人気ブログランキング |

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:飲食( 96 )

家人が仕事でイタリアに行ってたので、「イタリアか…もうじきパスクア(復活祭)じゃないか。イースターのお菓子でも買ってきておくれよ〜」と頼んだところ、おそらく町中の菓子屋はイースター菓子山積みの季節だと推測されるのですが、さすがに菓子屋に立ち寄る時間などはなかったとみえて、それらしきお菓子のお土産は残念ながらなかった。唯一、イースターらしいものがこれ。

イタリアのお菓子1:チョコパイ_b0087556_21474295.jpg


「Sfoglia con crema alla nocciola(へーゼルナッツ・クリーム入りのパイ)」。大きさは5〜6センチくらいで、中にはヘーゼルナッツ味のチョコクリームがつまってます。1パック6羽入り。要はヌテッラが入ってるようなものです。イタリア人は何故にあんなにヌテッラが好きなのだろうか。季節限定のバケツのような容器に入ったヌテッラをみたときには、胸焼けがしたね…。

けっこう甘かった(中のクリームが)ですが、なんだかんだ言いながらぺろりと食べてしまったのがおそろしや。

イースターらしいという理由は、形がハト(コロンバ)だからです。本当はその名もズバリ「コロンバ」というお菓子を所望したのですが、さすがに見つけてもデカすぎて持って帰ってこれないか…。コロンバとは、クリスマスに食べるパネトーネがハトの形をしている、と考えればいいようなお菓子。要はハトの形をしたドライフルーツ入りのパンです。この時期にイタリアに行く人はぜひ食べてみてねー。
by rivarisaia | 2011-04-19 21:57 | 飲食 | Trackback | Comments(0)
仕事でオランダに行っていた父よりいろいろとお土産をもらったんですけど、なかでもこりゃかわいい!と思ったのがこれ。

オランダのミニチュアハウスに入ったお酒_b0087556_2271924.jpg

陶器でできたミニチュアハウス。ボトルになっていて、中にはルーカス・ボルスのジェネバー(ジン)が入ってます。ジンってもともとオランダ発祥のお酒なんですってね。ジェネバーはより昔の味に近いらしい。へええ。煙突の部分にロウで封がしてあって、これをはがして中味を出せ、と。

オランダで買ってきたのかと思いきや、どうやらKLMでもらったらしい。一緒にこんな冊子も付いていた。
オランダのミニチュアハウスに入ったお酒_b0087556_2271156.jpg

冊子によると、ルーカス・ボルスは世界で最も古いリキュールメーカーだそうですね。古いオランダの家のボトルに、世界最古のメーカーのお酒を入れてます、ということですね。なるほど。
オランダのミニチュアハウスに入ったお酒_b0087556_227440.jpg

土地の名前と一緒に、いろいろなデザインの家(のボトル)が掲載されてまして、どれもいいなあ。これは集めたくなっちゃうよねえ、などと言ってたのですが、最後のページを見ると…
オランダのミニチュアハウスに入ったお酒_b0087556_2265610.jpg

ええっ!? 90個もあるの!? 出張のささやかな愉しみとして、ビジネスでKLMを多用する人が集めたりするんでしょうか。でもエコノミー席じゃもらえないよね…。

中味のジンの味につきましては、まだ飲んでないので不明です。
by rivarisaia | 2010-09-09 22:30 | 飲食 | Trackback | Comments(4)

梨山茶と鳳梨酥

そういやこのブログに中国茶カテゴリがあったことなど忘却の彼方…。いやしょっちゅう飲んでるんだけどね。ってことで、先日台湾の知人からいただいた梨山茶&鳳梨酥(パイナップルケーキ)。

梨山茶と鳳梨酥_b0087556_19465661.jpg

梨山茶は沸騰したての熱湯でいれるとよいです。爽やかでさっぱりしてるけど、果物のような味わい。いい香りがして美味しいなー。冷やして飲んでもいいのかもしれない(やったことないけど)。お茶請けのパイナップルケーキは大量にもらったのに、あっという間に消えてなくなった。


さて、W杯は欧州勢のあまりの混乱ぶりにめまいがして、まだ第2戦だからわからないとはいえもう笑うしかない感じですが、お茶でも飲んで気分を落ち着けようかと思う。いっぽうで南米は調子がいい。日本もなかなかがんばっている。オランダには負けたけど、よい試合だったし、イタリアの新聞も日本をホメてたよ!

そして欧州勢低迷のなか、ポルトガルがダメな感じなのはいつものことなので無問題です。強豪と言われてるけど、ポルトガルはもともとしょっぱいチームで、そのしょっぱさが味わいです。今夜はそんなポルトガル戦。もしかすると、こんな時こそ結構イケるかもしれないわ!

追記:本日さきほど、北朝鮮相手に7−0とポルトガルは圧勝しました。。。あのロナウドすら1ゴール。なんかの冗談かと思うようなお茶目ゴールを決めていました。まあ途中、自分でシュートにいかず相手にパスを出すロナウドに、「大人になったのう」と思いましたが、自分だけゴールしてなくて超不機嫌になっている様を見て前言撤回。相変わらず変わってないね!次もこの調子でいってください!
by rivarisaia | 2010-06-21 20:03 | 飲食 | Trackback | Comments(0)

チョコレートボンボン

いっぱいお酒もらっちゃったー。ほら、どーん!

チョコレートボンボン_b0087556_23355713.jpg


正確には親がもらって、半分お裾分けしてもらったんですけどね、いろんな種類のお酒の入ったチョコレート。いちどにたくさんは食べられないので、毎日楽しみに味わっている。

よく振ってから、銀紙を向いて底から食べると説明書きにはありました。へー。
ウォッカやウイスキーもあるんですけどね、個人的にはグラン・マルニエがいいなあ。

…と食べながら思い出しましたが、ココで書いたブランデー漬けチェリーがぜんぜん減らないんだよね。シャブロルの『肉屋』のようにパクパク食べるようにはいかなかった(砂糖が少なかったせいか?)。これはブランデー漬けチェリー入りチョコレートをつくったほうがいいのだろうか。めんどうだけど。
by rivarisaia | 2010-01-09 23:43 | 飲食 | Trackback | Comments(2)

チェリー味は微妙でした

以前、こんなことを書いたんですけども。ルートビア、ドクターペッパー、チェリーコークは三大炭酸飲料!と言い切った私は、先日ドクターペッパーのチェリー味を見つけたので購入してみました。

チェリー味があるらしいということは知ってたけど、飲むのは初めて。ついでにルートビアの「DAD'S」も買ってみた。
チェリー味は微妙でした_b0087556_23451247.jpg

「チェリー味」と付くものは、人工的で身体に悪そうだけど、なぜか好きなんだけど…うむ、これは…微妙。ドクターペッパーの「20種類以上のフルーツ・フレーバーをブレンドした独特の味わい(公式サイトより)」が、当然のことながら強烈なチェリー味でかき消されてしまい、チェリーコークと何が違うのかよくわからないことになってます(ま、チェリーの背後にほのかにドクターペッパーっぽい姿がかいまみられるような感じはする)。

ふつうのドクターペッパーのほうがおいしい。しかもこれにくらべたらチェリーコークのほうがパンチがあるので、「チェリーコーク>ドクターペッパーのチェリー味」かなあ。

いや、それよりも「DAD'S」のルートビアですよ。おいしい!A&Wより好きかも。ルートビアは近所で売ってないので、どうせならもっと買いだめておくんだったーとちょっと後悔中。
by rivarisaia | 2009-10-05 23:59 | 飲食 | Trackback | Comments(0)

スペイン菓子とコラカオ

この連休、予定が立て込んでたのでスペイン関連の映画祭を断念したわたくし。代わりにと言っちゃなんですが、もらいもののスペインのお菓子食べてました。

スペイン菓子とコラカオ_b0087556_18451073.jpg

モチーフは闘牛、色は当然赤、という、いかにもスペイン土産な箱を開けると、
スペイン菓子とコラカオ_b0087556_18452082.jpg

よりどりみどりのスペイン菓子が〜! いろんな種類があるはずなんですけど、チョコ味以外は全部同じ味だったのは気のせいでしょうか。すべてポルボロンっぽい感じ(口の中でほろほろする)。素朴で美味しゅうございました。

そして、もうひとつ、謎の粉末ドリンク「ColaCao」ももらったので飲んでみる。
スペイン菓子とコラカオ_b0087556_18453078.jpg

コーラ…?でもカオってことはカカオ?とちょっとびびったのは内緒です。これは、ふつうにチョコレート飲料。あっためた牛乳に溶かして飲んだけど、おいしい。

調べてみると、Wikipediaにも日本語で項目があるのね(参照)。読んでみると非常に興味深いですよ。スペインでは、「たいていどこのバールでも注文できる」。へええ! しかも日本でも「コラカオ」として販売されてたなんて知らなかった。

原材料にはカカオのほかにコーラ(植物)が使われているらしく、植物のコーラを見ると次のように書いてあります。
イスラム文化においてはコーラ・ナッツは唯一許された興奮剤であった。そのため、サハラ交易でも古くから注目されて取引された。(コーラの記事

なるほど。グラナダ王国でもコーラ・ナッツ食べたりしたのかしら〜、などと想像すると楽しいね。

そんなコラカオですが、去年「クレヨンしんちゃん」とタイアップしてたんだって。
そうだったのか…。しんちゃんはスペインでも活躍してたのね。
by rivarisaia | 2009-09-24 19:20 | 飲食 | Trackback | Comments(0)

ブランデー漬けチェリー

毎年、うちにはさくらんぼがたくさん送られてくるので、それが6月の楽しみでもあるわけですが、今年はいつも以上に「よっ!待ってました!」な気分。

それというのも、ココで書いたシャブロルの『肉屋』のブランデー漬けチェリーの場面が忘れられないから。もうすっかり私のなかでは、『肉屋』っていえばチェリーをパクパク食ってたよね!という印象になっている。あるいは、死体見つける場面でチョコパン食べてたよね!とか。それもどうかと思う。でも、あのチョコパンの存在はとてもフランスらしい。

なにはともあれ、さくらんぼだ。
さっそく漬けてみた。
ブランデー漬けチェリー_b0087556_22412286.jpg

軸を取るべきか、取らざるべきか悩んだので、取ったバージョンと取らないバージョンでやってみました。『肉屋』では軸がついてたよねえ、確か。自分で漬けてて実感したけど、あんないきおいで食べてたら、間違いなく酔っぱらうと思う。目下の悩みは、砂糖の分量がいまひとつわからないこと。かなり甘くするべきなのだろうか。数ヵ月後の出来具合をみて、来年再チャレンジすればいいね。
by rivarisaia | 2009-06-24 23:01 | 飲食 | Trackback | Comments(2)
後半戦に入っているジロ・デ・イタリア。昨日おとといのサストレはすんごかったです。

サストレどこ走ってるの?え、そんな後方にいていいのか?
 ↓
自由人ことポポヴィッチが独走中!はやーい!
ところで、サストレってどこにいるの?
 ↓
ダンディもメンショフもけん制中。
サーヴェロのアシストの人が前に出てきた〜。でもサストレ不在。
アシストも振り返って探してますけど?
 ↓
突然躍り出たサストレ、あらいたの!?と思う間もなく、ぐんぐん走って、
抜かれたポポヴィッチ「えええ!」
 ↓
そのままサストレがゴール。
「さすが、羊の皮をかぶったオオカミ」(by 栗村さん)

スポンサー問題が解決してないアスタナ・チームの面々が、後半では無線機を外して走っている場面で「指示を出すなら、金を出せってことですね」と栗村さんがコメントしていたのがツボでした。給料未払いのアスタナのメンバーには、深く同情中。
ヴェネツィアのカクテル、ベッリーニ_b0087556_22251254.jpg

さて、今年のジロはヴェネツィアがスタートだったので、ヴェネツィアといえば超老舗のハリーズバーで生まれたカクテル「Bellini」を飲みながら鑑賞中なんですが、
これが....ものすっごく美味しい。桃ジュースのようだ。

久々にヒット。もう1本買えばよかったと激しく後悔中。こちらはCanella社のベッリーニなので、いつか本場ハリーズバーのやつを飲みに行きたい。

そして、今日はCL決勝なのよね。ああもう、寝られないわね...。しかも、いま仕事でやりとりしている某英国人がやたら浮き足だっており、明日以降、調子よく私の依頼に応じてくれるのか、それともショックのあまり音信不通になってしまうのかの瀬戸際でもある。私も他人のことは言えないんだけどさ!
by rivarisaia | 2009-05-27 22:44 | 飲食 | Trackback | Comments(4)

あざらしサイダー

うわさには聞いていた『あさひやまどうぶつえんの あざらしサイダー』なるものをなぜか都内某所で目にしまして、栄養ドリンク並に瓶が小さいので、どうかと思ったけどうっかり購入。
あざらしサイダー_b0087556_2141069.jpg

なぜなら、ラベルの裏面に大笑いしたからだ。

あざらしサイダー_b0087556_2141951.jpg

つくづく商売上手だと思いました。味はふつうにおいしい。よく考えてみるとこの大きさが逆にいいのかも。
by rivarisaia | 2009-05-18 21:26 | 飲食 | Trackback(1) | Comments(0)

イースターチョコ

明日は復活祭ですよ!おめでとうー!と、ただひとり我が家でテンションの高い私です。

ちょっと前に復活祭のために購入し、いままで食べずにずっとがまんして、ありがたく飾っていたイースター用チョコレートの写真でも紹介してみます。
イースターチョコ_b0087556_22293292.jpg

復活祭が来ると、春だわねーという気がするわけです。復活祭の菓子はなかなか売ってないのでチョコでがまんしてますが、この時期のイタリアで店頭に並ぶバカでかい卵型チョコも一度でいいからもらってみたい。代官山のイタリアスーパーあたりに売ってるのかしらね。コロンバ(鳩の形のケーキ)なら売ってそうだけど。

しかし、イタリアといえば、アブルッツォの人々にとって、今年はつらい復活祭になりますね...。Dio vi benedica e vi dia la forza e coraggio.
by rivarisaia | 2009-04-11 23:41 | 飲食 | Trackback | Comments(2)