人気ブログランキング |

大紅袍

b0087556_09294.jpg
本日飲んだお茶は大紅袍。これはいただきもので、しかももらった時に私は大紅袍だと思ってなかった。初めて飲んだ時に「香りがいい〜。美味しい〜。なんだろうね、このお茶は」と驚いて、後日大紅袍だったと知った次第。

中国茶は高校生の頃から大好きなのですが、このように私は、品名にはかなり無頓着。でも、最初から知ってて飲んでいたら、変な「ありがたや」フィルターがかかっていたかもしれないので、逆によかったのかも。

何でこんなことをつらつら書くのかと言うと、先月、知り合いに「中国茶が好きで〜」と言ったら、「詳しいんですか? 何がおすすめですか」と聞かれて困窮したからです。「全然詳しくないですよー」と答えたら、「じゃあ、どうやって買ってるんですか?」と不思議そうな顔をされてしまった。少し話していて分かったのは、「おお、これは何年ものの○○茶ですね!」「これは花のような香りがする○○産の××茶ですね!」などという知識ベースに購入するものではないか、と思っているらしいことが判明。

いや、そんな買い方してない...。専門店の店員さんに相談することもあれば、通販サイトとか本の説明を読んで、飲んでみたいと思ったものを買ったりすることもあるし、あとは漢字の字面で決めたり、台湾や中国にいる友人・知人からいただいたり、本当にいろいろ。ペットボトルのお茶だって飲む。何となく買ったものを飲んで、あら美味しい〜と思ってから、いろいろ調べてみることも多し。たとえば、大紅袍が美味しいなら、他の岩茶はどうか、次は岩茶で何か買ってみよう〜とかそんな感じです。これもちょっとした楽しみかも。

そうそう、大紅袍の感想。果物とも花とも言える香りがして、飲んだ後に口の中にずーっと甘い感じが残るのですが、これがよく耳にする「岩韻」というものなのでしょうか。当然原木じゃなくって子孫(でも何代目の木であるとか分からないけど)の茶葉ですが、原木はまた全然違うのかなー。こんなことをつらつら考えるのもまた楽しいですよ。
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/4767771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 黑珍珠 at 2006-05-29 22:21 x
大紅袍と言えば。

お茶の王様ですよね。
味重視の私には「黄金桂」と、区別付かず。(←罰当たり。)

仕事中には「茘枝紅茶」か「暴暴茶」を飲んでいます。
「茉莉珠茶」も香りがとても良いですよ!

また、お邪魔させて下さいね。
Commented by rivarisaia at 2006-05-30 02:58
>黑珍珠さま

この前、岩茶(種類は不明)をお店で飲んでみたら、大紅袍と同じような感じでした...。やっぱり、2つ並べて飲みくらべないと私には分からないのね...。でも、大紅袍よりウマイお茶はたくさんある!と言う人も多いし、好きずきですよねー。

「茉莉珠茶」を今度飲んでみます〜。

またのお越しをお待ちしています。
Commented by ayano at 2006-08-18 10:45 x
中国茶へのスタンス、とっても共感です。中国茶好きの人って、ネットを見てるとたくさんいらっしゃるんですけど、みなさんものすごく詳しいんですよね…
「これおいしいねー」「似たようなのでちょっと違う奴買ってみよう」みたいな飲み方しかしていなくて、よく飲んでいる割には全然知識が蓄えられないのでいつも肩身の狭い思いをしていたので、「似たような人がいる!」とうれしくなってしまいました。

おいしいからいーじゃん、じゃあ、ダメなんですかねー(^^;;;
Commented by rivarisaia at 2006-08-18 13:58
いや、もう本当に備忘録みたいなので、すごく詳しい情報を得たい人が
検索してココに引っかかったりすると申し訳ない気もしますが、
「詳しくない人が美味しいと思ったお茶」の紹介があってもいいかなと
思って...。 詳しくないと肩身が狭くなっちゃうのも変ですもんねえ。
おいしいからいーじゃんでダメってことはないですよねえ。
by rivarisaia | 2006-05-22 23:49 | 中国茶&お茶 | Trackback | Comments(4)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや