人気ブログランキング |

2012年 12月 11日 ( 1 )

くまのパディントン(Gabrielle Designs)

人形やらぬいぐるみが放り込まれている箱がありまして、箱の中はずいぶん前にばっちり整理したので捨てるものはナイんですけど、たまには虫干しせねばならない…。たとえばクマ。

子どもの頃からうちにいるクマといえば、イギリスから来たこの「くまのパディントン」。

b0087556_20533787.jpg

身長42センチ。けっこうデカイ。「このクマのめんどうをどうぞよろしく」という荷札付き。

父がイギリスに行ったときのお土産で、スーツケースに入らず手持ちだったので大変ジャマだったと言われたような気がするが、子どもだったわたしはそんなことは聞いておらず「わーい! 本場イギリスから暗黒ペルーのクマが来た!」と喜んだのだった。

ところで、最近のくまのパディントンのぬいぐるみは妙に"カワイイ"マンガっぽいデザインで、子どもの頃からマンガっぽいぬいぐるみが大嫌いな私としてはまったく可愛くないと思っていて、要するにうちの「パディントン」がいちばん可愛いんですけど(自慢)、これはどこのメーカーのものなのか、調べてみた。

b0087556_21295621.jpg

自立してしっかり立つところもイイでしょ(長靴のおかげだけど)。

本家オフィシャルサイトに詳細が出ていたが、 Gabrielle Designs(ガブリエル・デザインズ)社だった。ガブリエル・デザインズ社は1972年からパディントン・シリーズをつくっていたが、90年代後半に倒産。

ガブリエルの初期のパディントン(70年代半ばまでのもの)にはどうやら価値があるらしいが、うちのは初期のものではない。初期のものかどうか見分ける方法は、足の形(クマに付いてるラベルには「1972」と商標登録の年号が入っていて、製造年は入ってない)。このページに説明があるけど、左の写真のようにまっすぐの棒をスパッと切ったような足が初期のデザイン。

パディントンが履いてる長靴も、初期のものは Dunlop社の長靴だったが、供給が追いつかなくなり、80年代以降は靴底に足跡の模様とPBの文字が入ったオリジナルの長靴になったらしい。

ところで、たぶん79年あたりに生まれたとおぼしき、うちのパディントンの長靴はダンロップなのである。長靴の赤いゴム部分が経年劣化でベタベタしてきたので、捨てようかな〜と思ってたけど、どうしよう。そもそも長靴履かせないと立たないし。しかしこのベタベタはどうしたらいいのかね。
by rivarisaia | 2012-12-11 21:36 | モノ | Trackback | Comments(2)