人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ゴールデン・リバー

1か月近くずーーーっと曇りや雨の、沼の底にいるような東京でしたけど、やっと晴れたよ!

ちょっと前にこの映画を観たのだった。グッバイ、父権制!

b0087556_18481556.png
ゴールデン・リバー(The Sisters Brothers)』監督:ジャック・オーディアール


パトリック・デウィットによる、何もかもが裏目に出ちゃう兄弟が活躍(?)する、すっとこ西部劇『シスターズ・ブラザーズ』の映画化。監督が『預言者』のジャック・オーディアールです。

1851年、ゴールドラッシュのアメリカ。凄腕の殺し屋“シスターズ兄弟”は、雇い主の"提督"から山師のウォームという男を始末するよう依頼される。ウォームを追ってオレゴンからカリフォルニアに向かうシスターズ兄弟。いっぽうウォーム、提督の連絡係であるモリスに近づき……

原作とは細かいところがいろいろ違うのはいいとして、雰囲気もまるで違うからちょっとびっくりした。原作はどちらかというと、やることなすこと裏目に出っぱなしの殺し屋兄弟のトホホな珍道中で、コーエン兄弟とウェス・アンダーソンをぐるぐる混ぜて割ったみたいな感じだったから。映画は映画でよいと思うし、どこで撮影したんだろ?と気になってしまうような雄大な景色や、ジョン・C・ライリーとホアキン・フェニックスのシスターズ兄弟に、ジェイク・ギレンホールにリズ・アーメッドという連絡係と山師という配役もよかったです。

ただ鑑賞中に、わたしが原作に引っ張られてしまうところがあって素直に楽しめなかったのがちょっと残念。その主な理由はふたつあってひとつは「馬」です。

原作の感想にほぼ馬のことしか書いてないことからわかるように、わたしは馬とイーライの関係がすごく好きだったので、オーディアール監督、ダメ馬タブにさほど思い入れないなら、無理にクマを出さなくてもよかったんやで……。

もうひとつは、連絡係と山師コンビにもフォーカスしてるために4人の物語のようになっていたので、シスターズ兄弟の踏んだり蹴ったりなエピソードが薄まったような気がすることですが、これは構成上しょうがないかなーという気もする。

黄金を手に入れようとしてがんばったけど、失ったものは大きすぎて、けっきょく最後にたどり着いたところは? というお話。

b0087556_19185714.png

このポスターもすごくいいね。


by rivarisaia | 2019-07-24 19:25 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(0)
7月に入ってからずっとお天気が悪い東京ですよ。人間は風邪を引くし、猫も高齢のせいもあって調子が今ひとつである。

数年前の夏のはじめに1か月近く雨続きだったことがあったの覚えてますか? あのとき、我が家は部屋のあちこちにカビが生えてすっごく大変な目にあったので、今回も戦々恐々としながらこまめに除湿機をつけている。あの長雨のときは大惨事で、なにせ本棚の本もカビてしまい、どうしようもなくて処分した本もあったので、今年はたまに本に風通しをしたりもしてるんだけど、どうだろう。

そして、ここ数年開園に難ありのアゲハようちえんですけど、去年は越冬蛹がゼロの状態でした。それでも庭にはアゲハがやってきていて、ちょこちょこと羽化したりはしてる。
b0087556_23185594.png
しかし先日、植木鉢のミカンにいた幼虫が、保護する前にどこかに消えていた。どこ行っちゃったんだろうなー。

そろそろカラッと晴れてくれないと、植木もしおしおになりそう。今年のゴールデンウィークに益子の陶器市に行った際に棉の種をもらったので、ためしに植えてみたら芽が出てだんだんと伸びてきたんだけども、こんなに毎日湿ってたら根腐れしそう。

b0087556_23242387.png
もらった棉の種はこんな感じ。2種類。タネのまわりにほわほわと綿毛がついてる。



by rivarisaia | 2019-07-12 23:26 | 生きもの | Trackback | Comments(0)
先月の反省(会期終了ぎりぎり駆け込んだり、結局見逃したりという)をふまえて、早々に観に行きました。

b0087556_22555932.png
塩田千春《静けさの中で》2008年/2019年


「塩田千春展:魂がふるえる」公式サイト
会期:2019年6月20日〜10月27日
場所:森美術館 


実際に作品を観るまでは、鬼気迫る何かを感じて怖いと感じるのでは?と想像してたんだけど、会場に入ってみたらそういう怖さのようなものはなくて、そこが意外だった。そしていまひとつ、まだうまく消化できてない。

インスタレーションは全体的に舞台美術のような印象が強くて、そのせいなのか、空間に他の鑑賞者がいるほうが断然作品に血が通って見えるような気がしたり。

b0087556_23161431.png
塩田千春《小さな記憶をつなげて》(部分)2019年

私が一番好きなのは、ひとつの作品の中のこの一部分。これをじっくり見てから、移動した最後の展示室にたくさんのスーツケースが吊るされていて、「あら!」となりました。





by rivarisaia | 2019-07-04 23:24 | 展覧会ほか | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや