人気ブログランキング |
夏のお出かけ、博物館めぐり。お盆に訪れたのは、いわゆる「田舎のおばあちゃんち」っぽさが漂う野外博物館2箇所。最初はこちら。

b0087556_23004200.jpg

川崎市立日本民家園サイト
神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1
開園時間:3月~10月:9時30分〜17時/11月~2月:9時30分~16時30分
休園日:月曜日(祝日は開園)、祝日の翌日(土日の場合は開園)年末年始
入園料:一般:500円


日本の古民家を中心とした野外博物館。江戸時代の民家などが移築・展示してあり、中に入れる家もあります。江戸東京たてもの園や明治村と同じ、建物好きにとって楽しいところ。この日はちょうど囲炉裏で火を燃やしている家がいくつかあり、またボランティアのおじさんから家のディテールに関して「へええ!」となるような話を聞いたりして、充実しました。暑かったけど。

b0087556_23004263.jpg

面白いなーと思ったのがこちらの奈良県にあった井岡さんのおうちの台所。黒漆喰のかまどがあるのですが、写真右の大かまどは荒神様をお祭りするもので、お正月の餅つきのときだけ使用するのだそう。なので、榊などが供えてある。

園内は大体地方ごとにゾーンで分かれていて、民家はどれも似ているようでいて、地方ごとの違いが見られて興味深い。また、志摩半島の漁村にあった江戸時代末期の歌舞伎舞台も移築されていて、ここでは時々歌舞伎を上演しているようなので、機会があったら観てみたいなー。

企画展示や季節の行事(この時はお盆のお供えの展示などがあった)などにも力を入れているようなので、サイトでイベントを確認してから訪れてもいいかもしれません。

数々の民家をじゅうぶんに堪能したあとは、車で移動して、どこに行ったかというと。

b0087556_23004231.jpg
遺跡庭園「縄文の村」サイト
東京都多摩市落合1-14-2
開園時間:9:30〜17:00(11月〜2月は遺跡庭園「縄文の村」のみ16:30まで)
休園日:年末年始(そのほかの休みはサイトで要確認)
入園料:無料

東京都埋蔵文化財センター(展示や体験コーナーがある)に併設されている縄文庭園。縄文時代の植生を再現した森に、3棟の住居が復元されています。ここには縄文時代に集落があったんだって(多摩ニュータウンNo.57遺跡)。

そしてここでもまた、住居内で焚き火が行われていた。やっぱりこうした茅葺の建物は定期的に煙でいぶさないといけなくて大変である。サイトの紹介文をみると

炉を囲みながら縄文人気分に浸ってください

と、悠久の縄文浪漫を満喫してうっとりできそうなことが書いてあるんだけれども、実際にはものすごくけぶい。たいそうけぶくて一瞬でギブアップ。縄文人は煙くなかったのだろうか。

b0087556_23004288.jpg

建物の入り口付近にあった縄文土器。こんなふうに木の実がたっぷりつまってると「ていねいな暮らし」的なおしゃれ雰囲気が出ますよね。いや、別に出てないか。





# by rivarisaia | 2019-08-22 23:51 | 旅行・お出かけ・さんぽ | Trackback | Comments(0)

渋谷の博物館さんぽ

連日暑くて生きてるだけで熱中症になりそうな8月ですが、世間のお盆休みには蒸し暑い中、出かけました。まずは渋谷近辺の博物館。

b0087556_22554382.jpg

渋谷区ふれあい植物センターURL
東京都渋谷区東2-25-37
開園時間:10:00~18:00
休園日:月曜日(祝日または振替休日の場合は翌平日)
入園料:100円

以前しょっちゅう渋谷に出かけていた頃、たま〜に寄ったりしていた小さい屋内型植物園。え、こんなところに?という場所にあります(清掃工場の隣にあって、ゴミ処理で作られた電力を利用している)。

温室が吹き抜けになっていて、2階には図書コーナーや飲食可の休憩コーナーがあって、熱帯の植物を眺めつつまったり過ごせる。

渋谷駅から歩いてもいいし、田町行きか新橋行きの都営バスで渋谷車庫前下車ですぐです。

そして、ふれあい植物センターから明治通りに出て、まっすぐ坂を登ると到着するのがこちら。

b0087556_22525648.png

國學院大學博物館URL
東京都渋谷区東4-10-28
開館時間:10:00~18:00
休館日:不定期(開館日:通年、土・日・祝日含む)
入館料:無料

面白い企画展もしばしば行われているんだけども(今回は「浮世絵ガールズ・コレクション―江戸の美少女・明治のおきゃん―」)、常設展の神道展示室(写真撮影不可)や縄文土器が充実している考古展示室(写真撮影OK)がとてもよい。

縄文土器の縄見本と土器見本が模様ごとに分類されて一覧できる引き出しもあります。

そして博物館の正面の通りを挟んではす向かいあたりにあるのが、渋谷区の郷土資料館です。


b0087556_22532263.png

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館URL
東京都渋谷区東4-9-1
休館日:月曜日(祝日の場合は直後の平日)、年末年始
入館料:100円、小中学生:50円

ここも楽しい! 写真撮影ができる展示とそうでない展示があります。地下は渋谷区ゆかりの文学者コーナー。1階は図書コーナーと企画展。そして2階は渋谷区の歴史にそった展示室になっていて、これがけっこう充実していて楽しい。

渋谷区でナウマンゾウの化石が出たとか知らなかったし、本物の縄文土器のかけらを触ることができたり、粘土で模様もつけたりできる。

b0087556_22531625.png

國學院で見てきたばかりですからね、縄文の模様の引き出しを。さっそく模様つけてみたよね。

農村地帯だった頃の渋谷には牧場もあった。そういえば広尾のハンバーガー屋ホームワークスのあたりも牧場だったんですよ。以前、建物にこんなパネルがついていたので、「へえ」と思って写真を撮っていたのだった。

b0087556_23351696.jpg
渋谷の牧場の牛乳ビンなんかも展示されています。

それから渋谷といえば恵比寿ビールなので、ビール工場の展示があったり、昭和に入ってからのオリンピック関連の展示もあったりするんですが、いちばん気に入ってるのが、昭和初期のアパートの部屋再現展示。実際に部屋にあがってタンスの引き出しとか開けてのぞいたりできて、すごく楽しい。写真撮影も可です(上の水道の写真が台所)。

郷土資料館は新宿歴史博物館もおすすめですけど、渋谷もおすすめ。

今回の特別展示は「新収蔵資料展」で、ジュネス純心や同潤会アパートの部材やハチ公関連の資料など。

ハチ公なんだけど、すごい不遇な犬だったのね……。渋谷駅でも最初は蹴られたりジャマ扱いされたりしていて、見かねた人が新聞に記事を書いたところ、人々が掌を返したように親切になって寄付も集まったという……。ひどいな、人間って!



# by rivarisaia | 2019-08-19 23:52 | 展覧会ほか | Trackback | Comments(0)
b0087556_20433715.png

Miracle Creek』Angie Kim著、Sarah Crichton Books

ヴァージニア州の小さな町。韓国人の移民の夫婦パクとヨンが、高気圧酸素治療(HBOT)を提供しているクリニックを運営していた。

HBOTは自閉症から不妊症までさまざまな症状に効果があるとされており、定期的に通って治療を受けている患者もいたが、同時にクリニック周辺ではHBOTに対する激しい反対運動も起きていた。

そんなある時、クリニックで爆発が起こり、2名が死亡、複数名が重傷を負う。しかしそれは事故ではなく、容疑者が逮捕されて裁判が起こるのだが……

主に裁判を中心に話が進み、さまざまな登場人物と彼・彼女らの背景が次第に明らかになっていく。裁判と事故の真相を探るミステリーなんだけど、それだけではなくて、母国から希望を持って(子供の将来のために)アメリカに渡ってきた移民と、そのアメリカにうまく馴染めないでいる子供が抱える苦悩、アジア系のアメリカ人(特に女性)がしばしば経験する不愉快な思い、そして障害をもつ子供を育てている親が日々直面する困難といった事柄が丹念に描かれていて、それぞれ事情はまったく異なるものの、どれも痛いほど気持ちが伝わってくる。とてもつらい。

容疑者として逮捕されたのは、シングルマザーのエリザベス。いつもなら彼女は自閉症の息子と一緒にHBOTのチャンバーに入るのに、その日に限って、息子を友人に託し、自分は外でワインを飲んでくつろいでいたのだった。

ところが裁判が進むにつれて、経営者であるパクが多額の保険金をかけていたことが発覚。娘を大学にやるための資金のために自ら施設に放火したのでは?という疑惑が生まれる。同時に、HBOTによる自閉症の子供の治療に反対しているデモ隊が脅迫をほのめかしていたことも明らかになる。

エリザベスは本当に犯人なのか。

数々の小さな嘘、よかれと思って言ったこと、言わなかったこと、積み重なる誤解が大きな悲劇が起きてしまう。そしてその悲劇が関係者全員の人生を大きく変えることになる。言葉ひとつにしたって、それが発せられた状況をよく知れば、意味が全然違ってくるのだ。

裁判もののミステリーかな?と思って読み始めたら、ページターナーな上にかなり複雑で感情を揺さぶる重層的な物語だった。Celeste Ngの小説が好きな人にもおすすめ。




# by rivarisaia | 2019-08-07 20:56 | | Trackback | Comments(0)
なかなかおもしろい本を読みました。

b0087556_18373877.png
Gods of Jade and Shadow』Silvia Moreno-Garcia著、Del Rey

1920年代のメキシコを舞台にしたロードトリップ小説なんだけども、異色なのはマヤの神話を取り入れたファンタジーで、主人公であるヒロインのカシオペアが、冥界の王であるフン・カメーと旅に出る、という設定であるところ。

なにゆえに冥界の王と旅するはめになってしまったのか。

18歳になるカシオペアはメキシコの小さな町で生まれ育ったのだけれども、父親が死んでしまってからは母親とともに母方の実家に身を寄せている。金持ちである祖父の屋敷では、カシオペアはインディオの血が入っていると蔑まれて家政婦のようにこき使われ、いとこのマルティンからも毎日のように嫌がらせを受けていた。
そんなある日、カシオペアは祖父がいつも首から下げていた鍵をたまたま手に入れる。それは部屋のすみにある箱の鍵で、もしも中に詰まっているのが金貨なら、2、3枚くすねちゃってもわからないよね?という気持ちで、彼女は箱を開ける。
しかし中に入っていたのは、金貨ではなく骨だった。そして開けた際に骨のかけらが彼女の手を傷つけ、その傷から流れた血で、冥界シバルバーの王フン・カメーが蘇ってしまう。

素っ裸で蘇ったフン・カメーがカシオペアに着る物を持ってこさせる際、キリスト教徒であるところのカシオペアは「結婚もしてないのに男性の裸を見ちゃった。わたし地獄に落ちるかも……」と動揺する。この思考パターン、その後もたびたび登場して「結婚もしてないのに男性と一緒のホテルの部屋に! 地獄に落ちるかも……あ、でもフン・カメーは男性じゃなくて神だからいいの?」と悩ましいカシオペアなのだった。

フン・カメーは、弟ヴクブ・カメーの策略にはまって王位を追われ、体のパーツをいくつか盗られて隠されているので、まずそれらを取り返して王位も奪還せねばならない。しかし骨のかけらがカシオペアの手に入ってしまっているために、ぐずぐずしているとパワーが薄れて人間になってしまうし、カシオペアの命も失われてしまう。

というわけで、冥界の(元)王フン・カメーとカシオペアは旅に出ることに。しかし当然ながらそれを知ったヴクブ・カメーの魔の手がふたりに迫るのであった……。

全体に手に汗握るようなハラハラドキドキ感はそれほどでもなく、どちらかというとほのぼの旅してる印象もあるんだけど、いかんせんマヤなので、首を切り落としたり、血を流したりする場面もけっこうある。マヤ神話のモチーフがあれこれ登場するのが楽しいし(巻末に用語集もついてて、もっと知りたくなっちゃうね)、最後の終わり方もとてもよかった。話としては一応は完結するとはいえ、続編が出たら読みたい。

最初にふたりが助けを求めに行ったのが、地獄の弓矢の大公爵こと悪魔のロレイで「悪魔だから立場的には中立」「彼に魂を売らない限り、安全」ってことらしいんですけど(本当に?)、このロレイがなんとも言えずすごくいいキャラで、個人的にはかなりポイント高かったです(別名レラジェ、でWikipediaにも項目があるよ。この小説では緑色の目をしてます)。もしも映画化するなら誰がいいかな〜。



# by rivarisaia | 2019-08-01 19:11 | | Trackback | Comments(2)

ゴールデン・リバー

1か月近くずーーーっと曇りや雨の、沼の底にいるような東京でしたけど、やっと晴れたよ!

ちょっと前にこの映画を観たのだった。グッバイ、父権制!

b0087556_18481556.png
ゴールデン・リバー(The Sisters Brothers)』監督:ジャック・オーディアール


パトリック・デウィットによる、何もかもが裏目に出ちゃう兄弟が活躍(?)する、すっとこ西部劇『シスターズ・ブラザーズ』の映画化。監督が『預言者』のジャック・オーディアールです。

1851年、ゴールドラッシュのアメリカ。凄腕の殺し屋“シスターズ兄弟”は、雇い主の"提督"から山師のウォームという男を始末するよう依頼される。ウォームを追ってオレゴンからカリフォルニアに向かうシスターズ兄弟。いっぽうウォーム、提督の連絡係であるモリスに近づき……

原作とは細かいところがいろいろ違うのはいいとして、雰囲気もまるで違うからちょっとびっくりした。原作はどちらかというと、やることなすこと裏目に出っぱなしの殺し屋兄弟のトホホな珍道中で、コーエン兄弟とウェス・アンダーソンをぐるぐる混ぜて割ったみたいな感じだったから。映画は映画でよいと思うし、どこで撮影したんだろ?と気になってしまうような雄大な景色や、ジョン・C・ライリーとホアキン・フェニックスのシスターズ兄弟に、ジェイク・ギレンホールにリズ・アーメッドという連絡係と山師という配役もよかったです。

ただ鑑賞中に、わたしが原作に引っ張られてしまうところがあって素直に楽しめなかったのがちょっと残念。その主な理由はふたつあってひとつは「馬」です。

原作の感想にほぼ馬のことしか書いてないことからわかるように、わたしは馬とイーライの関係がすごく好きだったので、オーディアール監督、ダメ馬タブにさほど思い入れないなら、無理にクマを出さなくてもよかったんやで……。

もうひとつは、連絡係と山師コンビにもフォーカスしてるために4人の物語のようになっていたので、シスターズ兄弟の踏んだり蹴ったりなエピソードが薄まったような気がすることですが、これは構成上しょうがないかなーという気もする。

黄金を手に入れようとしてがんばったけど、失ったものは大きすぎて、けっきょく最後にたどり着いたところは? というお話。

b0087556_19185714.png

このポスターもすごくいいね。


# by rivarisaia | 2019-07-24 19:25 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(0)
7月に入ってからずっとお天気が悪い東京ですよ。人間は風邪を引くし、猫も高齢のせいもあって調子が今ひとつである。

数年前の夏のはじめに1か月近く雨続きだったことがあったの覚えてますか? あのとき、我が家は部屋のあちこちにカビが生えてすっごく大変な目にあったので、今回も戦々恐々としながらこまめに除湿機をつけている。あの長雨のときは大惨事で、なにせ本棚の本もカビてしまい、どうしようもなくて処分した本もあったので、今年はたまに本に風通しをしたりもしてるんだけど、どうだろう。

そして、ここ数年開園に難ありのアゲハようちえんですけど、去年は越冬蛹がゼロの状態でした。それでも庭にはアゲハがやってきていて、ちょこちょこと羽化したりはしてる。
b0087556_23185594.png
しかし先日、植木鉢のミカンにいた幼虫が、保護する前にどこかに消えていた。どこ行っちゃったんだろうなー。

そろそろカラッと晴れてくれないと、植木もしおしおになりそう。今年のゴールデンウィークに益子の陶器市に行った際に棉の種をもらったので、ためしに植えてみたら芽が出てだんだんと伸びてきたんだけども、こんなに毎日湿ってたら根腐れしそう。

b0087556_23242387.png
もらった棉の種はこんな感じ。2種類。タネのまわりにほわほわと綿毛がついてる。



# by rivarisaia | 2019-07-12 23:26 | 生きもの | Trackback | Comments(0)
先月の反省(会期終了ぎりぎり駆け込んだり、結局見逃したりという)をふまえて、早々に観に行きました。

b0087556_22555932.png
塩田千春《静けさの中で》2008年/2019年


「塩田千春展:魂がふるえる」公式サイト
会期:2019年6月20日〜10月27日
場所:森美術館 


実際に作品を観るまでは、鬼気迫る何かを感じて怖いと感じるのでは?と想像してたんだけど、会場に入ってみたらそういう怖さのようなものはなくて、そこが意外だった。そしていまひとつ、まだうまく消化できてない。

インスタレーションは全体的に舞台美術のような印象が強くて、そのせいなのか、空間に他の鑑賞者がいるほうが断然作品に血が通って見えるような気がしたり。

b0087556_23161431.png
塩田千春《小さな記憶をつなげて》(部分)2019年

私が一番好きなのは、ひとつの作品の中のこの一部分。これをじっくり見てから、移動した最後の展示室にたくさんのスーツケースが吊るされていて、「あら!」となりました。





# by rivarisaia | 2019-07-04 23:24 | 展覧会ほか | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや