タグ:映画 ( 690 ) タグの人気記事

メットガラ ドレスをまとった美術館

毎年5月の第1月曜にニューヨークのメトロポリタン美術館で行われるファッションの祭典「メットガラ」。その開催までの8カ月を追うドキュメンタリー。

b0087556_00135631.png
メットガラ ドレスをまとった美術館(The First Monday in May)
監督、撮影、編集:アンドリュー・ロッシ

METの服飾部門が特別展オープニングにあわせて開く資金集めパーティ「メットガラ」を仕切るのはMETの理事でもあるVOGUE編集長アナ・ウィンター。

本作が密着するのは、アナ・ウィンターと、2015年の特別展「China: Through the Looking Glass(鏡の中の中国)」のキュレーターであるアンドリュー・ボルトンです。

いやはや、とても面白かった。裏方の話、大好き(自分が現場の人だったら、胃が痛くなりそうだけど)。

展覧会自体が、ヘタするとステレオタイプのオリエンタリズムという批判を招きかねないデリケートなコンセプト。さらに今回は「ファッションは永らく芸術とはみなされてこなかった…」と肩身狭そうな服飾部門が、それこそ紀元前からの芸術を扱うアジア美術部門と初めて共同で行う企画。スタート時点から波乱万丈の気配に満ちている。

会場設営もかなりギリギリの状態だったようで、間に合わない!どうしよう!と言ってたあれこれを、どうやって間に合わせたのか、綱渡り状態の現場をもっと見たかったのだけれども、本作がフォーカスしてるのはあくまで「ガラ」でした。展覧会の苦労話はまた別の機会に詳しく聞きたいものである。

1日だけのイベントとはいえ、ガラの席料はひとり2万5000ドル。しかしここで集まったお金が服飾部門の1年間の活動資金になる。招待客もいるけれど、寄付金を集めるのが趣旨なので無料の客はできるだけ減らしたい。会場全体のコーディネートはもちろん、席順を決めるのも非常に気を使う。

ふだんの雑誌の仕事に加えて、こんな華やかな一大イベントで采配をふるって成功に導くアナ・ウィンターは本当にすごい人ですよ。「私は決めるのが早いだけ」と言ってたけど、その判断力がすばらしいのよね。

そして展覧会の芸術監督を務めたウォン・カーウァイが、随所で的確なアドバイスをしていたのも印象的だった。「たくさん見せることは、何も見せないのと同じ」という言葉にも説得力があった。

プロフェッショナルな人たちのプロフェッショナルな仕事っぷりをしっかり見届けたという充実感。こういうの見ると、日本は考え方からしてまだまだだよなーと思っちゃう。政府の人やお役所の人もこういうところから学んだらいいんじゃないかね。がんばろう。


[PR]
by rivarisaia | 2017-05-24 00:38 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(9)

T2 トレインスポッティング

まさか20年後に、同じキャストで続編が作られるとは思ってもみなかったよね。

b0087556_21404241.png
T2 トレインスポッティング(T2 Trainspotting)』監督:ダニー・ボイル

1作目が公開された時には、サントラは何度も聞いたし、ポスターのグラフィックもかっこよくて大好きだったんだけれども、じつは映画自体にはそれほど思い入れがなくて、ヘロイン中毒ってつくづく嫌だ……とどんよりした記憶しかなく、そもそも私はアーヴィン・ウェルシュの書く小説とは相性が悪いのだった。

1作目のラストで、主人公(とスパッド)それから残りの2人(ベグビーとシック・ボーイ)は一体このあとどうなっちゃうのか、ぼんやりと不安に思ってましたが、

4人とも相変わらずダメな感じで元気だったよ!

十分なお金さえあれば幸せな人生が送れるかもという1作目の淡い期待はまったく外れていて、お金があってもなくても、20年後も悲惨で荒んでクソみたいな毎日。でも若い頃はピリピリと張り詰めたところがあったけど、中年になった今は「なるようにしかならない」という諦念というか、ある種の余裕が感じられる。

諦めきって一度は人生から降りようとしたスパッドが最後には才能を発揮する。もしかすると1作目も2作目も真の語り手はスパッドだったのかもしれないな。

[PR]
by rivarisaia | 2017-05-22 22:38 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(0)

ムーンライト

月明かりの下で仄かに青い宝石のように輝くような映画。あとから思い返すたびにじんわりとするので、たぶん、ここに出てきた人たちは心の中でいつまでも生き続けて、またいつかきっと「あの人たちはどうしてるかな」と懐かしむんじゃないか。

b0087556_23555189.png
ムーンライト(Moonlight)』監督:バリー・ジェンキンス

映画は主人公シャロンの少年時代、高校時代、そして青年時代の3つのパートに分かれている。

マイアミの貧困地域。体が小さくて「リトル」と呼ばれていたシャロン。

ある日、いじめっこたちに追いかけられたシャロンは、逃げ込んだ廃屋でフアン(マハーシャラ・アリ)に出会う。この時、画面がけっこう揺れて、画面酔いする私はやや心配になったけど、フアンが頻繁に登場するようになってからはカメラが落ち着く。もしかするとあの揺れは、幼いシャロンの不安を表していたのかも。

フアンと恋人のテレサはシャロンを温かく受け入れ、家ではヤク中の母親からネグレクトに近い扱いを受けていたシャロンにとって、彼らの家は大事な居場所になる。やがてシャロンは、フアンを父親のように慕うようになるのだが、フアンは麻薬ディーラーとして、シャロンの母親に麻薬を売っている人物でもあった。

ティーンエイジャーになったシャロンは、相変わらずひょろひょろとしていて、いつもうつむき加減で、学校でいじめられているし、母親はいまだヤク中で、唯一心を開くことができるのは、幼なじみのケヴィンだけ。しかしそんなふたりの仲に亀裂が入る大事件が起きてしまう。

時が経ち、大人になったシャロンは「ブラック」と呼ばれており、子どもの頃とはまったく違う筋肉隆々の体格で、ダイヤのピアスにゴールドのチェーンを身につけ、まるでかつてのフアンを思わせる麻薬ディーラーとなってアトランタで暮らしている。ある日、突然ケヴィンから電話がかかってきて、シャロンはケヴィンに会いにいく。

「ブラック」というのは、ティーンエイジャーの時にケヴィンがシャロンにつけたあだ名で、それだけでもシャロンはケヴィンのことを忘れていなかったどころか、あんな出来事の後でも憎んですらいなかったのか!と私はちょっとびっくりした。でもね、その後ふたりが再開を果たしたときの会話から察するに、シャロンにとって、ケヴィンはこれまでの人生でたった一人の、大きな心の支えだったんだなと思う。

真っ白い歯を金歯ですっかり覆ってしまうように、同性愛者で内気で、いつまでも「リトル」のままの内側を、マッチョで強面の麻薬ディーラーという姿で包み隠して生きていかなくてはならなかった日々はさぞ辛かっただろう。その後、彼らがどうなるのかはわからないけど、ふたりが再び会えて、本当に、本当によかった。

ラストシーンの、月の光を浴びて海辺に佇む黒人の子どもの肩甲骨のあたりが白く光って、まるで天使の羽のようだった。



[PR]
by rivarisaia | 2017-04-22 23:59 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(0)

わたしは、ダニエル・ブレイク

公的な福祉制度がカフカの世界のような状況になっているのは、日本に限らず世界のあちこちも同じで、これは英国の話。
b0087556_23542236.png
わたしは、ダニエル・ブレイク(I, Daniel Blake)』監督:ケン・ローチ

イギリスのニューカッスル。59歳の大工のダニエル・ブレイクは、心臓発作が原因で医者から仕事をしないようにと言われて、国の援助を受けようとするんだけれども、この申請が複雑怪奇なことになっていて(わかる。日本も似ている)、なかなか手続きを進めることができない。電話をすれば通話料は取られるのにいつまでも保留音を聞かされ、折り返しの電話はいつまでもかかってこないし、申請はPCでやれとか言われるけれどもダニエルはパソコンを持ってないし、使えないのだった。

失業給付金を受けるにしても、仕事しちゃいけないのに求職活動はせねばならず、とても不条理なのである。どこの国でも公的機関の福祉制度は往々にしてこのように不条理だったりする。

そんなダニエルが、二人の子供を抱えるシングルマザーで、非情な福祉制度の前に悪戦苦闘しているケイティを手助けしたことをきっかけに、彼らの間に交流が生まれる。

ダニエルやケイティをはじめ、ダニエルの隣人のちょっと悪そうな若者も含め、この映画に登場する市民はみんな優しい人ばかりで、助けを求めれば親切に手伝ってくれるし、1本しかないチョコレートバーを切り分けて食べたり、自分はがまんして他の人に食事をあげたりするのだけれども、そんな優しく弱い人たちが困窮して肩を寄せ合って生きているところに、過酷な現実が容赦なく迫ってくるのだった。

私がもっとも「あーーーー(わかる)」となったのは、福祉事務所にいる女性がダニエルを手助けしていた時に(そう、公的機関にも親切な人は存在する)、スーパーバイザーに呼ばれて注意されるところ。「前例を作ってほしくないのよ」と言われるんだけれども、これは私も実際に身近で見たり聞いたりした経験があって、どこかで線引きはしなくてはならないのはわかるけど、でも……という気持ちになるのでつらい。

そしてダニエルに連れられて、ケイティがフードバンクに行く場面。NGOの人がちょっと目を離したときに、ケイティは缶詰のフタをあけてその場で食べてしまう。観ていた私もびっくりして泣けてきたし、ケイティ本人もそんなことをしてしまった自分にきっとすごく驚いて、動揺して泣き出してしまうんだけど、「お腹が空いていてどうしても我慢できなかった」と泣く彼女をいたわるダニエルもNGOの人たちもとてもとても優しい。

しかし、こういう優しい人たちの善意だけに頼ってるわけにはいかない。NGOにできることも限りがあるのだ。私たちは誰もがダニエルやケイティの立場になる可能性があるのに、政府はいったい何をやっているのか、というケン・ローチの怒りの声が聞こえてくるような映画でした。


[PR]
by rivarisaia | 2017-04-10 23:58 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(2)

タレンタイム〜優しい歌

多民族国家であるマレーシアの4人の高校生とその家族を中心に、民族や宗教の違いから生じる誤解や偏見を抱えつつ、異なる文化の人々が共生する多民族国家マレーシアの日常を細やかに描き出した作品。

b0087556_23022060.png
タレンタイム〜優しい歌(Talentime)』監督:ヤスミン・アフマド

音楽コンクール「タレンタイム」が開催されることになった、マレーシアのとある学校。成績優秀でギターの上手な転入生ハフィズ、二胡を演奏する優等生のカーホウ、ピアノと歌の得意なムルーが「タレンタイム」に出場することになり、耳の聴こえないマヘシュがムルーのリハーサルへの送迎を担当することになる。

マレー系のハフィズは母子家庭で、母親は末期の脳腫瘍で入院中。ハフィズに学校のトップの座を奪われた中華系のカーホウは、ハフィズは教師に優遇されているのではないかと疑う(これには理由があって、マレーシアではマレー人や先住民を優遇する政策があるため、華人やインド人は何かと苦労が多い)。

ムルーは英国系とマレー系の裕福なムスリムの家庭のお嬢さん。そのムルーに惹かれていくマヘシュはインド人でヒンドゥー教徒。父親はおらず、母と姉の三人暮らしで、母の弟である叔父さんに可愛がられている。マヘシュの母親はムスリムに対してよい感情を持っていない。

ムルーとマヘシュの家族を重点的に描きつつも、そのほかの登場人物についても、ちょっとした場面や台詞がじつに多くを物語っていて、しばしばハッとさせられる。

たとえば中華系のカーホウ。彼がどんな家庭で暮らしているのかは、詳しくは出てこない。ハフィズの成績の件で教師に文句を言う彼は性格の悪い少年にしか見えない。でもその直後の、カーホウが父親の車に乗るワンシーンで、彼が今まで背負ってきた苦労が朧げながら伝わってきて、胸が苦しくなるような思いだった。

『タレンタイム』では、さまざまな形の「誤解」が描かれている。誤解はときに悲劇を生むけれども、異なるバックグラウンドを持っていても、人は誤解を解いて心を通わせることができるし、言語や文化や宗教が違っていても、お互いを思いやって暮らしていくことができる。そういう映画だった。


[PR]
by rivarisaia | 2017-04-08 23:13 | 映画/アジア | Trackback | Comments(0)

ワイルド・シティ


b0087556_20430880.png
ワイルド・シティ(迷城)』監督:リンゴ・ラム/林嶺東

かつて警官をしていたマン(ルイス・クー/古天樂)は、今はバーを経営しているんだけれども、ある晩、店で酔いつぶれてしまった女性(トン・リーヤー/佟麗婭)をほんの一晩泊めてあげるつもりで義母のマンションに連れていったことから事件に巻き込まれてしまう。

この女性は何かヤバいことに関わっている人物のようで、翌日になって何者かが女性を連れ去ろうとし、彼女の車からは大金の詰まったスーツケースが出てくる。この金と謎の女をめぐって、マンの異母弟チュン(ショーン・ユー/余文楽)は、香港のチンピラや台湾の殺し屋チームに狙われることになる。

弟チュンは大金を目にして「うっわー、これだけあったらお母ちゃんに楽させてあげられるわー、ノドから手が出るくらいほしい」と思うわけですが(わかる、わかる)、元警官の兄貴マンは「やばい金に手出したらダメ、絶対!」と言う。で、まあ兄貴が正しいんですけどね。金に目がくらむとロクでもないことになる、という話です。

ヤバいビジネスを手がけている黒幕は、台湾の殺し屋をチームで雇っているのですが、鑑賞後に劇場でバッタリ会った友だちと「コストパフォーマンスを考えるなら、大陸にはもっと安い人材がいたのでは?」という話になったんですけども、台湾から大陸に流れていった根無し草の彼らは、大陸の人材よりももっとやっすい命だったのでしょう……などと考えると泣ける。帰る故郷もないんだよ。そんな台湾の殺し屋のひとりを演じていたのは、ジョセフ・チャン/張孝全でした。

[PR]
by rivarisaia | 2017-03-15 20:44 | 映画/アジア | Trackback | Comments(0)

トリプルX:再起動

ハタと気づいたら、観てから1週間以上も経っていましたが、頭カラッポ状態で鑑賞できて(ホメてます)、とにかくバカっぽくて(ホメてます)、やたらと気分が高揚する映画です。サイコー!

b0087556_20222104.jpeg
トリプルX:再起動(xXx: The Return of Xander Cage)』監督:D・J・カルーソー

いちおう『トリプルX』(1作目)と『トリプルX ネクスト・レベル』(続編)に続く第3作目なのですが、前の2作を観てなくても全然平気。私は前2作、うろ覚えな上にたぶん「ワイルド・スピード」シリーズのどれかのエピソードとごっちゃになったりしてたけど、まるで問題なかった。

Xゲーム界のカリスマ、ザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)が、国家安全保障局のシークレット・エージェントとして活躍する、というのが基本的なあらすじ。世界中の人工衛星を自在に操ることができるマシンを奪回せよ、というのが今回の任務です。

本3作目で特筆すべきはとにかくキャストが豪華なことで、男性陣にはドニー・イェンとトニー・ジャーがいて、動きが早すぎてカメラ追いついてないよ! きゃーかっこいい!という感じですし、女性陣には「べっぴんさん」ことディーピカー・パードゥコーンに、ルビー・ローズに、ニーナ・ドブレフがいる! 眼福! やだもう鼻血出そう。

b0087556_20223553.png
無駄のないスピーディーな動きのドニーさんとトニーさんのおふたり。


b0087556_20313642.png

べっぴんさんことディーピカちゃん、超絶かっこいいルビー姐さん、ドジっ子メガネ娘のニーナたん。

今回のキャストそのままで、4作目作ってほしい!と心の底から思いましたよね。クラッカー鳴らし放題の応援上映やっても楽しそう。少なくともわたしは観ている最中、心の中で何度もクラッカー鳴らしてましたYO!



[PR]
by rivarisaia | 2017-03-13 21:31 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(0)

ドクター・ストレンジ

最近の私はアメコミの実写版にまるで興味がなくなっているので、さして乗り気じゃない状態で観ました。が、思ったより楽しめたし、酔う人がいると聞いていた映像にも酔いませんでした(ココ重要)。

b0087556_16023350.png
ドクター・ストレンジ(Doctor Strange)』監督:スコット・デリクソン

天才外科医のドクター・ストレンジが交通事故にあい、思うように動かなくなった手を治す方法を求めてネパールへ行き、謎の導師エンシェント・ワンのもとで修業を重ねて不思議な力を身につけるが、はからずも闇の魔術を手にした敵と戦うことになり……

というあらすじ。

どこでもドアのような術で勝手に前の職場(病院)に現れて、同僚(元恋人)に無茶をお願いしたり、意思のある役立つマントを手にいれたり、図書館の司書の兄さんが愛嬌あったり、というのがコミカルで面白かった点。ぐるんぐるん回る風景も大変にそして、ティルダ・スウィントンのエンシェント・ワンが素敵だった。

原作ではチベットの老人男性であるエンシェント・ワンを、白人女性が演じることで批判されていたことは知っていて、ホワイトウォッシュという指摘もとてもわかるのです。しかし同時に、そもそも原作の、ミステリアスな場所といえばチベット、そして何か教えてくれる偉い人といえば白髪でヒゲの長いアジアの老人男性というのも、今まであまりにありがちな設定でまたなの!?となってしまうので、ケルト人の女性って新しくていいね、と思ったんですよね。難しいね。

[PR]
by rivarisaia | 2017-03-07 16:09 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(0)

タンジェリン

トランスジェンダーの売春婦役にトランスジェンダーが起用され、全編iPhone5sで撮影したというのも話題になっていた映画。なんかね、後からすごくじわじわくる作品。

b0087556_19092631.png

タンジェリン(tangerine)』監督:ショーン・ベイカー

ロサンゼルスのウエストハリウッド。クリスマス・イブ。シンディとアレクサンドラというトランスジェンダーの娼婦がドーナツを食べているところから話は始まる。

出所したばかりのシンディは、彼氏のチェスターが浮気したと聞いてブチ切れて、浮気相手と彼氏を探しにいく。

アレクサンドラはそんなシンディを追っかけつつも、今晩行う自分のライブのことで頭がいっぱい。

そんなふたりがあっち行ったり、こっち行ったり、LAをうろうろ歩き回り、そこにアルメニア人のタクシードライバーのエピソードが絡んでくるという、騒がしくてとっ散らかってはいるものの、たぶんなんてことはない1日のお話で、出てくる人たちはどうしようもない人たちばっかりなんだけれども、映画を観終わる頃にはどの人も自分の心の中でちょっとした知り合いみたいな存在になってるし、人生いろいろなことがあるけど明日もお互いちょこっとがんばろう、という気持ちになるのだった。不思議。

今もまさにLAのどこかの道をシンディとアレクサンドラは悪態つきながら歩いてる気がしちゃうし、いつかきっと「あのふたり元気かな?」って思い出す。そんな映画。



[PR]
by rivarisaia | 2017-02-28 19:11 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(0)

ザ・コンサルタント

この映画、大好き!! 先週末に観たんですけどね、折に触れて日々あれこれ思い出して反芻している。みんなも観て!!!

日本のポスターがものすっごくB級感を漂わせてるので、えー面白いのーって気持ちになるのはわかるんですけども。

b0087556_18010150.png
ザ・コンサルタント(The Accountatnt)』監督:ギャヴィン・オコナー

あらすじは、コピーの通り「職業、会計コンサルタント。本業、腕利きの殺し屋」の話です。これ以上は詳しいことは言いたくないので、何も知らないまま、観に行ってほしい。最初よくわからなくても、最後で話はぜんぶつながりますし、いちいち細かい部分で気が利いてるうえに、伏線もばっちり回収。最後のほう畳み掛けるように「うわーそうきたか!」となって、「やられた〜!」っていう終わり方をするので、最高。

会計コンサルタントとしても、殺し屋としても大変優秀な男クリスチャン・ウルフを演じるのはベン・アフレックです。体格がどっしりしてることもあって殺し屋としても安定感バッチリなんですけど、何よりも、もさっとして無表情で不器用そうなところがとてもよかった。ハマリ役だと思う。

クリスチャン・ウルフは、とある企業の財務調査の依頼を受けるのですが、その企業の経理部の女性にアナ・ケンドリック。ベン・アフレックにくらべてちっこい彼女も適役で、おまけに主人公とヒロイン的な女性との間で変にベタベタした余計なロマンスシーンがなくて、絶妙な距離感を保ってた点もポイント高い。

続編できたらいいのにな。

一応、予告編を貼っておきますね。




[PR]
by rivarisaia | 2017-02-10 18:49 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(4)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る