人気ブログランキング |

めでたいニュースもあるのです:靖国&HOT FUZZ

超多忙ゆえただでさえ睡眠が足りないのに、頭からプンスカ湯気を出してエネルギッシュに暮らしていた最近のわたくしですが、やっぱり神様っている!きゃっほー!(←ええまあ、どうせ私は単純な人間ですから....)

まずその1:『靖国』東京でも公開するみたい!
12日に封切り予定だった映画館が相次いで上映を見合わせたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」をめぐり、配給・宣伝会社のアルゴ・ピクチャーズは4日現在で全国の21館が5月以降に上映予定であることを明らかにした。4館が見合わせた東京都内でも、1館で公開する見通しになったという。
 ほかにも検討中の映画館があり、新たに上映の打診をしてきた館もあるという。(朝日新聞:2008年4月4日)

関西まで行かないといけないのかよ......とほうぼうで文句たれてましたが、東京でもやるのね!そうこなくっちゃ!がんばれー! いや、もう本当にねえ、政治的な主義主張と上映の件は切り離してもらいたいの。超右派の人も超左派の人も、まずは観てから議論したらいいじゃない、という気持ち。

その2:『HOT FUZZ』が7月上旬に公開決定!ソース

DVDスルーにすらならない....と言われてたので、海外に発注しないといけないのかよ.....とほうぼうで文句たれてましたが、ついに観られるのねーー!と小躍り中。しかも劇場で(涙)ありがとうございます。今日は安眠できそうです。そりゃそうと、エドガー監督がタランティーノの家に居候中とは知りませんでした。

お蔵入りになるかと思ってたジェイの『黄金甲』も、ようやく来週公開。邦題の『王妃の紋章』っていうのがどうにも苦笑ですが、DVDの封印を解かずに耐えた甲斐があったというものです。なんか春だね!桜はもう散り始めてるけどね!
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/8312128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 情報満載 at 2008-04-05 04:23
タイトル : 靖国 yasukuni 内容
靖国神社に関して靖国神社に関してデイリーランキングの靖国参拝をみて思い出したのですが、友人が、国賓として他国を表敬訪問する場合、その国の戦没者の墓などを訪問するのはもっ...... more
Tracked from 札幌生活 at 2008-04-05 09:06
タイトル : 札幌でも上映できることになった映画「靖国」
何かと話題になっている映画靖国。どうやら苫小牧では上映されるようでホッとした。札幌でも上映されるらしい。だが、国政調査権を持ち出した稲田氏の真意はどこにあったのだろうか。... more
Commented by ゆずきり at 2008-04-05 11:57 x
このまま東京上映なしっていうことにならず、とりあえずほっとしました。
上映してくれるところありがとう。
『王妃の紋章』って、なんか似たようなタイトルの少女マンガがあったような。
予告編でみると、あの家族の中でジェイだけサラサラ系といおうか・・ほかの家族はコン・リー嬢を筆頭に濃い感じでした。たのしみ~
Commented by rivarisaia at 2008-04-06 23:04
どこが上映するのかは当面伏せておくようですが、本当にありがとう。がんばってほしい。
それにしても『王妃の紋章』じゃ、舞台がエジプトのようじゃないですかー。しかも無駄にお色気な雰囲気も漂ってますよね。
楽しみ〜!
Commented by makele at 2008-04-11 01:58 x
こんにちは。
上映がされるようで良かったですね。
こういう政治的、団体的圧力に負けてはイカンのですよ。
実際圧力と言うより、映画館側の過剰反応という気もするんですけど
どうなのでしょう・・・?
とにかく、こういう映画は日本人なら見なくちゃいけない。
観てから議論。賛成です!
Commented by rivarisaia at 2008-04-12 01:25
>makreleさん
圧力&過剰反応の両方だと思います。そもそも封切り前から週刊誌も煽り記事書いてて(新潮とか....)、まだ皆観れないうちから、それもどうなのよ、と思いました。煽られちゃった人たちが、観てないのに圧力かけてるような気もします。

いや、もう皆落ち着け!と....。
by rivarisaia | 2008-04-04 23:57 | 映画や本の雑記 | Trackback(2) | Comments(4)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや