狐になった奥様

初めて読みました。ブルームズベリー・グループの代表作家と言われるガーネット(と書きつつ、ブルームズベリー・グループとは何?とWikipediaで検索してしまった私ですが)。

b0087556_21265827.jpg

狐になった奥様』デイヴィッド・ガーネット著 安藤貞雄訳 岩波書店

河出書房新社から出ている「ガーネット傑作集1」では、タイトルが『狐になった人妻/動物園に入った男』になっています。じつは読んだのは河出版だったりするのですが、原題が「Lady into Fox」なので、個人的には「人妻」よりも「奥様」のほうがしっくりくるため岩波のほうを掲載。ごめん、河出。

H.G.ウェルズが変身譚の傑作と絶賛したらしい本作。さっぱりとした話でしたが、けっこう好きです。ある日、突然、妻が狐になっちゃった夫の話。最初の頃は言葉は通じなくとも、狐には明らかに妻の心があるんだけれど、野生化していく狐=妻に困惑していく旦那さん。妻がだんだんと野生化していく過程の描写が、とてもうまい。

ちなみに「動物園に入った男」も、シュールな話でした。さっぱりしていて、淡々と読めるシュールな話という点が気に入ったので、ガーネットの他の話も読んでみよう。
[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/7020159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rivarisaia | 2007-06-25 22:32 | | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る