人気ブログランキング |

プロジェクト・グーテンベルク(無雙)

今年の東京国際映画祭はこれで最後。


b0087556_23482637.png
プロジェクト・グーテンベルク(無雙)』監督:フェリックス・チョン/莊文強

タイで刑務所に入っていた偽造画家のレイ(アーロン・クォック/郭富城)が香港に護送されてくる。彼はかつて「画家」と名乗る男とともに米ドルの偽札を作る組織で働いており、「画家」に命を狙われていると怯えていた……

ということで、「画家」とは誰なのか、レイは一体何をしたのか、偽札の組織とは何なのか、というのを過去にさかのぼって見ていきましょう、というような流れですが、これ以上は言わないでおきます(公開されるかもしれないし!)。

とはいえ、途中でおよその展開は読めてしまったんですが、ですが! それでも最後、ひえええお前それはひどいよ……ってなりましたよね。考えれば考えるほど、あの人、ひどくない? あんまりだ。

ただ画家を演じるチョウ・ユンファ/周潤發が、二丁拳銃ぶっぱなして横に飛んだり、何から何までチョウ・ユンファ全開で、かっこよくて楽しめます。ユンファによるユンファ・オマージュのような場面の数々。あとね偽札の制作過程がものづくり的に面白いです。

by rivarisaia | 2018-11-07 23:51 | 映画/アジア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/28834418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< The Truth as To... 氷の季節 >>