人気ブログランキング |

Far from the Tree

感想書いたつもりになって、すっかり忘れてた! 養子や里子として違う家庭で育てられた3人の子どもが再会する話。とてもよい本です。おすすめのYA。

b0087556_18202643.png
Far from the Tree』Robin Benway著、HarperTeen

2017年全米図書賞児童文学部門の受賞作です。

16歳で彼氏の子どもを妊娠・出産し、やむをえず子どもを養子に出すことになったグレイス。じつはグレイス自身も養子で、養父母から愛されてはいるけれど、赤ちゃんの父親である彼氏からは捨てられ、産んだ赤ちゃんもすぐに手放すことになってしまったことで、心に大きな穴があいてしまっている。

自分を産んだ母親もつらい思いで子供を手放したのではないか、と考えるようになり、産みの親に会いたいと思うグレイスだったが、養父母も本人に会ったことはなく、写真もなく、わかるのは名前と、そして他にも養子に出された子どもがいたということ。そこでグレイスは、実の妹のマヤ、兄のホアキンに連絡を取ることに……

というのが、はじまり。

グレイスの妹のマヤは裕福な家庭に引き取られていたけれど、養父母に実の子どもが生まれたことで疎外感を感じている上に、育ての両親が離婚することになってしまった。

ホアキンはヒスパニックの血が入っていることもあって、養子として家庭に引き取られることはなく、里子としていろいろな場所を転々としてきた。過去につらい経験があり、自分を養子にしたいと言ってくれる新しい里親をあと一歩のところで信頼することができない。

初めてコンタクトを取ったとき、いきなり実の兄妹っていわれても……と戸惑いを隠せなかった3人の子供たちが、だんだん打ち解けて、最後には本当の母親を探して会いに行こうとします。

実際会えるのか、はたしてお母さんはどんな人だったのか、どんな事情があって子供を養子に?というところもかなりハラハラするので、そのあたりは読んでのお楽しみなのですが、それ以上に、3人がそれぞれ心に抱えている深い悩みや傷がダイレクトに伝わってくるし、またそれらを乗り越えていく過程がとてもうまく描かれていて、最初から最後までページターナーな1冊でした。

十代の妊娠・出産、アルコール中毒、いじめや偏見、人種差別などの問題も扱いつつ、問題をなんとか乗り越えてちょっとずつ前に進みながら、”ほんとう”の家族とは何か、ということを考えつつ、希望も感じられる話です。

アメリカの養子や里子制度について知っておくとよいかもしれないので、以下も参照にどうぞ。


余談ですが、この本をタイトルでググると、同じ題でまったく別の本がヒットします。アンドリュー・ソロモンの『Far from the Tree: Parents, Children and the Search for Identity』は、社会からは"特殊"とされる子供を育てている親たちに焦点をあてたノンフィクションです(ドキュメンタリー映画も制作されてます)。こちらの本も内容はよさそう。

by rivarisaia | 2018-10-16 18:27 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/28736004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< トレイシー(翠絲) Children of Blo... >>