人気ブログランキング |

スワンサイダーのように清々しく

どこにも出かけてませんけど、ただいまー。

仕事してるかオリンピックをぼんやり見てるかという二者択一の夏。つまんない。

本当は、オリンピックは夏より冬のほうが好きで、それはなぜなら私にとって冬季五輪=アイスホッケーワールドカップ(仮)だから。アイスホッケーだけは予選の段階から全試合見逃すまじと必死になってしまう冬季にくらべて、夏のオリンピックはなりゆき観戦。大いなるマスぢからを感じた開会式以降は、TVつけたときにたまたまやっていたものを見る。気が楽だ。

せっかく夏なのだから、悲痛な戦いよりも楽しげで清々しい戦いが見たいなーと思っており、これまでで清々しかったのは、激流をくるくる漕ぐカヤック、ハイテクな感じ漂うフェンシング、記録がぱかぱか出て大漁旗がたなびいているような雰囲気の水泳、余裕で走って世界新の100メートル走ボルトなど。あとは女子サッカーかなあ。

「サッカーに勝って試合に負けた」とか「審判のせい」とか、お前が言うな!と一喝したい男子サッカーは、しょっぱいを通り越して発酵しすぎて異臭すら漂う気分(って言い過ぎでしょうか…)。それにくらべて、女子サッカーの侠っぷりときたら、本当に清々しいよ!少しは見習え、男子。もうね、エースの澤さんすてき!こうでなくちゃ! 残りの試合もがんばってね!

そんな清々しい夏の飲料をひとつ手に入れました。

b0087556_18553932.jpg

創業明治35年(1902年)、佐賀県友桝飲料の地サイダー「スワンサイダー」復刻版。

中味は飲んでしまったので、瓶だけ。シズル感を出した写真を撮ればよかった。

昔のラベルは味があっていいなあ。おおむねパッケージデザインって、明治〜昭和初期くらいまでの方が趣味がよいのが多いのはなぜでしょう。かと言って、当時の復刻ではなく、現代の人がわざわざ昭和レトロ調にデザインすると、わざとらしくて趣味が悪くなるよね。

スワンサイダーは飲みたい、飲みたいとつぶやいていたら、近所のスーパーに突然入荷した。ミードのときも、シードルのときも、飲みたい、飲みたいとつぶやいていたら遭遇したので、念じると望みは叶う!ということなんでしょうかね。やけに小さい望みだけど。

後半のオリンピックで清々しいのは、シンクロかしら。いつ放映するのか、またもやなりゆきで見ると思います。
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/9318387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by makrele at 2008-08-23 07:45 x
こんにちは~。
このラベルいいですね!
私も、rivarisaiaさんに賛成。レトロ調に復刻版のまねをしようとすると、なんか逆に垢抜けない感じわかります。
でも、なんでなんでしょう?
昔の空気感とかが違うからでしょうかね?
でも、いまどきこういうパッケージのデザインをすのってある意味勇気入りますよね。
狙いすぎだろってつっこまれそっぽ向かれるか、その勇気を褒め称えられるか・・・。
Commented by rivarisaia at 2008-08-23 23:04
こんにちは〜。ラベルが欲しくて飲みたかった1本です。

本当の復刻版はいま見てもセンスいいと思えるのに、
レトロ風にすると狙い過ぎになっちゃうのは不思議ですよねえ。
あれはなんででしょうね。たぶんレトロ風な中に現代的な要素をほんのわずかに取り入れちゃってるんですよ。それが余計なんだと思います。

デザイナーも現代風要素を入れちゃってることに気づかない程度の、わずかな違いなんだと思うんですけど。不思議。
by rivarisaia | 2008-08-18 19:22 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや