輪切り図鑑:大帆船

海はサメが出るから基本的にキライ、と『ジョーズ』のエントリのエントリで書いておきながら、帆船、大海原にはグッとくると、『マスター・アンド・コマンダー』のエントリで語る、歩く自己矛盾の私です。わははは。

そう、どういうわけか帆船は好き。実際には船酔いするだろうけど。先のエントリでともさんの指摘があったように、青池保子のマンガの影響もあるし、大昔にTV放映されていたマジックベルトで有名な「シンドバッドの冒険」という異国のアニメも好きでした。

小学校のころは、帆船ごっこをよくやったものです。最近めっきり見かけなくなった「箱ブランコ」が帆船、地面は海という設定で、最初は海賊と戦う遊びだったのが、やがて海にジョーズや巨大タコ、オルカなどが出現するようになり(思いっきり映画の影響だ)、

「船長〜、足が! 足が食われました〜〜!! たすけて〜!! ぎゃああああ」

と叫びながら、すべり台(これは難破船という設定だ)をうつぶせにずるずるすべり落ちていく、というオカルトチックな遊びに変化したのはご愛嬌です。

さて、そんなノスタルジーにひたりつつ、帆船に思いを馳せるのにおすすめの本を1冊。
b0087556_16344912.jpg

輪切り図鑑: 大帆船
S・ビースティー画、R・プラット文、北森俊行訳、岩波書店

「トラファルガーの海戦をたたかったイギリスの軍艦の内部を見る」という35.2cm×26.6cmの大型絵本。航海中の健康とか、料理と食事、仕事や規律、といったカテゴリー別に、帆船がドカンと輪切りになって図解されていて、楽しい本です。中ページはこんな感じ。
b0087556_1635157.jpg

いきなり目次ページ(左)に帆船がド〜ン!  右の写真のように、全見開きに帆船の断面イラストと細かい説明が満載なので、ヒマなときに眺めるもよし、寝る前に眺めるもよし、という本です。

ちなみに船上では固いビスケットが配給されていましたが、うじ虫が湧いちゃうんだって。しかし、本書には、うじ虫を取りのぞく方法も出ているよ! もしものときに便利だね! 

これは、小学校時代の私たちに読ませたい。そうしたら帆船ごっこがさらに充実しただろうにな〜。
[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/7693422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とも at 2007-11-12 22:51 x
rivarisaia さんは船長のキャップ
(あの餃子のような形でどくろマークがついたような)
が似合いそう!

今度大人の帆船ごっこをしましょ〜。
でもうじ虫ビスケットはヤダ。
Commented by rivarisaia at 2007-11-13 02:51
どくろの旗ならつくったよ! (あれ、私は海賊チームだったっけか?)
大人の帆船ごっこ、楽しそう。やりたいね〜。

うじ虫ビスケットは私もイヤです。取りのぞく方法もけっこうグロいです。
by rivarisaia | 2007-11-11 17:20 | | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る