タグ:洋書 ( 189 ) タグの人気記事

ラテン語略字辞典:Dizionario di Abbreviature

忙しいですけど、ラテン語も相変わらずひいひい言いながらやってます。
古典ラテン語なので中世ラテン語にまで到達してませんが、到達できそうにないね!と自信がついてきた今日この頃。

その理由はいろいろあるわけですが、こんな辞典を買ってしまい、ますます負の自信がついたのでした。いいのか、そんなことで、自分!

b0087556_23444032.jpg
Dizionario di Abbreviature:Latine ed Italiane
(略字辞典:ラテン語ーイタリア語)
Editore Ulrico Hoepli Milano刊

中世といえば、写本の時代。写本といえば、当然手書きです。手で書き写すのはとても大変で苦労の多い、ハッキリ言って死にそうな仕事でした。冬なんて光を入れるために、窓ガラスが存在しなかった窓を全開。凍え死にしそうな環境で座りっぱなしで写していたわけですよ。同じ文字なんてちまちま写してられっかよ!となるのも至極もっともなことです。

で、まあ頻繁に使われる言葉は略字で書いていたのでした。それは知っていた。知っていたけど、こんなに略字が山ほどあるのは知らなかったのよ!

イタリア書房にイタリア語のペーパーバックを買いに行った時に、この略字辞典を発見。思わず使うあてもないのに買ったはいいけど、眺めていて一瞬気が遠くなりました。中ページはこのような感じで、夥しい数の略字が....。
b0087556_2356917.jpg


こ、これは....。暗号か何かにしか見えん。
数字なら読めるか?と期待しつつ、数字のページを開いてみると.....

b0087556_23591898.jpg「1438」はどー見ても「2938」にしか見えないです。

下から3つめの「14ojj」が
「1502」というのはこれいかに!?

参りました。
もう写本読めるようになるかも〜とか口走りません。
すみません。初心に返り、地道に進みます。ははは。
[PR]
by rivarisaia | 2008-04-27 23:59 | ラテン語・イタリア語 | Trackback | Comments(2)

Baudolino(バウドリーノ):大嘘つきバウドリーノの奇妙な冒険

そういえば、先日読了。何ヵ月かかって読んでるんだ!と自分に激しくツッコミたいほどですが、別に難解すぎるわけでも、読みづらいわけでもなく、ただ、

これ1冊読み終えるまでに、どれだけ脱線したと思ってるんですかー!

b0087556_19392159.jpgBaudolino
ウンベルト・エーコ著、William Weaver(英訳)Vintage刊

歴史上実在の人物やら伝説上の生物やらがわらわら出てくるので、これは誰?これは何?とつい気になってしまう。ペーパーバックには注釈が付いてないから、自分で調べないといけないの。

そんなわけで、関連書を読んだり、ネット検索したりと、おそらく数カ月後には忘れ去ってしまうであろう無駄知識の収集マシンと化した私です。おかげで中世イタリア都市の成立事情は少しだけわかった。
ありがとう、エーコ先生。

本書のざっくりしたあらすじは、こんな感じ。

第4回十字軍がコンスタンティノポリスを攻め込んだ際、ニケタス・コニアテス(実在の歴史家)はバウドリーノという謎の人物に命を救われる。バウドリーノはニケタスに、彼の数奇な人生の物語を語り始める。

語学の才能があるバウドリーノの嘘くさい物語に含まれるキーワードはこんな感じ。

b0087556_19435471.jpg神聖ローマ皇帝フイードリヒ1世(バルバロッサ)、フランスの詩人たち(ロベール・ド・ボロン、キヨー )、山の暗殺者、オットー司教、教皇アレクサンデル3世、ロンバルディア同盟、聖杯伝説、プレスター・ジョン、サテュロス(半人半獣)、ユニコーン、伝説の不思議な生き物、シェーデルのニュルンベルク年代記(世界年代記).....などなど


溺死したとされるバルバロッサは実は暗殺されたのだ、という謎を軸に、歴史、恋愛、青春、伝説、ミステリーと盛りだくさん。バウドリーノとともに旅した読者は、小説の一番最後の1文で、ぷぷぷっと笑えます。エーコ先生、あなたって人は!

歴史を知らなくても大丈夫。もしかすると『薔薇の名前』よりも読みやすいかもしれません。邦訳が出たら、日本語でも読みたいなあ。注釈も付けてほしいなあ。で、いつ出るんでしょうね。
[PR]
by rivarisaia | 2008-04-14 19:49 | | Trackback | Comments(0)

時祷書の本3:The Visconti Hours

時祷書ビジュアル本シリーズ第3弾はイタリア編。イタリアときたら、本当は「ロレンツォ・ディ・メディチの時祷書」が欲しいところですが(数ページしか見たことないけど、キレイな本なの!)、ファクシミリ版つまり複製版しか出てなくて、いちおう海外の古書店でお値段を見てみたら......安くて100万円前後だって。あはは! 買えるわけないね!

そこでメディチは忘れて、送料込みで4000円くらいのこちらのビジュアル本を。ちょっと高いと思ったが、100万円という数字を見た後だったので、えらく安い気分になってしまっていた。

b0087556_21552728.jpg

The Visconti Hours』(ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの時祷書)
George Braziller, Inc.刊 (この出版社は、すっかりおなじみ!)

値段が高めだったのは第1弾第2弾の本にくらべて版型が大きいからかも。そして中味も今までとはまったく雰囲気が違います。同じイタリアでも「メディチの時祷書」とも全然ちがーう! 何と言ったらいいんでしょうね。これまでの女性的とか可憐とかシンプルで美しいデザインなどとは正反対のオーラが漂っているとでもいうんでしょうか。これがミラノのヴィスコンティ家のパワーなのか。

片側が解説ページ、反対側に図版ページ、という見開きでは、まだいいんですが...
b0087556_21564519.jpg


見開き画像ページになると、囲みの模様は綺麗なんだけど全体的に濃ゆい感じ....。
b0087556_2157287.jpg


何だか濃いのよー。色使いのせいか? 模様のバランスなのか?
b0087556_21571219.jpg

激しい、激しすぎる。これで心落ち着けて祈りを捧げることが可能なのか?というくらい濃い! 印刷の発色が良すぎるのかも、実物はこんなに濃くないのかも、と思ってはみたものの、模様や人物の配置に異様な迫力があるのは確か。絵師の情熱が炸裂しています。そんなパッションあふれる制作者のお名前は、ジョヴァニーノ・デ・グラッシ、ルキーノ・ベルベッロ・ダ・パヴィア他、だそうです。力作だとは思うけど、ごめん、個人的にはあんまり好きじゃないです....。

b0087556_22293088.jpgジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティは、正式にミラノ公の称号を得た人。というか、神聖ローマ皇帝に金貨を払って地位を購入した。ヴィスコンティ家自体は、何代も前からミラノを支配していた家柄でした。

●メモ
写本の制作年代:1390年 完成は1428年以降 
写本の言語:ラテン語 
原書サイズ:247×175mm、250×179mm(原書は2分冊らしい)

現在はフィレンツェの国立図書館が所有。
[PR]
by rivarisaia | 2008-03-10 14:21 | | Trackback | Comments(8)

時祷書の本2:The Master of Mary of Burgundy

先日に引き続き、時祷書のビジュアル本第2弾です。そう、これらは複製版(ファクシミリ)ではなくて、要はふつうの「絵画の本」みたいなものです。1冊の写本に着目して、なるべく多くのページを解説付きで紹介してくれるので、ファクシミリは高額すぎてとても手がでないけど写本が好き〜!という人に最適。もうあらゆる写本でこの手の本を出してほしいものです。

b0087556_1850509.jpgThe Master of Mary of Burgundy:
A Book of Hours for Engelbert of Nassau

(マリー・ド・ブルゴーニュの時祷書の絵師による
「ナッサウ領主エンゲルベルトの時祷書」
George Braziller, Inc.刊

ややこしいタイトルですが、マリー・ド・ブルゴーニュの時祷書の絵師が制作した「ナッサウ領主エンゲルベルトの時祷書」。私はマリー・ド・ブルゴーニュの時祷書だと勘違いしました。「Master」を「絵師」と訳してしまいましたが、たぶん絵師だよねえ。それとも職人?

本書はてのひらサイズの大きさで、げ、ミニ本!?と思いきや、解説には実物の大きさに近くしたとありました。この本も図版ページ+解説ページという構成なんですが、見開きで図版を紹介しているページがけっこうあります。

図版ページの見開きはこんな感じ。
b0087556_19254494.jpg

余白を残したシンプルなデザインもきれいだし、かなり描き込まれているページも装飾のバランスがいいと思う。モチーフには鳥や花が多いところが、ブルゴーニュ公国!そしてフランドル!という感じがする。ちなみに孔雀の羽根はエンゲルベルトの紋章に言及しているそうです。

今のところ、時祷書ならこの絵師の作品がいちばん好きかも。こうなると「マリー・ド・ブルゴーニュの時祷書」も気になりますが、2種類あるのよね(ベルリンとウィーンがそれぞれ所有)。いっそのこと、2冊ともシリーズにして出してほしいわ!。

ナッサウ領主エンゲルベルト(1451-1504)は、フィリップ美公(狂女フアナの夫)と関係が深かった人で、その縁でこの写本がエンゲルベルトに与えられたのではないか、とのことです。フィリップ美公は、マリー・ド・ブルゴーニュとマクシミリアン1世(後の神聖ローマ皇帝)の息子です。

●メモ
写本の制作年代:1480-90
写本の言語:ラテン語 原書サイズ:140×80mm
現在はオックスフォードのボドリアン図書館が所有
[PR]
by rivarisaia | 2008-03-06 22:37 | | Trackback | Comments(2)

時祷書の本1:The Hours of Catherine of Cleves

久々に写本の話をします。しかも3回シリーズです。なぜなら、3冊ほど写本の関連書を買っちゃったからです。が、蘊蓄を披露するほどの知識を持ち合わせておりませんので、単に見せびらかすのみ。気軽に眺めて、今後の参考にしてください(何の?)

何を買ったかというと、解説文付きで彩色画ページをたくさん見せてくれる「時祷書のビジュアル本」。特に時祷書マニアというわけではないんですけど、海外の古本屋サイトを見てたら、送料入れても余裕で安かったので発注しちゃった。

「時祷書」は、お祈りや聖書の文章を個人の信仰用に編纂した本で、教会の規定があったわけではなく、あくまで個人クライアントの嗜好に合わせて制作されました。15世紀の『ベリー公のいとも豪華なる時祷書(ベリー公のいとも美しき時祷書)』が有名ですね。

さて第1弾はこちらです。
b0087556_14342180.jpg

The Hours of Catherine of Cleves』(カトリーヌ・ド・クレーヴの時祷書)
George Braziller, Inc./The Pierpont Morgan Library刊

b0087556_21242366.jpg

本書は、左ページに解説、右ページに図版という構成になってます。
図版は全体的に女性らしいデザインで、囲み飾りもおもしろい!

聖ラウレンティウスは魚だし、聖アンブロジウスはムール貝。
b0087556_14521825.jpg

左ページの解説によると、魚に関しては「小さい魚が大きい魚に食べられるがごとく、貧者は金持ちの餌食になる」ということを暗示しているそうですが(ラウレンティウスは貧者の聖人)、ムール貝に関しては「通常、アンブロジウスに用いられる図象ではない」そうです。ナゼ、ムール貝!

b0087556_14361727.jpgカトリーヌ・ド・クレーヴは、ギーズ公アンリ1世の奥さん。夫のアンリ1世は、彼女と結婚する前、王妃マルゴことマルグリット・ド・ヴァロワの恋人だった人。

●メモ
写本の制作年代:1440年代
言語:ラテン語 原書サイズ:192×130mm
現在の所有者は、ニューヨークのPierpont Morgan Library
[PR]
by rivarisaia | 2008-03-04 22:54 | | Trackback | Comments(4)

Your Coloring Book:見えないものを塗る

昨日は政治的な話を書いたので、今日は政治的なアート本のご紹介。ちょっと古いけど。

b0087556_18441524.jpg

Your Coloring Book — a wandering installation
Ram Katzir著 Stedelijk Museum Amsterdam刊

人々の視点や主観に疑問を投げかける作品を制作するアーティスト、ラム・カツィールの、1996年から98年にかけて7カ所の地域に巡回した「ぬり絵」のインスタレーションの本。会場にテーブルと椅子、クレヨンやマーカーを置いて、来場者に塗ってもらうというコンセプト。

本の構成は、前半にインスタレーションで使用したぬり絵がついていて、あとは各会場のようすや来場者が実際に塗った絵の写真のほか、展覧会をとりあげた新聞記事(英訳付き)が出ています。

ぬり絵は、表紙の「バンビと人」のほか、「遠足に行く子どもたち」とか「お父さんと子ども」とか全部で13枚。
b0087556_18442341.jpg


お察しの通り、ただの塗り絵ではなく、じつは「バンビと人間」は「ヒトラーと子鹿」であり、「遠足に行く子どもたち」は「収容所に送られるユダヤ人の子ども」であり、「お父さんと子ども」は「ゲッペルスと子ども」である、というように、実際の写真からおこしたナチスの絵なのでした。
b0087556_18442966.jpg


第二次世界大戦のタブーを破り、ぬり絵を通して子どもの視点で戦争を見つめ、プロパガンダについて考えてみる、というのが目的。展覧会が巡回したのも、エルサレムやベルリン、クラコフなど、関係のある地域でした。トラウマの体験を芸術に転換するなんて、という意見もあり、賛否両論の渦を巻き起こしたようですが、そうした議論が起きるということは展覧会として成功したということだと思います。

もちろん、来場者のなかには何の絵なのかわからない人もいました。子どもが楽しそうに塗っているのを見たイスラエルのお父さんのコメントは、「娘が純粋にぬり絵に熱中しているのをみて、目に見えないモノがどれほど頭に入らないのか理解した」。星の王子様じゃないですけど、大切なことは目に見えないかもしれない。このお父さんは、ぬり絵だけじゃなくてコラージュも有益だと言っています。情報は切り貼りされちゃうかもしれないからね。

歴史や文化の違いも影響する例として、日本人のグループのエピソードも載ってます。彼らは、石けん工場の絵を「キッチンだ」と判断して色を塗るわけですが、絵のなかに変な物体があるのに気づく。実際にはそれは原料となる死体で、あとで絵の背景を説明された彼らは愕然としながら、可愛らしいキッチンの絵を死の恐怖の絵に修正するわけです。

ここで、日本人は歴史にうといんだからもう!とか言っちゃだめですよ。見えないものを見るのはやっぱり難しい。実際、私も書店でこの本を手にしたのは「かわいいぬり絵」だと思ったからで、ページをめくって驚いて、自分への戒めのために買ったから手許にあるのです。

Ram Katzirのサイトはコチラ。「installation」の「your coloring book」をクリックすると、会場の様子や、参加者の塗った絵の一部が見られます。
[PR]
by rivarisaia | 2007-09-30 18:59 | | Trackback | Comments(5)

ドイツのハガキ本

まだまだ残暑は続きそう〜♪ということで、今さらながらの残暑見舞い代わりにこの本を紹介。
b0087556_22571255.jpg

Peter Ruehmkorf VON MIR ZU EUCH FUER UNS』STEIDL刊
※ Ruehmkorf の「ue」と「FUER」の「UE」は両方とも「U」にウムラウトがつきます。
b0087556_22572723.jpg

おそらく著者はドイツの知識人ではないかと思われます。絵はがきやら、メモやら落書きやらが満載の楽しい本ではありますが、いかんせんドイツ語なところが問題だ.......。しかも筆記体が読めな〜い! まあ、でもこんなハガキが届いたら、嬉しい気分になるだろうことは間違いなし。だって、落書きが変なんだもん。
[PR]
by rivarisaia | 2007-08-27 23:09 | | Trackback | Comments(4)

Harry Potter and the Deathly Hallows(ハリー・ポッターと死の秘宝)

土曜日、早朝から所用で遠方に出かけており、へろへろしながら夜戻って来たらですね、タイミングを見計らったようにアマゾンから届けものが......。これで私の日曜の予定は確定した。
b0087556_19202989.jpg

Harry Potter and the Deathly Hallows』J. K. Rowling著

こちらはアメリカ版。イギリス版の表紙はどうしてあんなにセンスが悪いんだろうか。日本語版の表紙のデザインもどうかと思うけど。毎度のことながら辞典並みの厚さには馴れたとはいえ、寝っ転がって読んでいたせいか、今朝から腕が筋肉痛。まさにダンベル本だった。恐るべし。そして、もっと恐るべしなのは、760ページ近くある英語の本を、この私に一気読みさせる力ですよ。この集中力が仕事でも発揮されたらいいのにねえ、とちょっと思いました。

中身には一切触れないことにしますが、あ〜完結した......という妙な達成感がありました。それにしても、盛りだくさんだった。これは3時間の映画に収まるのであろうか。

ところで、このシリーズで私がもっとも好きなのは、地味ながらとぼけた三枚目っぷりがナイスキャラなロンです。苦悩する主人公はいいからロンを出せ、と常に思いながら読んでいるわけですが、よく考えてみるとウィーズリー家の6人の息子たちは、真ん中の息子パーシー以外、全員がはっちゃけてイイ味出していた。お父さんもかなり変わってそうだもんね。パーシーがあんな生真面目になっちゃったのはその反動なのかも。

さて、これまたシリーズ通しての感想ですが、悪役が全員、ツメが甘かったり、間抜けだったり、肝心なところで軟弱野郎だったりするのは仕様だったんでしょうか。「そんなことだから悪に身を落とすのじゃ!」という喝が聞こえてくるような......。そういう意味では好きな悪役が一人もいなかった、という私にしては珍しいシリーズ物となりました(スネイプ先生はけっこう好きだけど)。
[PR]
by rivarisaia | 2007-07-23 21:55 | | Trackback(1) | Comments(2)

ラテン語(『Wheelock's Latin』)

「忙しい」を連呼していたら、いろいろな人から心配されてしまった。ホントすいません。心は亡くしてませんからね! しかも今「忙しい」理由は、仕事のせいだけじゃないんです。

そこで、ついに告白しようと思う。

じつは、今年からラテン語を習っているのだった。

「なぜまた、そんな死語を.....」とまわりに驚かれたり、学生時代に履修済みの方々からは「あら〜大変だよねえ...」と同情を買ったりしています。特に高校でラテン語必修のイタリア人たちは、「理系はね、ラテン語しかやらないけど、文系は古典ギリシャ語も必修だったの。ギリシャ語がないだけマシ!」とか「古典ギリシャ語は最悪だった...。ついでにやってみればいいよ、ギリシャ語!」(いや、なぜそこで勧める?)などと言っていた。なぐさめてくれているのだろうか。

なぜ、今さらラテン語かというと、

・ラテン語を知っておくと、イタリア語の語彙が広がりそう(ついでに英語も)
・ときたま仕事で扱う英語の文書に、ラテン語の格言が出てくることがあり、
 そんなとき便利かも(しかし、非常に稀なケース)
・美術品に出てくるキャプション的な文言とか、大好きな写本の文章とか、
 読めたら楽しいかも! (これ重要)

というほんの軽〜い気持ちだったのに、まさかこんなに大変とは.......。

さらに告白すると、何年も前、「やる気さえあれば独学で学べるはず!」(←甘い!)と、アメリカの大学でも使用されているラテン語のテキストを買った。ところが、概説を読んで「ラテン語は、名詞にも動詞にも膨大な変化がある」と知ったところで私のやる気は萎え、ずっと放置していた。

b0087556_15562294.jpg

それがこの『Wheelock's Latin』(と目覚まし要員の白花油)。ええ、今ようやくやってますとも。


怠け者は、嫌でもやらざるを得ない環境に追い込まれなきゃやらないよね、ということで自分を追い込んでみたのだった。

しかし。

会話や作文はなく、ひたすら昔の人が書いた文章を訳すのみなのだが、宿題が大変なのである。しかも難解なパズルのよう。「この文章の主語はどれ?」「この形容詞はどの名詞にかかっているわけ?」と延々と悩むはめに。おまけに最近では、イタリア語でもこれまた難解な宿題がドサリと出て、「こんな言い回し、辞書に載ってないんだけど......」と頭を抱える状態に。

土日にやればいいんだけどさ、土日に勉強する気になんてなれないじゃないですか。日曜の夜は、小学生の8月31日みたいな気分ですよ。まったく手をつけてないラテン語とイタリア語のプリントの山を前に、ボー然、みたいな。

仕事もあるし、1日でサササッと片付けられる量じゃないのね!(泣)

やっぱり土日は遊びたい。そんなわけで、このギリギリ人間のわたくしが、平日は毎晩のように、小1時間ほど辞書を引く生活を送っているわけです。とても考えられない事態です。これで仕事が佳境だったりすると、夜中に半泣きで辞書引くはめになる。先日なんて、「宿題やってない!」とあせる夢まで見た。

肝心のイタリア語の語彙は広がるどころか、むしろイタリア語のおかげでラテン語に何とかついていけてる有様だ。

でも、時間に余裕さえあれば解読作業はけっこう楽しいし、試験がないのも救い。あの言葉の語源はラテン語か!とか、あの製品名はラテン語だったのね〜!という変な発見があるのもおもしろい。ただ、学生時代に必修だったらと思うと、冷や汗が出ます。

さあ、どうなるんですかねー。いつ挫折するんでしょうねー。ついでにラテン語カテゴリーとかつくってみたけど、どうなるかしらねー。
[PR]
by rivarisaia | 2007-07-14 16:10 | ラテン語・イタリア語 | Trackback | Comments(18)

昔話・豆本

昨日、ブルターニュの昔話の本について書いたついでに、こんなものを。
b0087556_23134179.jpg

性格はおおざっぱなのに、ちまちましたモノが好きで、しかしおおざっぱな性分ですから、ぜんぶまとめて箱に投げ入れているわけです。その中にあった豆本4冊セット。小学校の頃に海外からのおみやげでもらったのだと思う。

1冊に2話(もしくは1話+マザーグースの歌)収録。英語版。

1. これはジャックが建てた家+ジャックと豆の木
2. ハバードおばさん+ジャックの鬼退治
3. シンデレラ+誰がコマドリ殺したの
4. 赤ずきんちゃん+3匹の熊

という組み合わせ。
b0087556_23134947.jpg

製本は簡単なホッチキス止め。文字量は多いです。読んでみたんですけど、老眼だったらまず読めないだろうというか、そうじゃなくてもルーペがあったほうがいいと思う。出版社はロンドンのPeter Stockham Associatesで、印刷は香港でした。

東京は青山に、西洋豆本の店「リリパット」というのがあります。先日、フラリと立ち寄って、あまりの小ささと精巧さに感動した。お店のサイトはコチラ。サイトでも小さい本が見られます。

豆本ねえ、そういえば一度自分でもつくってみようと思いつつ、まだやってないことに気づきました.....。
[PR]
by rivarisaia | 2007-07-11 23:21 | | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る