ヴィスコンティ映画祭がありますよ

今年はプリマヴェーラ・イタリアーナ「イタリアの春」と称していろいろイベントをやっているわけですが、もはや春(プリマヴェーラ)じゃなくて夏(エスターテ)では?という突っ込みはさておき。

7月20日から8月19日まで、東京は九段のイタリア文化会館にて、ヴィスコンティの写真展(by 篠山紀信)とヴィスコンティ映画祭が〜! 詳細はコチラをご覧ください。

一応、上映作品を書いておきますと、

『若者のすべて』
『山猫』
『ルートヴィヒ』
『イノセント』
『熊座の淡き星影』
『地獄に堕ちた勇者ども』
『ベニスに死す』

の7本。まあ、7本も! ステキ! この夏、デカダン気分に浸りたい方、ぜひどうぞ。できることなら入り浸りたいものですが、そうもいかないのが仕事人の辛いところ....。どれに行こうか思案中。

そういえば、今週の金曜までは、渋谷ユーロスペースにてカウリスマキ一挙上映をやっているのだった。果たして行けるのか。ああ〜。
[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/7046348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆずきり at 2007-07-03 01:53 x
見てないのといえば『イノセント』ですが、『ベニスに死す』も再見したい。私の好きなタイプの美少年と違うわあとか思ってノレなかったんですけど、ボガードをもいちど見てみたい。『若者のすべて』も、試合のあとで泣くドロンをもいちど見てみたい。映画祭は、すぐにおわっちゃうので、仕事のある身にはつらいですよねー。
Commented by rivarisaia at 2007-07-03 16:23
>ゆずきりさん
『イノセント』と『熊座〜』を観たいな〜。でも『若者のすべて』もやっぱり観たいし、『地獄に堕ちた〜』も....とやってると、結局ぜんぶじゃないか!ってことになって、また悩みどころ...。
本当にねえ、時間があればいいですけどねえ。
by rivarisaia | 2007-07-02 21:24 | 映画や本の雑記 | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る