The Medici Aesop:メディチ家所有のイソップ物語

さて、こんにちは。仕事ばかりで遊んでないとダメな人になる〜!という言葉が脳裏をかけめぐる今日この頃。仕事ばかりで出かけてないと衝動買いも増えるんですよねえ!

というわけで、またも海外古書サイトで写本の本を買いました。
だって、メディチですよ、奥さん。メディチ!わ~い!
b0087556_2117672.jpg

The Medici Aesop』(メディチ家所有のイソップ物語) Harry N. Abrams刊

ロレンツォ・ディ・メディチの息子ピエロのライブラリにある15世紀のイソッブ物語写本のビジュアル書。大型本。なぜか印刷は日本です。
b0087556_21171796.jpg

中ページは、このように、中央に見開きで写本のページが掲載され、物語の英語訳が両サイドについています。これは便利!という気がする。

ラテン語を読解して英訳と付け合わせれば、勉強になるわね、使える!役立つ!自習、自習!とウキウキしてたんですが、よーく見てみると…
b0087556_21173013.jpg

ハッ!これはギリシャ語…。

そうだよね、イソップだもんね、ギリシャ語だよね。ははは…。

当然と言えば当然のことですが、ラテン語をヒイヒイ言いながらやってると、必ずギリシャ語に遭遇いたします。先生もスラスラとギリシャ語を書いたりするのが驚異的。でも、私はギリシャ語はやるつもりないですから! ま、やる気があったとしても能力的に不可能です。

気をとり直して、「アリとキリギリス」ってイソップだよなあ、と探してみました。
確かにあったんですけど、この挿絵はいったい!?
b0087556_21174084.jpg

 ナニ、これ!?

おそらく「アリ」は、中央のアリ塚らしきものの右側にいる小さめの三匹。ええっと、左側で円陣くんでるヤツらと右側のデカイ一匹がキリギリスなんでしょうか? これじゃ、まるでゴキ…(以下略)。

そうか、もともとはキリギリスじゃなくてコオロギ(Cricket)だからか。それにしてもちょっとびっくりした。


9/16追記:おいおい、コオロギじゃないってば!という訂正エントリはコチラ
[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/9485322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とも at 2008-09-15 13:38 x
お久しぶりです〜。
またまた面白い写本ですね!
最後の虫の絵はもう、見てるだけで悶死しそうです。
でも本当に真剣に描いているんだろうなー。
Commented by rivarisaia at 2008-09-16 00:24
おお、お久しぶり!
コオロギにしたって、もう少し描きようがあるだろうよ、
そもそも、そのアリはなんだ、アリは!と思ったのはナイショです。
by rivarisaia | 2008-09-12 21:24 | | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る