重の体を抱えて、実弟のジョリオンと夫の従姉妹サラとともに亡き夫が遺した田舎の屋敷 the Bridges へと向かう。

かつて魔女が住んでいたと村人から恐れられ、忌まわしい出来事があったとされる屋敷には鍵のかかった部屋があり、エルシーとサラは二百年前の当主の奥方が記した日記と「Silent Companion」と呼ばれる、オランダ製の古い人型の板絵を何枚か発見する。

1635年、屋敷には当主ジョサイアと妻のアン、息子たち、そして口のきけない末娘のヘッタがくらしていた。エルシーらが見つけた日記は、アンが記したものだった。

先祖の日記に夢中になっていくサラ。やがて次々と不気味なことが屋敷で起こるようになり……

精神病院(1866年現在)、1865-66年(ヴィクトリア朝)、1635年(ステュアート朝)の3つの時間軸が交互に語られる構成です。

“silent companion” という等身大の人型の板絵については、本書で初めて存在を知りました。こちらに実物の写真がいくつかありますが、"dummy board"とも言われていて、オランダでこうした等身大の人物の板絵が流行したらしい。暗い屋敷で、誰もいないはずの部屋にこういうものが置いてあると、本物の人かと思ってぎょっとすると思うんですけど。

本書では、片付けても燃やしても、いたるところに出現する上に、増えてるし!みたいな調子で板絵が霊的に大活躍。そもそも屋敷にやってきた経緯も不可思議だし、謎だらけの板絵は、結局いったい何だったのかよくわからない。邪悪の元凶も板絵だったのか、それとも魔術によって作り出されてしまった「あの存在」が板絵に乗り移ったのかも、よくよく考えると辻褄があっていないようで、なお不気味。

エルシーの生い立ちについても、ほのめかすように書いてあって気になる部分があってですね、Goodreadsの読者Q&Aを読んでいたら、同じことが気になっていた人がいて、しかも著者が「編集者の意向ではっきり書いてないんですけど、お察しの通りです」と返答していて、「やっぱり!!」となりました。話には大きく関係しないかもしれないけど、設定上のネタバレになるので、詳細は書きませんが、ペーパーバックの259ページや312ページあたりのことです。

1635年の日記があんまり1635年に書かれた感じしない、ヴィクトリア朝だけど現代的な感じ、何よりも超常現象を盛りすぎでは?おまけに人を殺しすぎでは?などと、気になるところもたくさんあるんですけど、そのあたりもひっくるめて楽しく読みました。



by rivarisaia | 2018-05-31 22:28 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/28342648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< The Risen Lullaby(邦訳:ヌヌ 完... >>