人気ブログランキング |

お針の友

祖母は二人とも裁縫が得意でした。昔の人は大概そうだと思うのですが、何をつくらせてもうまい。母も得意。しかし私はその血を受け継いでおらず、家庭科の裁縫時間に何度先生を苦笑させたかわかりません。電動ミシンがいけないのよ〜。スピードが早いのよ〜。と、ミシンのせいにしてましたが、編み物や手縫いはどうなんだ...。根本的に性に合わないんですよ、きっと。

で、そんな裁縫上手の祖母1の形見の品を古ダンスから発見。「お針の友」だ。
b0087556_2072482.jpg

ずいぶん使い込んでありますが、パタパタ開くと表がヘラ台、裏にさまざまな和服の「裁方(たちかた)」が出ている。こりゃ便利ですね(って和裁する気もないくせに)。

b0087556_207438.jpg

「裁方」を拡大するとこんな感じ。女生徒袴、長襦袢、長合羽、羽織...と計23種類。

b0087556_2073419.jpg

裏表紙(?)には「換算便法」なるものが。「町を米に直すには一割加へて百倍する」などと便利なものがー。

昔の方はこれでさささっと家族の着物を縫っちゃうんだからねぇ。ほんとにすごいねえと嘆息する私はどんどん駄目になる現代人なのでありました。
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/6132380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by satoko9687gi at 2006-12-02 23:00
はじめまして。
最近きものBlogを始めました。

すごいですね、これ。
「お針の友」というネーミングもスゴイ。
Commented by 葉月 at 2006-12-03 15:13 x
なんだか懐かしいものが・・・
子供のころ我が家にも同じものがありました
祖母が百貨店に入れる服の縫製の仕事をやるほど裁縫上手でしたので
しかしながら我が家でのその使い道はというと・・・
お姫様ごっこの屏風でした(または戦争ごっこの防壁代わり
もちろんそんな私の裁縫の腕が上がるはずも無く・・・・・
Commented at 2006-12-03 22:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rivarisaia at 2006-12-04 00:26
satoko9687giさん、こんにちは。
きものいいですねー。浴衣しか着れないので、お太鼓くら結べるように
なりたいものです。着付け習おうかしら。

きものblogにもたまに遊びに行きますね。
Commented by rivarisaia at 2006-12-04 00:33
葉月さん、やっぱり「お針の友」は和裁の必需品だったのですね。
私も子どもだったら、間違いなく屏風にするだろうなー。

「裁方」の通り裁ったとしても、どう縫ったらいいのか皆目見当つきません。ああ...。
Commented by rivarisaia at 2006-12-04 00:36
鍵コメントさん、
確かに造本がおもしろいですよねー。また何かあったら紹介しますね。
Commented by 邦画ブラボー at 2006-12-05 10:49 x
こんにちは。私和裁やるんですよ。
へたですけど。(笑)
ですのでこれ持ってます。骨董市で新品をゲットしたんです。
それと和裁の本もコレクションしてます。
見てるだけでも楽しいですよ。
昔のひとは確かにすごいですよねえ。
樋口一葉の本を見ても
夜中まで裁縫・・とか出てますね。
Commented by rivarisaia at 2006-12-05 23:58
邦画ブラボーさん、こんにちは。

そうだ、和服をお召しになるんですよね。そして和裁ができるなんて、尊敬します。見習いたい...。
それにしても、「お針の友」の新品をゲットしたとは驚きでした。
探せばあるのね、新品。

「裁方」を見ると、これを考えた人はすごいと思います。だって無駄がないんですもの。和服はよくできているなあ。

昔の映画でも、女の人が夜ちくちく縫ってるシーンってけっこう
ありますよねえ。それがまた絵になったりして(ときどき針に鬢つけ油を
ちょいちょいっとつけたりとか)。
by rivarisaia | 2006-12-02 21:39 | モノ | Trackback | Comments(8)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや