2017年 10月 20日 ( 1 )

アゲハようちえん2017越冬組とおまけの存在

今年のアゲハは夏ミカンの鉢から回収したのが遅くて、5匹育てたうちの2匹がおなくなりになり、3匹ほどが越冬中です。夏ミカンの鉢に幼虫がいるのを確認してから数日ほど油断していると、姿が消えてるんだけど、鳥が食べてるのかな。目ざといな。

さて、庭の鉢植えから回収したガチャピンが蛹になったんですけどね、なんか様子がおかしい。以前、アオムシコバチに寄生された蛹について観察した結果を報告しました。

この時、寄生された蛹はでれーんと伸びている、と書いたんですけど、今回もしまりない。

b0087556_23460520.png

右が通常の越冬蛹です。左の下の節目が伸びてるのわかりますか。心なしか色も悪い。でもアオムシコバチのはずはないと思うの、だって蛹化したあと気をつけたもんなーと、この写真撮った次の瞬間。

蛹がパカっと割れてね、蛆みたいな白くてころころした虫が出てきたんですけど…………! ヒイイイイイ! けっこう気持ち悪い!!

気色悪いので、パックリ割れた蛹ごとビニール袋に入れて放置していたら、数日後、こちらの方々も蛹化していた。2匹いたみたい。寄生蜂か、寄生蝿かどっちだろう。よくわからないので、袋に入れたままにしておきます。どうやらこの2匹も越冬するみたいだよ。

というわけで、このおまけの寄生の蛹も写真を撮ってみたのでのせますが、気持ち悪さを軽減するために、植物とかあしらってインスタっぽい加工を施してみました。どうかしら。

b0087556_23532516.png
下のほうに写っている、黒い豆のような種のようなブツが寄生蜂だか蝿だかの蛹。何かが出てきたらまたご報告いたしますね。


[PR]
by rivarisaia | 2017-10-20 23:56 | 生きもの | Trackback | Comments(6)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る