人気ブログランキング |

カテゴリ:食べ物( 68 )

あざらしサイダー

うわさには聞いていた『あさひやまどうぶつえんの あざらしサイダー』なるものをなぜか都内某所で目にしまして、栄養ドリンク並に瓶が小さいので、どうかと思ったけどうっかり購入。
b0087556_2141069.jpg

なぜなら、ラベルの裏面に大笑いしたからだ。

b0087556_2141951.jpg

つくづく商売上手だと思いました。味はふつうにおいしい。よく考えてみるとこの大きさが逆にいいのかも。
by rivarisaia | 2009-05-18 21:26 | 食べ物 | Trackback(1) | Comments(0)

イースターチョコ

明日は復活祭ですよ!おめでとうー!と、ただひとり我が家でテンションの高い私です。

ちょっと前に復活祭のために購入し、いままで食べずにずっとがまんして、ありがたく飾っていたイースター用チョコレートの写真でも紹介してみます。
b0087556_22293292.jpg

復活祭が来ると、春だわねーという気がするわけです。復活祭の菓子はなかなか売ってないのでチョコでがまんしてますが、この時期のイタリアで店頭に並ぶバカでかい卵型チョコも一度でいいからもらってみたい。代官山のイタリアスーパーあたりに売ってるのかしらね。コロンバ(鳩の形のケーキ)なら売ってそうだけど。

しかし、イタリアといえば、アブルッツォの人々にとって、今年はつらい復活祭になりますね...。Dio vi benedica e vi dia la forza e coraggio.
by rivarisaia | 2009-04-11 23:41 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)
先日、鳩サブレの豊島屋で『KOBATO(こばとチョコ)』なるものを購入いたしました。

b0087556_22563625.jpg

あれ、もうイースターでしたっけ?と思った私ですが、豊島屋とイースターは何の関係もないだろうよ、とずいぶん後になって気づいた次第です。あくまで鳩であって、ヒヨコじゃないし。たぶんバレンタインデーからホワイトデーにかけての商品とみた。

アメリカに「Peeps」というマシュマロのお菓子があって、ここがイースターになると黄色とかピンクのヒヨコのマシュマロやウサギのマシュマロを売り出すわけですよ。「Peeps」で画像検索すると、いろいろ出てきます。

その昔、わーそろそろイースターかー!と「Peeps」を買っては、その微妙な味わいに買うんじゃなかったと後悔するのが春の習わしになってたことを思い出しました。マシュマロ自体があんまり好きじゃないのに、見た目がかわいいからウッカリ買っちゃったりするんですよ。マシュマロは棒に突き刺して火であぶって食べるのが最高に美味しい食べ方だと思いますが、「Peeps」でこれをやると、見た目が気持ち悪いことになるので要注意です。

それを思うと、こばとチョコはふつうのホワイトチョコレートでふつうに美味しかったです。小さいので一瞬でなくなるのが難点といえば難点。しかしこの大きさだからこそかわいいので、一瞬で食べちゃってあれれー?と思うくらいがちょうどよいですね。

ちなみに今年のイースターは4月12日なのでずいぶん先です。その前に明日がひな祭りであることに今気づいたー!
by rivarisaia | 2009-03-02 23:22 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

縁起菓子:ふくとこ宝船

正月なんてとっくに過ぎてるのに、いまごろになって休みボケ人間のようになってきた私です。まー、私はもともと反応が鈍い人間ですからね…。
ああ、働きたくない!(←結局、これが言いたいだけの本日は月曜日)

先日、都内某所の高級食材店にて「季節品にてセール品」となっていた縁起菓子を購入し、そのせいで正月気分がぶり返したのかもしれません。
ずいぶん前に紹介したオトギクズユをつくっている加賀の諸江屋さんのお菓子でございます。

その名も、七福神様入 ふくとこ宝船
b0087556_23182642.jpg

数年前の年末に、銀座のデパートで買おうとしたら売り切れだったという記憶が。
宝船の形をした紅白のせんべい(もなかの皮みたいな感じだけど、おいしかった)のなかに、"加賀百万石の郷土玩具土人形でできた七福神"と和三盆のお菓子が1個ずつ入っているというたいそうおめでたいお菓子ですよ!

ということで割ってみたら、勢いよく割りすぎた…。

b0087556_23183532.jpg


中央の紙はおみくじではありません。「この人形は食べられません」というただの注意書きです。人形が福々しくてよいねー!

ちなみに、諸江屋さんの「福徳せんべい」という縁起菓子もかなりグッとくるものが。
同じようにもなかの皮のなかに金平糖や土人形が入ってるんだけど、決めた!来年の正月こそ、これだ、これを買おう!…って、ずいぶん先の話なんですが。

・諸江屋さんのサイト
・諸江屋さんのネットショップのサイト
(季節商品の福徳せんべいを見よ! 「辻占 福寿草」もちょっと気になる。)
by rivarisaia | 2009-01-19 23:40 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)
新年、とっくに明けてますが、どうぞことしもよろしくお願いします。
そして仕事始めの初日からブッ飛ばして働いてしまい、新年早々なんかつかれた。
b0087556_22572088.jpg

100通近く海外にメールを送らねばならなかったんですけど、「サンディは1月6日まで休みです」「ジョージは1月11日まで休みです」という自動返信が山のように返ってきてイヤになってきた…。

しかし疲れた本当の理由は、私が休みボケしてるせいかも。お正月休みは映画にも行かず、本も読まず、心身ともにだらりと過ごしてましたからね!

さて。写真はどこかで買ったFentimans の「Ginger Beer」なる飲み物です。私にはちょっとパンチが足りない気がしました。ジンジャーエールはやっぱりウィルキンソンの辛口がいちばんおいしい。

ただ、Fentimansのサイトには気になる飲料がいくつか出てます。ヴィクトリアン・レモネードはおいしいのかなあ。もっとも気になるのは「Dandelion & Burdock」というブツですよ。「タンポポ&ゴボウ」ですよ。説明文に「独特なアロマ」と書いてあるんですけど、根っこっぽい味がするのだろうか。なんだその根っこっぽい味って…。
by rivarisaia | 2009-01-05 23:06 | 食べ物 | Trackback | Comments(4)
先日、リコリスの話を書きました。日本では好きな人が少ないリコリス。しかし先日のリコリスもなんだかんだ言いながらもバリバリ食べちゃってる私としては、好きなんだか嫌いなんだか自分でもよくわからないことになっています。

アメリカのひも状のリコリスはふつうに食べられるしなあ。ただ、北欧のサルミアッキだけはダメ。イタリアにも「甘くないリコリス菓子」があるらしいが、サルミアッキと似た味なのだろうか。ちなみに、まわりのイタリア人でリコリスが嫌いな人は皆無で「甘いのも苦いのもおいしい」「ジェラートのリコリス味もおいしい」「日本ではふつうに売ってないからさみしい」などと皆が口をそろえたかのように言う。

さて。

リコリス(甘草)はルートビアにも使われてるそうですが、ああ!私はルートビアは大好きですよ。これこそ「東京ではふつうに売ってないからさみしい」と言いたい。私の好きな炭酸飲料ベストスリーをあげるなら、

b0087556_1534291.jpg
・ルートビア(メーカーにもよるけど大抵どれもおいしい)
・ドクターペッパー
・チェリーコーク
 (以上、順不同)


ということになり、その次にウィルキンソンのジンジャーエール(辛いほう)とかアップルタイザーが続く。

ルートビア、ドクターペッパーともに薬っぽいにおいがすると言われがちだけど、私はあの香りが好きなの!ちなみにWikipediaでドクターペッパーを検索してみると、

好きな人の中には熱狂的なファンとなる者も多く、「人類が至った最高の飲料」との評価をする人もいる一方、〜以下略〜(Wikipedia


それは私、私のことですよ!「人類が至った最高の飲料」だと思うよ!

そんなことを考えてたら無性に飲みたくなり、遠方までわざわざ買いにいき三大炭酸飲料を自宅にそろえてみました(写真。ルートビアはA&W)。ルートビアを飲んだことがないという家人に味見させたところ、「ブワッ!何だこれー!」と口から吐き出されて非常に心外です。そのリアクションはいくらなんでも大げさすぎやしませんか。

今日は本当は映画を観にに行くつもりでしたが、あいにく雨が降ってきたので、家にこもって、むかし録画した映画でもみることにします。

ポップコーンはないけど、ドリンクはよりどりみどり!ふふ〜ん!
by rivarisaia | 2008-11-24 15:15 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)
代官山にイタリア食材のスーパーができたことがイタリア語の学校で話題になっておりまして、ちょっと前に近くに行ったついでに立ち寄りました。

まだユーロが安くなる前だったせいか、どれもお値段が張るので「あーパスタおいしそう〜。なんかこの缶詰おいしそう〜。こっちの瓶詰もおいしそう〜。宝クジにでも当たったら買うか!」と下見(あるいはひやかし)に来たかのような状態でおりました。

ちなみに「宝クジにでも当たったら〜」は物を買わないときの私の口グセですが、家人や友人からは「宝クジに当たって買うものがそれかよ!小さい夢だな、おい!」と必ず言われます。小さくて悪かったね!小市民なんだよ!

さて、店内をボンヤリうろついてた私ですが、そうちょくちょく来ることもあるまいと思い直しまして、お得そうだったサルシッチャ(腸詰め)とコレを買ったのだった。
b0087556_1537278.jpg

"キャンディー" と紹介されており、大きさの割にはバカ高かったけどパッケージの缶がかわいい→あとで何かに使えると判断したのが "箱派" のさがとでも言いましょうか。

帰宅してひとしきり家人に「缶のデザイン」を自慢したあと、開けてみると中味はこんな感じであった。
b0087556_15373921.jpg


ミントだね!とかじってみるとですね…
b0087556_15374781.jpg

あーーー!やっちゃった!これはリコリスじゃないかー!
右側がかじったあと。中が黒いのわかりますか。

いや、リコリスはものによっては好きなものもあるんだけど、イタリアのリコリスはあんまりおいしいと思ったことはない。しかも白いコーティング部分のミント味と混じって、後味がなんともいえない…。

「あ、俺は食べないからね」と後ずさりする家人。
「まさかリコリスとは思わなかったね!」と言いながら、缶をじっと見る。
b0087556_15375698.jpg

イタリア語で「リコリス」は「LIQUIRIZIA」というのか。
これで私も学んだよ!

が、缶の裏側をよーく見たら
b0087556_15381013.jpg

ちゃんと英語でも書いてあるじゃないの!よく見なよ、自分!

"キャンディー"の棚では、箱はかわいいが中味はマズイことを数年前のミラノで思い知ったブツも並んでおり、それを横目で見ながら「ふふふーん。パッケージにはだまされないもんねー」とか思ってた私はいったい何者でしょうか。

結局、こちらのリコリスですが、うちの両親はリコリス大好き人間なので、大部分を瓶に詰めてプレゼントいたしました。が、さんざんおいしくない、おいしくない、と言ってる私も、お腹が空いたある日、残ってた分をすべて一気にバリボリ食べちゃったことも事実です。
by rivarisaia | 2008-11-20 16:06 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)
どこにも出かけてませんけど、ただいまー。

仕事してるかオリンピックをぼんやり見てるかという二者択一の夏。つまんない。

本当は、オリンピックは夏より冬のほうが好きで、それはなぜなら私にとって冬季五輪=アイスホッケーワールドカップ(仮)だから。アイスホッケーだけは予選の段階から全試合見逃すまじと必死になってしまう冬季にくらべて、夏のオリンピックはなりゆき観戦。大いなるマスぢからを感じた開会式以降は、TVつけたときにたまたまやっていたものを見る。気が楽だ。

せっかく夏なのだから、悲痛な戦いよりも楽しげで清々しい戦いが見たいなーと思っており、これまでで清々しかったのは、激流をくるくる漕ぐカヤック、ハイテクな感じ漂うフェンシング、記録がぱかぱか出て大漁旗がたなびいているような雰囲気の水泳、余裕で走って世界新の100メートル走ボルトなど。あとは女子サッカーかなあ。

「サッカーに勝って試合に負けた」とか「審判のせい」とか、お前が言うな!と一喝したい男子サッカーは、しょっぱいを通り越して発酵しすぎて異臭すら漂う気分(って言い過ぎでしょうか…)。それにくらべて、女子サッカーの侠っぷりときたら、本当に清々しいよ!少しは見習え、男子。もうね、エースの澤さんすてき!こうでなくちゃ! 残りの試合もがんばってね!

そんな清々しい夏の飲料をひとつ手に入れました。

b0087556_18553932.jpg

創業明治35年(1902年)、佐賀県友桝飲料の地サイダー「スワンサイダー」復刻版。

中味は飲んでしまったので、瓶だけ。シズル感を出した写真を撮ればよかった。

昔のラベルは味があっていいなあ。おおむねパッケージデザインって、明治〜昭和初期くらいまでの方が趣味がよいのが多いのはなぜでしょう。かと言って、当時の復刻ではなく、現代の人がわざわざ昭和レトロ調にデザインすると、わざとらしくて趣味が悪くなるよね。

スワンサイダーは飲みたい、飲みたいとつぶやいていたら、近所のスーパーに突然入荷した。ミードのときも、シードルのときも、飲みたい、飲みたいとつぶやいていたら遭遇したので、念じると望みは叶う!ということなんでしょうかね。やけに小さい望みだけど。

後半のオリンピックで清々しいのは、シンクロかしら。いつ放映するのか、またもやなりゆきで見ると思います。
by rivarisaia | 2008-08-18 19:22 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

RIVELLA:スイスの飲み物

どうも、お久しぶりです。ここ数日、ペンキ塗りしたり、ベルリンから来た12人のチェリストのコンサートに行ったり、アメリカから客人が来たり、とバタバタしてましたが、先日唐突にウンともスンとも言わなくなった私のHAL(コンピュータ)も突然目覚めました! 理由は不明。いろいろ入れ直したりもしたので、現在は調子よさそうで何よりだ。

ところで先日、スイス土産をもらったので紹介したいと思います。
スイスでは国民的な飲料らしいが、日本では売ってないらしい。

それが「RIVELLA(リヴェラ)」
b0087556_18535015.jpg

成分を見よ、と言われたのでラベルを読んでみると、どうやら「牛乳」が主成分らしい。え....牛乳....それはマズそうだね、と言いつつ、グラスに注いでみれば、中味は牛乳とは似ても似つかない色味であった。

b0087556_18541100.jpg

ほらねー。そして炭酸入り。ふつうに美味しいよ、これ! 遠くの方でカルピスっぽい香りと味がするような気がするけど、そのまま出されたらただのサイダーだと思うかも。

調べてみますと牛乳じゃなくてホエイ(乳清)からできているようです。
さらに、赤リヴェラ(オリジナル)、青リヴェラ(低カロリー)、緑リヴェラ(緑茶入り)があることも知る(なぜ緑茶.....)。

オランダやドイツでも販売されているみたいですよ。日本にはカルピス(とカルピスソーダ)があるから売れないだろうね。

私が飲んだのは赤リヴェラ。いずれ青と緑も飲んでみたい。
by rivarisaia | 2008-07-15 19:26 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)
映画の感想でも書こうかと思ってたんですが、あまりに暑いので今日はやめ。

こういう日の飲み物はシードルですよ、みなさん!

b0087556_19564079.jpg

Cidre Val de Rance Cru Breton Brut(シードル・ヴァル・ド・ランス クリュ・ブルトン辛口)

先日、「ああ夏になったらシードル、シードルが飲みたい....」とうわごとのように言ってたら、たまたま入ったワイン屋で売っているのを見つけたので重いのをがまんして3本も買ったのに、もうナイよ!夏はこれからなのに!

神楽坂のガレットのお店「ル・ブルターニュ」では通販もしているらしい。カートンで買うべきか......。写真の右はシードルの小瓶。ためしに小瓶も1本買ってみたんですけど、やっぱり買うなら大瓶だね。


ル・ブルターニュのサイト。ここのガレットはほんとに美味しいです。
by rivarisaia | 2008-07-06 20:22 | 食べ物 | Trackback | Comments(4)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや