2012年 02月 29日 ( 1 )

インゼル文庫:Die Minnesinger in Bildern der Manessischen Handschrift

ドイツのインゼル社から出ている「インゼル文庫」という歴史ある小型ハードカバー本シリーズがありまして、コレクターもいるんじゃないかなと想像するほどに、これがすばらしいシリーズなんですよ。

動植物など自然誌関連から、文芸や芸術など、このシリーズが扱っているテーマはさまざまで、表紙のデザインの美しさが特徴的です。

インゼル文庫は買いはじめたらキリがないので手を出さないようにしてたのに、つい入手しちゃったんですよね。だって、マネッセ写本があるんだもん。

b0087556_21391971.jpg

Die Minnesinger in Bildern der Manessischen Handschrift
Insel-Bücherei Nr. 450

ねー! 表紙のデザインがきれいでしょう。背表紙のタイトルの入り方も美しいので、ズラッと本棚に並べたくなるというものですよ。先立つモノがないのでやりませんけど。

b0087556_21395617.jpg

中ページは、このように前半でミンネゼンガーのカラー図版が24点紹介されていて、後半が解説文になってます。当然ながらドイツ語…。読む気になれば辞書を駆使して読めないこともないが、読む気になかなかなれないドイツ語…(遠い目)。

b0087556_21412477.jpg

本自体は薄い本で、全部で48ページ(ノンブルを頼りに数えるとたぶんそう)。

マネッセ写本は大昔コチラにも書きましたが、たまらなく絵が好きな写本のひとつ。マネッセ写本の切手もあるんですよね。工作ブログのほうでマネッセ写本の豆箱と切手をいくつか紹介します。
[PR]
by rivarisaia | 2012-02-29 21:48 | | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る