人気ブログランキング |

<   2018年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Pachinko: Min Jin Lee

表紙のデザインが何種類かあるのですが、下の写真のデザインがとてもよくて、出版時にこの本が気になる気になると騒いでいたくせに一年以上経ってようやく読んだ。とてもよい本で、これは邦訳が出なかったらおかしい。

b0087556_22161436.png

Pachinko』Min Jin Lee著、Grand Central Publishing

在日韓国人の家族の4世代にわたる年代記。

1910年の日本統治下の韓国から第1部が始まる。釜山の影島(ヨンド)で見合い結婚した夫婦。何人か子供が生まれて死に、一人娘Sunjaだけがすくすくと成長した。1930年代、Sunjaは魚市場の仲買人をしているというKoh Hansuの子供を身ごもるが、彼には日本に妻子がいた。

Sunjaの親が営む下宿屋に滞在していた牧師のIsakは、事情を知った上でSunjaと結婚、ふたりはIsakの兄夫婦がくらす日本に向かう。

第2部は1939年から1962年。大阪の猪飼野にくらすSunja夫婦には、長男Noaと次男のMozasuが生まれる。Noaは成績優秀で東京の大学に進学し、正義感が強くて勉強が嫌いなMozasuはパチンコ屋に就職する。

第3部は1962-1989年。NoaとMozasuはそれぞれ家庭を築いていた。Mozasuの息子Solomonは横浜のインターナショナルスクールで学び、アメリカの大学に留学した後、韓国系アメリカ人の彼女とともに帰国し、外資系企業に就職する……

と大枠はざっくりこんな感じ。ここに書いていないけど、本当にいろいろな、ときに予期せぬようないろいろなことが起きて、人々は時代に、運命に、翻弄される。タイトルの「パチンコ」は、この家族と関わりの深い「仕事」であると同時に、パチンコの玉のように思い通りの方向に進まない人生を象徴している気もした。

在日韓国人の話というと、日本人を非難するような内容なのではと身構える人がたまにいるけど、この本は全然そんな内容ではないし、そんな単純な図式の薄っぺらい物語でもない。日本人にも韓国人にも、いい人もいれば、悪い人も等しく存在する。

もちろん「移民」の話なので、理不尽な困難やいわれのない差別はあり、日本で生まれ育ったのに、日本人にもなれず、韓国でも受け入れてもらえない二世や三世の苦労も描かれている。こうしたことは、形は違えども全世界の移民が経験することで、だからこそこの本は、日本を舞台にした韓国人の話であるにもかかわらずアメリカで大きく話題になったんだろうなと思う。

そうした普遍的な面もありつつ、在日韓国人のSolomonが、在米韓国人の彼女と微妙にすれ違っていって分かり合えないという対比も興味深いし、日本社会のダメなところもまさしくその通りなんだけど、在日だろうが日本人だろうが関係なく、枠組みから外れた人に対して社会は冷たくて、でも社会も国も決して変わらないから、あてにしない、という精神が全体に流れている。大切なのは真っ当に生きること(Solomonの義理の妹で日本人のHanaもそう言っていた)。

以下は余談。

英語の小説で、登場人物が外国語を話していることを表現するためにセリフに外国語を少々混ぜるというのがよくあって、本作も「omoni」「yobo」「oishi」「irasshai」などが時折入っているんだけど、「maji?/マジ?」というのがとても気になった。人名もたまに妙なのがあって、中でもTotoyamaさん。どんな漢字なんだろ。

by rivarisaia | 2018-04-19 22:48 | | Trackback | Comments(6)

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

とりあえず報道に関わる人たちは全員、心の帳面にびっしりメモする勢いで観とけ!という作品ですが、私はこの映画を観ながら今の日本社会における女性は50年前のアメリカと似たような状況なのかな?とうすらぼんやり考えていました。とにかくメリル・ストリープがとても上手い。

b0087556_23411053.jpg

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(The Post)』監督: スティーヴン・スピルバーグ

ベトナム戦争が泥沼化していた1971年、国防総省が作成していたベトナム戦争に関する機密文書である調査報告書の一部をニューヨーク・タイムズがスクープ。

政府が国家の安全保証が脅かされるとして記事の差し止めを請求するなか、ワシントン・ポストでは編集主幹ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)が残りの文書を入手して公表しようと奔走、そして社主のキャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)は社運をかけた重大な決断を迫られる、という話です。

ベン・ブラッドリー率いる編集チームは(かっこいい女性が一人いる)気概があって、政府の圧力?そんなもん知るか!というメンタリティで、任せておけば安心できそうだからいいんです。しかし、キャサリン(ケイ)・グラハムはどうだろうか。

上流階級のお嬢さんで専業主婦だったケイは、夫が自殺したために46歳でワシントン・ポストの経営を継いで社主になる。なるんだけれども、経営陣、投資家など周囲は男性ばかりで、ビジネスの経験もないケイは頼りないと思われて、経営パートナーの一名を除けば、まともに話を聞いてくれる人もいない。そうした状況で、経営が不安定な一地方紙だったポストをなんとか軌道に乗せていかなくてはならず、そんな時に、編集以外が全員が反対する中で、この「重要機密文書を紙面で報道する」という決断を下すことになるのだった。

自信なさげなケイが悩みに悩んで決断するところで胸が熱くなるんですけども、どんなに大変なことだったのかみんなわかってんのかな、と私が内心思っていたところで、ベン・ブラッドリーの妻が「ケイは勇気がある。女性だし、判断力もないと周りから見下されている中で、すべて失うかもしれないのに。あなたとは決断の大変さが全然違う」という意味のことを夫に伝えるところで「わかってる人いた!!」と泣いたよね……。

重要な場に行ったら、まわりが全員男性ばっかりで、女性はなんだか小馬鹿にされたような態度取られるとか、いまだにあるあるすぎて見につまされるわけですよ。

余談ですが、この映画はスクリーンにどどーんと「マイナスねじ」が大写しになります! まあメインはマイナスねじというよりも輪転機だけど。それから気送管もちょこっと活躍する。輪転機(とマイナスねじ)や気送管はやっぱりいいなあ。



by rivarisaia | 2018-04-16 21:58 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(0)