Lex Reitsma

映画祭三昧の日々が終わり、そろそろ年末進行の仕事の大波が押し寄せてきそうな予感。年末から来年にかけて、仕事の波間に本の整理をしよう!と密かに決意しました。そして愛蔵書をここで公開(自慢?)するのよ。ほほほ。

そんな今日の1冊はデザイン書。オランダのグラフィック・デザイナーLex Reitsmaの作品集です。オランダのオペラ座のポスターを長年手がけている方です。
b0087556_2352288.jpg

Lex Reitsma 10 jaar affiches voor De Nederlandse Opera + ander werk
出版社はオランダのBIS Publishers。186ページ。
(英語のタイトルは『Lex Reitsma 10 years of posters for De Nederlandse Opera + other work』)

オペラのポスターにしては画期的なデザインで、タイポグラフィーや色の使い方も大胆なので好きなのですが、しかし本書を買った理由は造本にありました。所々に異なる用紙が挟み込んである点が凝っていたり、版型が小ぶり(タテ24×ヨコ16.7cm)でソフトカバー(表紙は厚紙のフランス折り)という点も軽くてすばらしい。厚くて重い作品集はジャマなので嫌なのです。よほど好きな人じゃないと買えませんよ。重いから。

b0087556_23252582.jpg

中ページの見開きはこんな感じ。5年くらい前に仕事の資料になるかも〜と自分に言い訳して買ったのですが、今見ても古い感じはしないし、おそらく5年後に見ても古い感じはしないだろうと思う。こういうポスターが街に貼ってあるところを想像するだけで楽しいし、ある意味うらやましい。
[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/6102864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rivarisaia | 2006-11-26 23:58 | | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る