人気ブログランキング |

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:食べ物 ( 97 ) タグの人気記事

あけましておめでとうございます_b0087556_20493845.jpg

あけましておめでとうございます
みなさまにとってよい1年になりますように

写真は去年食べたルコントのシュークリーム「スウリー」。

去年の1月のブログをみると、「ブログをこまめに更新するつもり」などと書いてましたが、まったくもって無理でした! 昨年1年間を振り返ってみると地味にいろいろ雑多なことがあったからなー。しかし、今年こそこまねずみのようにちょこまか更新する心づもりでいます。過去記事の整理もしよーっと。

それから去年読んだ和書で感想は特に書いてないけどよかった10冊をこちらにも記しておきます。

小説から5冊(順不同)
・アカシアは花咲く/デボラ・フォーゲル
・カルカッタの殺人/アビール・ムカジー
・隠された悲鳴/ユニティ・ダウ
・掃除婦のための手引き書/ルシア・ベルリン
・82年生まれ、キム・ジヨン/チョ・ナムジュ

小説以外から5冊(順不同)
・呪われたナターシャ 現代ロシアにおける呪術の民族誌/ 藤原潤子
・お砂糖とスパイスと爆発的な何か/ 北村紗衣
・海を撃つ/ 安東量子
・生理用品の社会史/ 田中ひかる
・庭とエスキース/ 奥山淳志

それでは今年もどうぞよろしくおねがいします。


by rivarisaia | 2020-01-01 21:58 | 飲食 | Trackback | Comments(2)
ゴールデンウィークが終わって、ジロが始まり、夏に向かって着々と進んでますが、みなさん、お元気ですか。今日はベトナムのお茶の紹介。

ホーチミンに出張に行った家人が、HATVALAというお茶屋さん(コーヒーも扱っているらしい)でお茶を買ってきました。ここは質のよいお茶を直接お茶農家から買い付けているというお店。お茶のパッケージも可愛い。

ベトナムのHATVALAさんのお茶_b0087556_01222900.png
左は紅茶、右は白茶。箱の側面に淹れ方(葉やお湯の量、抽出時間など)が丁寧に書いてあって、箱の後ろ側にはお茶の詳しい説明が載っています。

ベトナムのHATVALAさんのお茶_b0087556_01320589.png

白茶の葉はこのように、銀針という感じ。さわるとふわふわと柔らかいです。
ベトナムのHATVALAさんのお茶_b0087556_01333072.png
写真だと水色が薄くてお湯みたいだけど、香りが良くて美味しい。甘い後味です。写真撮ってないけど、紅茶もしっかりした味でとても美味しかった!




by rivarisaia | 2017-05-11 01:42 | 飲食 | Trackback | Comments(4)
あれよあれよという間に世は2月! そして来週はもう春節か!という有様で、またもや出遅れてる私は、今年度もイースターで気持ちも新たに復活しようと思います。今年のイースターは3月27日ですよ。まだ、よゆう。

去年、ベトナムの蓮茶についてちょろっと書きました。

あの蓮茶、正確には蓮花茶は美味しかった。さわやかで、芳香もよかった。葉と芯のお茶も飲んでみたいなどと言ってましたが、じつは今回蓮葉茶を入手しました。

パッケージには「蓮の葉70%、甘草、コガネバナ、甘い草」って日本語で書いてある。なんだ、甘い草って。英語は「Sweet Leaf」とそのまんまである。

でね、この蓮「葉」茶なんですけどもね。あのう…すごく味、いや匂いが……微妙……。なんていうの、動物園の匂いがするんだけど、こういうものなのだろうか。冷めるとさらに美味しくなくてつらい。

そういうわけで、蓮葉茶を紹介するのは取りやめて、気を取り直して、あわせて買ってきてもらった「アーティチョーク茶」です。
ベトナムのアーティチョーク茶_b0087556_23301946.png
箱によれば「アーティチョークの花60%、茎20%、根20%」。これはね、やや甘くて独特な風味のほうじ茶のような味わい。甘茶に似ているような気もしないでもない。さわやかさは微塵もないけど、なかなかいけます。

美味しさでいえば、ベトナムのお土産茶は、今のところ前回紹介した蓮花茶がダントツ。


by rivarisaia | 2016-02-04 23:37 | 飲食 | Trackback | Comments(0)
あけましておめでとうございます!

去年につづき、今年も正月縁起菓子の辻占。
 あけましておめでとうございます!今年の辻占_b0087556_16291612.png
去年のは最中の皮のようにパリパリしてたけど、今年のはもちもちしていて、どちらかといえば今年のほうが美味しい。
 あけましておめでとうございます!今年の辻占_b0087556_16292289.png
中に小さく丸まった占いが入ってます。
 あけましておめでとうございます!今年の辻占_b0087556_16292544.png
上が私の分。下の家人はあきらめなければ宝くじが当たったり、宝舟がまいこんだりするようで、景気がよさそうなのに対し、私の占いは「早くきめなさい」(何を!?)と言われたあとで、「うわさが高い」だの「仏様よりあなたがたより」だの、なんだこれは。今年も大変なよかーん。

では今年もどうぞ宜しくお願いします!





by rivarisaia | 2016-01-02 16:39 | 飲食 | Trackback | Comments(2)

続ルルドのパスティーユ

その昔、ルルドのパスティーユについて書いたのですが、その節は、メダイのようなかたちになっている飴自体の写真をアップしませんでした。

最近、またこの飴を買いまして、どこかで見かけるたびについ買っちゃうんですが、今回は忘れずにちゃんと写真を撮ったので、こちらでも紹介しておこうとおもいます。

じゃじゃーん!
続ルルドのパスティーユ_b0087556_1938959.png


ね、マリア様のメダイのような形でしょ!計り忘れたんですけど、そしてすでに全部食べちゃったのでブツがないのだが、大体タテが1.5センチくらいの楕円ですかねえ。そしてとても固いです。前回はボリボリ食べていると書いてるし、サイトによってはこの飴を「ラムネ」と紹介してたりもしますが、いきなりボリボリかむのは難儀なくらい、ふつうに固いです!

飴の裏側に「MALESPINE」とあるのですが、これは一体なんぞや…と調べたところ、メーカーの名前みたいですね。Malespine pastille factoryというところで、作られていまして、材料は「ルルドの洞窟の水、砂糖、ミント、レモンやアニス」だそうです。

東京だと、四谷のキリスト教ショップ(サンパウロやドン・ボスコ)や銀座の教文館などで、たまに入荷していますので見かけたらぜひどうぞ〜。
by rivarisaia | 2015-03-10 19:47 | 飲食 | Trackback | Comments(2)
明けましておめでとうございます。

昨年は義母の入院をきっかけに、それはそれは恐ろしい親戚事情が白日の下にさらされ、巻き添え食ってどつぼにはまりかけてやばかった私です。簡単に説明すると、まるで犬神家の一族と寅さんが合体したような状態な上に、八つ墓村なんですよ。意味不明ですよね。よくわかんないけど頭おかしくなりそうな案件だな……とうっすら察していただければ十分です。

おかげさまで去年1年間の記憶があんまりなーい。わたし何したっけ、去年……。

今年はさらに大変かもしれないけど、去年よりはたぶんよゆう。なので短くてもいいから、ちゃんとブログ更新しますねー。

さて。

今年は以前から食べたかった金沢の正月縁起菓子を入手しました!

あけましておめでとうございます!辻占の巻_b0087556_2341876.png

辻占です。砂糖のついた米粉の皮が巾着状態になっていて、
あけましておめでとうございます!辻占の巻_b0087556_23464339.png

割ると中には、小さなおみくじが畳まれて入ってます。いや、おみくじというか、内容が点取り占いっぽい。遊び方はいろいろあるようなんだけど、とりあえず二つ引いて、文章にする方式にしてみました。

あけましておめでとうございます!辻占の巻_b0087556_2350152.png

上(私):ろんにかち ゆくすへがよい
(議論に勝って、幸先よくてお金もらえるってこと?)

下(家人):こだつのなかで たよりをまつ
(こたつにあたってのんびり果報は寝て待てってこと??)

いったいどんな年になるのか謎ですが、今年もどうぞよろしくね!
by rivarisaia | 2015-01-05 23:54 | 飲食 | Trackback | Comments(4)

今年の飴ベスト3

年末だし、今年をいろいろ振り返ってみよう。映画と本は振り返るもなにも、これから観たり読んだりするものがいくつもあるので、きょう振り返ってみるテーマは飴です。飴。

今年はなかなか美味しい飴に遭遇した1年でした。たかが飴ですが、高い飴はやっぱり高いだけの何かがある。ということでベスト3です。

●第3位
Le Sucre d'Orge des Religieuses de Moret
モレ修道院の大麦飴

今年の飴ベスト3_b0087556_141256.png

Twitterでも「缶が可愛い!」と評判だった飴です。そう、私は缶がほしくて買いました。缶の大きさは直径4.4センチと小さくて、中には飴が10粒くらい入ってます。

この缶のクオリティはすばらしくて、缶をひっくり返すと、
今年の飴ベスト3_b0087556_1451288.png

裏側にもこんな絵が。しかも中央部が少しへこんでいる形をしています(持ちやすい)。

Sucre d'Orge(シュクル・ドルジュ)はフランス最古の飴だそうです。少し柔らかい食感の麦芽糖飴で、味は金沢の俵屋のじろ飴に似ています。

●第2位
Pietro Romanengo fu Stefano, mint fondant
ピエトロ・ロマネンゴのミントフォンダン


今年の飴ベスト3_b0087556_14185624.png

お察しの通り、これまた包み紙が可愛いから買いました……イタリアフェアで。

ピエトロ・ロマネンゴは、ジェノバにある1780年創業の砂糖菓子専門店です。とても綺麗な色のシュガーボンボンを売っていて、本当はそのボンボンを買うつもりだったんですけども、ミントフォンダンの包み紙が欲しくなり、ボンボンは諦めたのだった(試食はした。美味しかった……)。

中味の写真を撮り忘れたのですが、菱形をした真っ白の角砂糖、のような見た目です。そして口に入れるとぐにゃりとして、すこーし粘り気があって、溶けていくという変わった食感。かなりガツンとくるミント味です。

ピエトロ・ロマネンゴのサイトはコチラ

●第1位
Pastiglie Leone, Regal Torino candies
パスティリエ・レオーネのリーガル・トリノ・キャンディ


レオーネは以前、固いラムネみたいな飴を紹介しましたが、1857年創業の老舗砂糖菓子店。本店はイタリアのトリノです。前に紹介したラムネも大好きなんですけど、この飴も一見ふつうのフルーツキャンディのようでいて、全然違う。

今年の飴ベスト3_b0087556_14251883.png

包み紙も綺麗ですねー。中はハードキャンディで、味は桃、梨、あんず、リンゴ…など。包み紙にイタリア語でフルーツ名が書いてあります。フルーツ以外ではリコリス味もあり。

少しざらっとした口当たりなんですけど、そんなに甘くなくて、すんごく美味しいです。隠し味にアーモンドの粉を使ってるらしいんですよ。そこがポイントなのだろうか。

ディーン・アンド・デルーカでも売ってるのでぜひどうぞ!
by rivarisaia | 2014-12-23 14:37 | 飲食 | Trackback | Comments(2)

ベトナムの蓮茶

気づいたらいつのまにか12月。今年も大掃除を小分けにしてさっさと終わらせたいんだけど、それならもう始めないといけないですね。

さて、久々にお茶ネタ。カテゴリが「中国茶」になってるけど、ベトナム土産のベトナムの蓮茶です。
ベトナムの蓮茶_b0087556_18583088.png

蓮のお茶には、花茶と葉茶と芯茶があるようで、これは花茶。ジャスミン茶のように、花で緑茶に香りをつけてるんだと思う。このパッケージのお茶はティーバッグになってます。

じつはもう1種類、袋入りのお茶もあって、飲み比べてみると味が違う。写真のティーバッグのほうがすっきりした品のいい味なのだった。今度、葉と芯のお茶も飲んでみたいわー。
by rivarisaia | 2014-12-03 19:06 | 飲食 | Trackback | Comments(0)
どうもこんにちは。今週と来週は、気分だけでも夏休み!ということにしたいと思います。いや、まあ普通に仕事したりしてるんですけど、気分だけ! 気分だけはバカンス!

ところで、先日ベトナム出張土産ということで謎のお菓子をもらったのですが、これが何となくハルヴァに似てる。

ベトナムのハルヴァ風菓子:Banh Dau Xanh _b0087556_21225960.png


正方形の紙箱の中に、薄べったい油紙とビニールに包まれた物体がいくつか入っておりまして、包みの中には小さい四角いキューブ(コンソメスープの素くらいの大きさ)が入っています。このキューブは、口に入れるとほろほろっと崩れて、甘いのですが、食感といい、味といい、落雁というか、ちんすこうというか、いや、ハルヴァっぽい!(ハルヴァのほうが固いけど、なんか似てる…)

調べたところ、「Banh Dau Xanh(バインダウサイン)」という緑豆のお菓子だそうですよ。

それでは皆様、楽しい夏休みをお過ごしくださいねー!
by rivarisaia | 2014-08-16 21:31 | 飲食 | Trackback | Comments(0)

太陽餅

ドタバタしてたのがようやく落ち着きました。私にもついに春がきたー! っていうか、花粉症で首がかゆいー!

さて。

ちょっと前に台湾の友人から、お菓子が送られてきました。こんな新聞記事とともに。
太陽餅_b0087556_22391569.jpg

この間、台湾の学生たちが政府に対する抗議活動で立法院を占拠するという出来事がありました。その際に、行政院の建物も一部の学生に占拠されたりもしたのですが、メディアに取材された行政院の蕭副秘書長が「学生に机にあった太陽餅を食べられた」と愚痴ったところ、大量の太陽餅を送りつけられるというハメに(詳しくはググってください)。

「太陽餅ってどんなお菓子なの?」と気になってるだろうから、ぜひどうぞ!と、こちらの興味を先読みしている台湾の友人ときたら、さすがである。
太陽餅_b0087556_2235327.jpg

ジャーン。本当は、ボロボロと皮が崩れるから袋から出さずに食べた方がいいです。そんなに甘くなくて、なかなか美味しい。どこかで食べたような味だなーと思ってたけど、これは沖縄伝統菓子に似てる。中の白餡がもちもちしててちょっと不思議です。
by rivarisaia | 2014-04-15 22:44 | 飲食 | Trackback | Comments(0)