人気ブログランキング |

「ザ・狩り」シリーズ絵葉書:冬編

去年の夏に「ザ・狩りシリーズ」のハガキを紹介した際に(コレね)、冬らしい絵柄もあるから気が向いたら紹介すると言っていたのを思い出しました。年賀状を片付けたついでに、ハガキ箱を開けたのでつい眺めてしまったのです。

冬景色の狩り、はい、どーぞ。
b0087556_2336258.jpg


何度見ても、すさまじい絵柄ですね。だから、誰が誰に出すのか。ウケ狙いなのか、マジなのか。その辺りがよくわからないのです。
左から時計周りに、熊狩り、狼狩り、白熊狩り1、白熊狩り2です。シロクマはバージョン違いがあるほど人気...なんでしょうか。

b0087556_23363241.jpg

熊はあなどれないようで、下敷きになって人が死んだり、猟犬がおなかから血を出したりしています。これは舞台が露西亜(漢字で書きたいところですね)でしょうか。

b0087556_2336398.jpg

いちばんイヤ〜なのは、白熊に抱きつかれて首筋をガブリとやられている人。顔色が、ほとんど緑だよ!

みんなが斧やら槍で果敢に立ち向かっているのに、右端に離れた位置から銃を撃つ人がいるのがポイントなんだと思います。この構図ですと1人だけ卑怯者にみえますが、本当は斧やら槍で向かっていくほうが無謀なんだと思いますよ。

やっぱりこういうハガキに書く文面は絵柄をふまえて教訓めいた感じにしないとダメなんでしょうか。たとえば、こんな感じ?

前略、毎日寒いですが、いかがお過ごしですか。貴方の物事に臆せず取り組む姿勢はすばらしいですが、不意打ちをくらってガブリ!とやられることもありますから(このはがきのように!)、くれぐれも慎重な気持ちを忘れないでくださいね。かしこ

トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/6352207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まるま at 2007-01-18 23:23 x
待ってました、「ザ・狩り」シリーズ!
鉄砲打ちの大叔父に連れられて、小学生の頃、一度だけ鳥撃ちに行きました。獲物や猟銃の記憶はほとんどありません(近くで見せてもらえなかったせいかも)。だらだらと食べては寝ているだけだと思っていた猟犬が、別犬のようにきびきびと動くのを見て、「今まで誤解していてごめんね」と妙に胸が熱くなったことだけは、よく覚えています。
慎重な気持ちを忘れずにがんばりますです……。
Commented by とも at 2007-01-19 18:30 x
これは・・・すごい日常の風景のはがきですね。。。
またまたナイス・コレクションです。ありがとうございます。
最後の写真のかぶりつくクマは、一見ディズニーランドで
よくみかけそうな愛らしい風景ですが、
よく見るとかぶりつきですもんね。
最後の遠くで人が銃を構えていますが、
うっかり仲間にあたりそうな距離感でこれまたスリリングです。
ご教訓胸に染みいります。
Commented by rivarisaia at 2007-01-19 21:04
まるまさん、
鉄砲打ちの大叔父? 鳥撃ち??
それは貴重な体験ですね。猟犬はきびきびと鳥をくわえて
帰ってくる感じでしょうか。

慎重な気持ちは、私こそ忘れがちなので、今年の戒めにしたい
ところです。
Commented by rivarisaia at 2007-01-19 21:06
ともさん
熊はキャラとしては愛くるしいですが、実際はこの絵のように
怖いらしいですよ。「白熊は走るのがすっごく速いからね!怖いよ!」
と野生動物の写真を撮る方から聞いたことがあります。

銃を構えてる人ですが、本当に仲間にあたりそうですよ。
やっぱり慎重な気持ちで撃ってもらわないと困りますね。
by rivarisaia | 2007-01-17 23:33 | 切手・郵趣 | Trackback | Comments(4)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや