Your Coloring Book:見えないものを塗る

昨日は政治的な話を書いたので、今日は政治的なアート本のご紹介。ちょっと古いけど。

b0087556_18441524.jpg

Your Coloring Book — a wandering installation
Ram Katzir著 Stedelijk Museum Amsterdam刊

人々の視点や主観に疑問を投げかける作品を制作するアーティスト、ラム・カツィールの、1996年から98年にかけて7カ所の地域に巡回した「ぬり絵」のインスタレーションの本。会場にテーブルと椅子、クレヨンやマーカーを置いて、来場者に塗ってもらうというコンセプト。

本の構成は、前半にインスタレーションで使用したぬり絵がついていて、あとは各会場のようすや来場者が実際に塗った絵の写真のほか、展覧会をとりあげた新聞記事(英訳付き)が出ています。

ぬり絵は、表紙の「バンビと人」のほか、「遠足に行く子どもたち」とか「お父さんと子ども」とか全部で13枚。
b0087556_18442341.jpg


お察しの通り、ただの塗り絵ではなく、じつは「バンビと人間」は「ヒトラーと子鹿」であり、「遠足に行く子どもたち」は「収容所に送られるユダヤ人の子ども」であり、「お父さんと子ども」は「ゲッペルスと子ども」である、というように、実際の写真からおこしたナチスの絵なのでした。
b0087556_18442966.jpg


第二次世界大戦のタブーを破り、ぬり絵を通して子どもの視点で戦争を見つめ、プロパガンダについて考えてみる、というのが目的。展覧会が巡回したのも、エルサレムやベルリン、クラコフなど、関係のある地域でした。トラウマの体験を芸術に転換するなんて、という意見もあり、賛否両論の渦を巻き起こしたようですが、そうした議論が起きるということは展覧会として成功したということだと思います。

もちろん、来場者のなかには何の絵なのかわからない人もいました。子どもが楽しそうに塗っているのを見たイスラエルのお父さんのコメントは、「娘が純粋にぬり絵に熱中しているのをみて、目に見えないモノがどれほど頭に入らないのか理解した」。星の王子様じゃないですけど、大切なことは目に見えないかもしれない。このお父さんは、ぬり絵だけじゃなくてコラージュも有益だと言っています。情報は切り貼りされちゃうかもしれないからね。

歴史や文化の違いも影響する例として、日本人のグループのエピソードも載ってます。彼らは、石けん工場の絵を「キッチンだ」と判断して色を塗るわけですが、絵のなかに変な物体があるのに気づく。実際にはそれは原料となる死体で、あとで絵の背景を説明された彼らは愕然としながら、可愛らしいキッチンの絵を死の恐怖の絵に修正するわけです。

ここで、日本人は歴史にうといんだからもう!とか言っちゃだめですよ。見えないものを見るのはやっぱり難しい。実際、私も書店でこの本を手にしたのは「かわいいぬり絵」だと思ったからで、ページをめくって驚いて、自分への戒めのために買ったから手許にあるのです。

Ram Katzirのサイトはコチラ。「installation」の「your coloring book」をクリックすると、会場の様子や、参加者の塗った絵の一部が見られます。
[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/7514018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sei at 2007-10-03 05:32 x
これはめちゃめちゃ興味深いですねー。見えるもの、見えないもの、見ないようにしているもの、見せないようにしているもの。うーん。自分の目に自信が持てるようになりたいもんです。。
Commented by sei at 2007-10-03 05:48 x
追記。昨日、私は児童館でみにのための「いないいないばぁたぬき」の色をぬっておりました。派手な方がよかろうと(まだほんものなんてわかんないからね・・)、きみどりとむらさきに塗られたたぬきでいないいないばぁしてたら、近くにいた他のママさんがすーっとどっか行っちゃいました。いいじゃん、きみどりのたぬきがいても! ねぇ!
Commented by rivarisaia at 2007-10-03 17:50
>seiさん
特定の歴史を共有する大人向けのインスタレーションとして、なかなか
興味深い試みだなーと思いました。プロパガンダは騙すようにできてるから、見抜くのは難しいですよね。

あら、きみどりのたぬきに何の問題が〜!? 茶色ばかりがたぬきじゃないですよ、ねえ!

でも最近って、学校や幼稚園などで、子どもが変な絵を書いたり、変な色使いしたりすると、先生が心配して要注意リストに載ったりするんですかね。

小学校の時、私は変な絵ばっかり描いてたんですけど、子ども心に
「先生に見せたら絶対にやばい」と感じていました。
Commented by makrele at 2007-10-05 02:40 x
おひさしぶりです~。
大変興味深く読みました。
物事の認識と言うものが、主観で判断されていくのかと言うことを。頭の中に蓄積されたデーターの引き出しが年齢と共に増えていくと共に、逆にそのデーターが冷静さや、感性を失わせることにもなっているのだろうかと考えてしまいました。
おもしろそうな本ですね!!
Commented by rivarisaia at 2007-10-05 15:26
>makreleさん
イメージの力ってどこまで有効なんだろう、とかそんなことも考えました。

ほとんどの人にとっては、どのイメージも「色を塗って考える」ためのもので、もはやプロパガンダとしての力は失せているけど、
サバイバーの人たちには、いまだにプロパガンダとしての力が有効で、
色を塗ることすらできなかった人もいたらしい。

そのあたりのことが、ベルリンの展覧会で行われたシンポジウムの
テーマだったらしく、話を聞きたい!と思いました。
by rivarisaia | 2007-09-30 18:59 | | Trackback | Comments(5)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る