人気ブログランキング |

ROMA/ローマ

b0087556_11520512.jpg

ROMA/ローマ』監督: アルフォンソ・キュアロン

本当は劇場公開を待とうと思ってたんだけど、先月半ばくらいについNetflixで観ちゃったのがこれ。音響が劇場だとぜんぜんちがうみたいなので、劇場でも観て見たいな。白黒の映画だけれども、映像がとても美しくて細かいところまでくっきり見えて、空気中の湿気や潮風の香りや煙の焦げ臭い匂いがただよってくるような感じだった。すごい。

70年代のメキシコの中流家庭で働くメイド、クレオを中心にすえた話。

映画としては全体的にとても面白い。ちょっとした日常の出来事や深刻な話、うれしいこと、かなしいことなど、いくつものエピソードが積み重なっていて、画面を読み解く楽しさみたいなものも随所にあった。いまでも、クレオだけが片足で揺るがずに立てたこと、飛んでいく飛行機についてふとあれこれ考えたりする。

それと同時に、ちょっといい話のように見せかけて、中流家庭の傲慢さが鼻につく話でもあった。クレオのことを家族の一員のように思っているようでいて、クレオのことは大好きだと口では言いつつも、やっぱり使用人は使用人なのだった。相手をいたわっているようでいて、まったくそんなことないじゃんね、ということがチラチラ見えて居心地悪い気分になるものの、そもそも出てくる男性(雇い主一家のお父さんやクレオの彼氏)がサイテーきわまりないので、中流家庭の奥さんにも同情の余地はあるといえばある。

ふらつくことなくしっかり立つことができる女性として描かれてたクレオではあるけど、どうしてこんな目にあってしまうのか、と私としては気の毒でならなかったんですよね。これから先幸せになれるといいね、と思っちゃったよ。

トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/29246601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rivarisaia | 2019-02-09 12:16 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや