人気ブログランキング |

本好きへの100の質問:91〜100

ついに終わり! 「本好きへの100の質問」

--------------------------------------------------------------------------

091. この人の薦める本なら読んでみたい、そう思う有名人を教えてください。
とくにいませんが、映画監督の読んでる小説は気になるかも。
たとえば、ジョニー・トーさんは何読んでるのかなあとか。

092. 映像化してほしい本はありますか?
そりゃもう『耳ラッパ』ですよ。ぜひデル・トロで。
あとは「ジャック・オーブリー」シリーズ。『マスター・アンド・コマンダー』の続編が観たい。

093. テレビ化・映画化で成功したと思う作品を教えてください。
映画なら『薔薇の名前』『指輪物語』『チャリング・クロス街84番地』『マスター・アンド・コマンダー』『レッド・オクトーバーを追え』など

テレビなら『シャーロック・ホームズ(グラナダTV版)』『射チョウ英雄伝』のリー・ヤーポン主演ドラマ版とか。『池袋ウェストゲートパーク』も読むときにキャラの顔が浮かんでしまうので成功してると思う。

094. 本の中に再現したいと思う(実際に再現した)場面はありますか?
『大きな森の小さな家』でメープルシロップを煮詰めて雪の上にたらして飴をつくるのは、子どもの頃に実際にやった。思ったほど美味しくなかったのがショックだった。

湯本香樹実『ポプラの秋』の婆さんのように、あの世へ手紙を届ける人になるのもいいかも。

095. あなたにはどうしても読みたい本があります。その本は既に絶版・品切。さあ、どうしますか?
古本屋、図書館、インターネットで調べる。
見つからなかったら、ご縁がなかったということで。
縁があればいつかどこかで遭遇するはずだ。

096. 本という存在に対して、文句はありますか?
あなたたち、集結するとかなり重いのね.....。
過去に押し入れの床板が割れたことがあり、驚愕して冊数を減らしました。

097. 心に残っている言葉・名台詞は?(原典も明記してください)
そりゃいろいろあるけど......。
では名台詞オンパレードの泉鏡花『海神別荘』から公子のキメ台詞で。
美女に「ここは、極楽でございますか」と問われて

「ははは、そんな処と一所にされて堪るものか。
おい、女の行く極楽に男は居らんぞ。男の行く極楽に女は居ない」

初めて読んだとき、ははあ左様でございますか!といたく感心した。

098. あなたにとって、本とおなじくらい蠱惑的なものは何ですか。
映画。

099. 出版業界にひとことどうぞ。
商売が大変なのはわかるけど、内容の薄っぺらい本も、二番煎じ本もそんなにたくさんはいらない。そういう本が無くなる必要はないけど、全体的に出版点数が多すぎると思う。書店で欲しい本を探すのに苦労するし、初版売り切って絶版コースを辿る本があまりに多すぎるよ〜。

100. つまるところ、あなたにとって本とは。
1冊で何度も楽しめる燃費のいい娯楽、あるいは未知の世界へ脱線していく線路。

--------------------------------------------------------------------------

気軽に始めたつもりが長かった。映画好きへの100の質問とか当分無理です。

昨年はほとんど脱線系読書の年でございました。

仕事であることを調べるうちに、仕事そっちのけであれこれ手を出し、もはや仕事とは関係なくなっていく.....という、脱線ループは今年は断ち切りたいけど、難しいかなあ。
by rivarisaia | 2008-01-10 23:22 | 本好きへの100の質問 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/7917523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by らら at 2008-01-10 23:52 x
お疲れ様でしたー!
幅広く本を読まれていて流石です。楽しく拝見しました。
今年もよろしくお願いします(^^)
Commented by rivarisaia at 2008-01-11 22:18
ららさん、
何だか忙しいのに宿題みたいになっちゃっいましたよー!
しかも、恩田陸とか小川洋子とか古川日出男とか入れられなかったよー!

幅広く、しかし実際は底の浅い私です。どうぞ今年もよろしくおねがいします。
Commented by peque-es at 2008-01-16 01:39
子供の頃こそ、自他共に認める(?)本好きだった私ですが、今回の連載記事を読んで、今は全然本好きとは言えないな~と、今更ながら気付きました。…というか、大人になってから、普通の小説って殆ど読んでないのですね。大人の本が読めないのかも(笑)。
そういう私にとっては、知らないタイトルや名前の方が多かったですが、でも幾つか共通項(?)も発見して、嬉しくなりました。
例えばフロスト警部(あ、ミステリーは大人の本でも読む-笑)。あと、ベスト・セラーやビジネス書を読まないところとか(笑)

自分の知らない本について書かれていても、それぞれの答に春巻さんの考え方が伺えて、面白かったです。お疲れさまでした。
今年もよろしく!
Commented by rivarisaia at 2008-01-17 00:34
>ぺけさん
えええ! そんな大層なエントリではございませんのでご安心を!

自分でやってみてつくづく思いましたが、私も最近の日本人作家による大人向けの普通の小説の数はかなり少ないです。海外小説のほうがどうやら好きらしい。現代の日本が舞台だと、リアルすぎて現実逃避できないのかもしれませんね。どうなんでしょう。

ベストセラーも海外小説だったらけっこう読んでる気もするんですけどねー。フロスト警部といえば、ドラマもあるんですよねー。見たことないけど、今度ケーブルで放映しているのを録画してみようかな。

そんなわけで、今年もどうぞよろしく!
Commented by peque-es at 2008-01-17 00:45
↑のフロスト警部のドラマ、原作のイメージ(…って、私のイメージですが)とは、ちょっと違うんですよね~…タイトルにも、inspired by...って出て来てたような…。でも見てますが(笑)。
春巻さんの感想も、聞きたいです。見たら教えて下さい。
Commented by sei at 2008-01-20 03:09 x
フロスト警部ドラマ・・・まじっすか。観てみたい! 録画プリーズです。あっ、本ねたじゃないとこにくいついちゃってすみません。。
Commented by rivarisaia at 2008-01-20 20:18
フロスト警部ドラマは2時間ドラマでイギリス制作。いつも録画しよう、しようと思って忘れちゃうんだよねー!
今週こそは録画を.....。
<< 北京からきた猫 本好きへの100の質問:81〜90 >>